Archive for the ‘研修・行事’ Category

2016年12月11日(日)、外国人信者が日本語で「エル・カンターレ信仰」をスピーチする「2016 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」が東京正心館で開催されました。
今年は、全世界から選抜された4ヶ国5名の外国人信者が出場。幸福の科学の「エル・カンターレ信仰」について、ご自身の体験や、感想、思いなどが日本語で語られました。
発表者のスピーチ内容は体験談サイトvoicee(ボイシー)で公開中です。国境を越えた信仰心の輝きをぜひお読みください。

全世界日本語スピーチ発表会2016

出場者のスピーチタイトル一覧

「疑問の世界から、答えの世界へ」

アメリカ ホセ・トニー・ゴンザレスさん

私はニュージャージー支部から来ました。海軍時代に、日本に7年ほど滞在していました。今年、三帰をしてから、支部行事に毎週参加し仏法真理を一生懸命学んでいます。また、10月2日には主のニューヨークでの御法話を直接拝聴させていただきました!今日のスピーチ発表会では、その感動もお伝えしたいです。よろしくお願いします。

※三帰誓願者とは、三帰誓願をした信者のことです。三帰誓願とは、仏(仏陀=大川隆法総裁)・法(仏の説く教え)・僧(仏弟子の集う集団とそのルール)の三宝に帰依をして生きると誓うことです。

詳しくはボイシー記事で

「愛によるコミュニケーション」

アメリカ ウィリアムズ・ベロニカ・ブレーさん

日本に来て約1年です。サンフランシスコ支部での瞑想に感動して、入会しました。日本でダンスや歌の勉強をするために、日本語を勉強しています。今、週1回、新潟本部国際部の日本語教室に通っています。また、御法話拝聴会やセミナーに参加して、主の教えを学んでいます。今日は愛とコミュニケーションについて発表します。よろしくお願いします。

詳しくはボイシー記事で

「主エル・カンターレからの光と慈悲」

タイ スリンタラー・チャイシーチャワラ(リン)さん

私はタイ支部から来ました。ニックネームはリンです。タイ支部の日本語教室に通うようになってから1年ほど経ちます。支部では御法話の翻訳チェックなどのボランティアをしています。また、タイのブックフェアでは、経典販売や入会案内などのお手伝いをしました。今日は私の体験を通した気づきについて発表します。よろしくお願いします。

詳しくはボイシー記事で

「人間が生きる目的」

ネパール シン・サビンさん

日本に来て、2年半です。日本の大学を卒業した後、千葉県でエンジニアとして働いています。最初は戸越の日本語教室に通っていましたが、今は月に一度、松戸支部で日本語を学んでいます。ご法話拝聴会やセミナーに参加し、主の教えを学んでいます。今日は幸福の科学の教えを学んでから、自分が変わったことについて発表します。よろしくお願いします。

詳しくはボイシー記事で

「生きている神さま、主エル・カンターレと同じ時代に生きられる奇跡」

ベナン ドース・ビンセントさん

日本に来て約8カ月です。今は山形大学で勉強しています。2012年にベナンで幸福の科学を知り、四正道の教えに感動してメンバーになりました。小さいころからずっと日本に興味がありましたが、今は主の教えを世界に広げることが使命だと感じています。今日のスピーチでは幸福の科学に入ってから体験した奇跡やこれからの夢を発表します。よろしくお願いします。

詳しくはボイシー記事で

幸福の科学では、幸せになる「心の力」を磨く資格セミナーを1987年から開催しています。老若男女さまざまな方が セミナーを通して智慧を深め、人格を磨き、本当の幸福をつかんでいます。
各資格セミナーは、資格を持っていなくとも、どなたでも受講のみの参加ができます。

初級資格(初級セミナー)

―幸せになる基礎知識「四正道」の教えを習得

幸せになる基礎として、幸福の科学の四正道の教え(愛・知・反省・発展)を学びます(各30分、全4回、講師とのツーウェイ研修が基本)。
客観式試験問題と、ミニ感想文の提出で「合格」認定。

初級セミナーイメージ

「幸福の科学ガイダンス」のご紹介

新しく幸福の科学に入会した方には、「幸福の科学の信仰・教え・活動」を紹介する「幸福の科学ガイダンス」をお受けいただくことができます。初級セミナーの前に、このガイダンスを受けておくとよいでしょう。入会後、どんなふうに幸せな人生を拓いていくかの展望が描けます。

詳しくはお近くの幸福の科学にお問い合わせください。

幸福の科学ガイダンス冊子

中級資格(中級セミナー)

―悩みを解き、夢を実現する力を身に付ける

いま抱えている悩みや課題を、仏法真理(教え)の実践を通して解決します。
講義を受講した後、自分のテーマを決め、幸福の科学のおすすめ書籍を学習しながら実践に取り組みます。
客観式試験問題と、「悩みの解決に取り組んだレポート」提出で「合格」認定。

人生相談イメージ

中級セミナー合格者の声
「父との関係が劇的に改善!」

父と私の間でいさかいが起きたとき、中級セミナーを受講しました。反省と感謝を実践していくと、父の誠実さやポジティブさなど素晴らしい点が見えてきて、父に対する自分の認識の甘さを反省できたんです。すると1カ月ほどで、父との仲が調和していきました。人生で本当に必要な智慧を資格セミナーで学ばせていただき、感謝でいっぱいです。(大阪府・47歳・経営者)

上級資格(上級セミナー)

―周りの人も幸せにできる魅力的な人に!

縁ある方に仏法真理を伝え、その方を幸福へとお導きする伝道活動にトライ!
講義を受講した後、自分の目標を決め、幸福の科学のおすすめ書籍を学習しながら実践に取り組みます。
客観式試験問題と、「伝道を実践したレポート」提出で「合格」認定。

支部のみなさんイメージ

上級の次は…研究員・上級研究員を目指そう
「心の医者」「幸福コンサルタント」として人々の幸せに貢献していきます。詳しくはお近くの幸福の科学へお問い合わせください。

あなたの街の幸福の科学で受講できます

幸福の科学の資格セミナーは、全国の精舎、支部、拠点、布教所などで随時開催しています。お近くの幸福の科学へ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

2017年初級セミナー

初級セミナーとは、幸福の科学の教えについて学べる初心者向けのセミナーです。幸福の科学の教えの基本を体系的に学ぶことで、幸福の科学の内容がもっとよくわかるようになり、信仰生活のポイントを学ぶことができます。
精舎や支部、拠点など、お近くの幸福の科学でぜひご参加ください。

開催概要

開催期間:2017年3月14日(火)~2018年3月頃(2018年版が出るまで)
所用時間:各回約30分(初回のみ45分)、全4回
会場:精舎支部・拠点・ほか
対象者:入会者、三帰誓願者(※)(初級資格の登用対象は三帰誓願者)
テキスト:『入門 幸福の科学―幸福の科学を理解する10の ポイント―』(ブックレット、会内経典)

※三帰誓願者とは、三帰誓願をした信者のことです。三帰誓願とは、仏(仏陀=大川隆法総裁)・法(仏の説く教え)・僧(仏弟子の集う集団とそのルール)の三宝に帰依をして生きると誓うことです。

2017年の初級セミナーについて

愛・知・反省・発展の四正道を軸とした、全4回のセミナーとして開催します。
ブックレット『入門 幸福の科学―幸福の科学を理解する10の ポイント―』(大川隆法著・会内経典)に基づいて、幸福の科学の教えの全体像を学びます。新たに入会・三帰された方は、「幸福の科学ガイダンス」を受けてから初級セミナーにご参加されることをおすすめいたします。

各回の紹介
信仰・愛:幸福の科学の信仰とは何かを学び、「与える愛」の大切さを学びます。
:「知は力なり」―学ぶことで悩みを解決できます。また、「正心法語」の功徳や「霊的人生観」も学びます。
反省:「なぜ反省すると幸福になるのか」が分かります。心の曇りを取り去り、天上界の光が降りそそぐ自分を目指します。
発展:なぜ宗教が「発展」を説くのでしょうか。「発展」の真意を知ると、幸福の科学が活動している目的もわかります。

初級セミナー修了後のステップ

初級セミナーの受講が終了すると、初級資格認定試験にチャレンジすることができます。試験は、後日、客観問題とレポート提出(気付き等の感想文)をしていただきます。
2016年度から初級資格取得登用条件が、「三帰誓願していること」となりました。そして、1年以内に法話または霊言を3回以上拝聴しており、この認定試験(筆記試験)で一定以上の点数をとった方は、初級資格を得ることができます。その後、中級セミナー、上級セミナーと学びを進め、最終的には研究員資格を目指していただくことができます。
段階を踏んだセミナーによって、仏法真理の学びを深めるとともに、人生の問題を解決する力を身につけてまいりましょう。

資格維持の条件

2016年度より初級資格は永久資格ではなくなりました。毎年の仏法真理学検定試験を受験することで資格維持ができます。

真理の法灯が地上に永遠に輝く、「公器」としての幸福の科学へ


1991年3月7日、幸福の科学は宗教法人格を取得し、教団に永遠の灯がともりました。1986年10月6日に大川総裁が「幸福の科学」を設立してから5年後のことでした。

宗教法人格取得の第一報を受け取った当時、大川総裁はこのように述べています。

「宗教法人としての幸福の科学が設立されたということは、どういうことであるかというと、二千年経っても幸福の科学という組織はあるということです。地上から消えていないということです」
(「宗教法人設立記念御訓話」より)

永遠の法灯がともったことを実証するかのように、時を同じくして信者が爆発的に増加。以来、幸福の科学は日本の宗教界屈指の大団体へと飛躍してきました。
幸福の科学では、毎年、3月7日を記念日として祝い、法を弘め、法灯を護り続けていく弟子の使命を再確認する式典を開催しています。


2017年 宗教法人設立記念式典

開催日:2017年3月5日(日)~7日(火)
場所:全国の精舎支部

1991年3月7日、幸福の科学は宗教法人格を取得し、教団に永遠の灯が灯されました。これまでの歩みを振り返り、主エル・カンターレに感謝を捧げ、世界伝道への決意を新たにする式典です。
※詳細は、お近くの幸福の科学にお問い合わせください。

(この記事は会内経典『30周年記念誌 地の果てまでも伝道せよ。』から引用・転載をしています。)


関連ページ

幸福の科学の歩み・活動

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU