Archive for the ‘幸福の科学情報’ Category

9月28日、新刊書籍『自分の国は自分で守れ―「戦後政治」の終わり、「新しい政治」の幕開け―』が発刊されます。

9/28(木)『自分の国は自分で守れ―「戦後政治」の終わり、「新しい政治」の幕開け―』(大川隆法 著)

日本を滅ぼす政治は、終わりにしよう。

自分の国は自分で守れ。
間違った経済政策で失われた希望は、
正しい経済政策で打ち返せ。
国民をだますな。
正直な言葉の上に、この国の未来を築け。
(あとがきより)

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する(Kindle版電子書籍もあります)

ポイント
嘘やごまかしにNO!政府は失政の反省を
・北朝鮮の核・ミサイル危機に対し、具体的な対処策がない政府
・国民買収型のバラまき選挙が生んだ1100兆円の財政赤字
・消費増税によるアベノミクス失敗の隠蔽

打算的な解散が、さらなる国家の危機を招く
・選挙期間を最も攻撃しやすい弱点と北朝鮮は考えている
・民進党のダッチロールと小池新党が間に合わない時期を狙った“疑惑隠し解散”
・消費税10%の使途を、幼児教育の無償化などのバラまきに振りかえるのは“民進党政策のパクリ”か

あわせて読みたい!オススメの書籍

『緊急守護霊インタビュー 金正恩vs.ドナルド・トランプ』(大川隆法 著)
『永遠なるものを求めて―人生の意味とは、国家の理想とは―』(大川隆法 著)
『戦後保守言論界のリーダー 清水幾太郎の新霊言』(大川隆法 著)
『インパール作戦の真実 牟田口廉也司令官の霊言』(大川隆法 著)
『トランプ新大統領で世界はこう動く』(大川隆法 著)

関連リンク

法話「あきらめない心」
法話「自らを人財に育てるには」
幸福の科学出版

9月20日、新刊書籍『老いて朽ちず―知的で健康なエイジレス生活のすすめ―』が発刊されます。

9/20(水)『老いて朽ちず―知的で健康なエイジレス生活のすすめ―』(大川隆法 著)

【読書には、人生を変える力がある。】
頭が冴える、体が軽くなる、情熱がわいてくる
肉体年齢に縛られない積極的な人生へ。

いくつになっても知的に。
年を重ねるたびに健やかに。
著者が実践している生涯現役ライフの心掛けとは。
人生に圧倒的な差がつく「知的鍛錬」や「生活習慣」をわかりやすく解説。

幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入するKindle版電子書籍もあります)

まえがき
第1章 老いて朽ちず
 1 何歳になっても肉体の鍛錬を続ける秘訣
 2 「小さな習慣」を継続させることで
   「精神力」をも鍛えていく工夫
 3 エイジレスに若い人から学び、自分を変化させる実践法
 4 老いても朽ちないための「四つの秘訣」
 5 頭や目や耳が悪くなる「意外な原因」と対応法
 6 エイジレス生活、五つの習慣
 7 老いの時節を「迎え撃ち」、自家発電できる状態に

第2章 スマホを置いて、本を読もう(質疑応答)
 Q “スマホ時代”における「読書の効用」とは
あとがき

あわせて読みたい!オススメの書籍

『復活の法―未来を、この手に―』(大川隆法 著)
『エイジレス成功法―生涯現役9つの秘訣―』(大川隆法 著)
『生涯現役人生―100歳まで幸福に生きる心得―』(大川隆法 著)
『大川総裁の読書力―知的自己実現メソッド―』(大川隆法 著)

関連リンク

法話「老いて朽ちず」
幸福の科学出版

幸福の科学では、毎日を素晴らしいものに変え、その幸福を広げていくための機関誌を毎月発行しています。
最新の2017年10月号は、9月20日(水)頃より各精舎・支部に届いています。お近くの幸福の科学へ、気軽にお立ち寄りください。

最新号のラインナップをご紹介!

月刊「幸福の科学」10月号 
―親子の縁

月刊「幸福の科学」367号

大川隆法総裁 心の指針154「親子の縁」
【特集】いくつになっても夢は叶う! エイジレス成功法
法話「信じる力」(3)「各国に影響を与えている幸福の科学の活動」(会員ページ)
※リンク先は会員ページネット入会された方がご覧いただけます)
幸福体験談
8月の法話&霊言一覧

過去の一覧を見る

月刊「What’s 幸福の科学」10月号
―あなたに奇跡をおこす魔法の言葉 凡事徹底

ワッツ2017年10月(99号)

なんで“魔法”が起こらないの?
「続かない」にサヨナラする凡事徹底の工夫
プロに聞く「凡事徹底」
まず1週間トライしよう!

過去の一覧を見る

月刊「ヤング・ブッダ」10月号
―読書・診断

YB2017年10月(166号)IT用

【特集】読書・診断
人生に効くコトバ「本の読み方、選び方」
NEW BOOKS
私のYB時代 メンズファッションデザイナー 油井 誠さん

過去の一覧を見る

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」10月号
―ニッポンのスゴイ人!

月刊「ヘルメスエンゼルズ」2017年10月号

【特集】ニッポンのスゴイ人!
光のことば「偉人の生き方を学ぼう!」
日本の偉人を調べたよ!
連載マンガ「Uchi Tomo 宇宙のともだち」(14)
お仕事調査隊 花火師

過去の一覧を見る

関連リンク

機関誌をお読みになりたい方へ

娘への愛を形にして不登校を克服【子育て体験談】
娘が、ある日突然不登校に・・・。子どもの気持ちを正面から受け止め、不登校の危機を乗り越えたお母さんの体験談です。
A.Nさん・Eさん(長野県)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載・編集

「お腹が痛い」

私には、E(中2)、K(小5)、R(小3)の3人の娘がいます。

Eが小学3年生のときのことです。3学期が始まって間もなく、学校の先生から電話がかかってきました。

「お母さんですか?Eちゃんがお腹が痛いと言って保健室で寝ていますので、迎えにきてもらえませんか」

Eは前日、風邪をひいて学校を休んでいました。しかし、たいしたことはないと、その日は登校させていたのです。

翌日も「お腹が痛い」と言うE。学校を休ませ、病院に連れていきました。診察の結果は、少し便秘ぎみなだけで、特に変調は見られないとのことでした。

―しかし、それから毎日、腹痛を訴えるようになったのです。

長女への期待

長女への期待【子育て体験談】

翌月半ば、私は子どもたちと一緒に宇都宮市にある幸福の科学の総本山・未来館に行きました。そこで私は、講師にEのことを相談しました。

私の話をじっと聞いてくださっていた講師は、近くで友だちと遊んでいるEをしばらく見つめた後、こんなふうにアドバイスをしてくれました。

「もしかしたら、親の愛情不足を感じているのかもしれませんね。できればスキンシップを心がけてあげてください。まずお母さんがいつも明るく、家の中の太陽になることが大事ですよ」

実は、私には思い当たることがありました。

Eが幼稚園生の頃に次女が、その翌年には三女が生まれ、育児に追われていた私は、長女に「あなたはお姉ちゃんだから」と言って、あまり時間をかけて子育てしてこなかったのです。
その反省を込めて、私はEの「いいところ発見ノート」を付けることを決め、さらに意識して声をかけるように努めました。

「お母さん、どこにも行かないで」

春休みに入ると、Eも少しずつ「お腹が痛い」と言う日が減り、体調も安定してきたように見えました。

Eが4年生に上がった新学期、同時に次女が小学校に入学、三女も幼稚園に入園することになりました。そして、5月に入ったある日のこと。三女の運動会の打ち合わせを終え、帰宅すると、すぐに電話が鳴りました。

Eの担任の先生からでした。

「Eちゃんが、お腹が痛くて寝ているので、迎えにきてもらえませんか」

(―え?また、始まったの?)

私は、とてもやるせない気持ちを抱えたまま、Eを迎えに行きました。そのまま、一緒に家に戻り、Eを寝かしつけているときです。

「お母さん、しんどいよう・・・。ここにいて、どこにも行かないで」と、元気のない声でポツンと言ったのです。

「E・・・」

(この子、すごく寂しかったんだ―)私には、そんなEの気持ちが伝わってきたように感じました。

私と同じ苦しみ

私と同じ苦しみ【子育て体験談】

翌日の朝、子どもたちを学校に送り出した後、一人でお祈りをしていたときのことです。私は、Eについて考えていました。

(Eは頑張り屋だから、周りの期待に応えようと一生懸命。でも、何でもできるわけじゃないし、期待に応えきれないギャップに苦しんでいるのかもしれない。それが体の不調として現われているのかな・・・)そんなことを考えたときです。

(あっ、この苦しみって、私と同じだ!)と、思えたのです。

私自身、妻や母親、仕事、幼稚園の役員など、いろいろな役割を期待され、それに応えきれない苦しさをいつも感じていました。

(私は、そんな自分を受け入れて欲しいと思っている。きっとEも同じ気持ちだよね)

そう考えた私は、Eに宛てた手紙を、その晩、Eに読んであげることにしました。

「Eは小さいときからしっかりしていたから、お母さんも期待しちゃって。Eは『しんどいよー』って思っても、言わないで頑張ってきましたね。お母さん、Eの気持ちが分かっていなかったことに気づきました。しんどいときはしんどいって言ってね・・・」

それから、主人や学校の先生とも相談して、私はEとの交換日記をつけることにしました。

5月○日 お母さんより

「E、元気ですか? 今日はあまりお話ができなくて、ごめんね。ノートに書くと、口でうまく言えないことも正直に言えていいね。E
も思ったことを何でも書いてね・・・」

E

「席がえをしたよ。となりがいなくて、ちょっとさびしいな・・・」
P.S:「知らない漢字には、ふりがなをふってね」

普段、なかなか言ってあげられないことも日記だと書くことができました。この交換日記によって、親子の絆が深まっていくような気がしました。

家の中で太陽になる

その後、私は、以前、講師に言われたように「家の中の太陽」を目指そうと思い、「家庭を安らぎの場にする」という誓いを立てました。掃除にも気を使い、レシピ本を何冊か購入して、子どもたちが喜ぶような新たな料理にもチャレンジしました。

「お料理おいしいね!」と、子どもたちにも好評でした。

大川隆法総裁の書籍『奇跡の法』の中には、「悲観的な想念に負けそうになったときには、それに負けないだけの肯定的な想念を自家発電しなければいけません」と書かれています。

私は家事と仕事で体が疲れてしまい、弱音を言いたくなるときには、(うまくできなくても、これを題材に成長していこう。頑張ろう!)と、自分に言い聞かせながら、努力を続けていきました。

すると、Eの表情はどんどん明るくなり、口癖のように言っていた「お腹が痛い」という言葉も減っていきました。

そして、一年が過ぎ、なんと5年生のときはほとんど休まず、6年生になってからは一日も休まずに登校できました。現在は、毎日元気に中学校に通っています。

オススメ書籍

『奇跡の法』(大川隆法 著)

『奇跡の法』(大川隆法 著)

あなたの人生を、好転させる方法がある。

なぜ、日本人は潜在的に繁栄を恐れるのか。
その原因を霊的真実や歴史から読み解く。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。

関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU