Archive for the ‘海外’ Category

2017年12月10日(日)、外国人信者が日本語で「エル・カンターレ信仰」をスピーチする「2017 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」東京正心館で開催されました。
幸福の科学の「エル・カンターレ信仰」について、ご自身の体験や、感想、思いなどが日本語で語られました。
今回は、2人目の発表者ジャムナさんの発表をご紹介させていただきます。
国境を越えた信仰心の輝きをぜひお読みください。

みなさん、こんにちは!私はネパールから来たジャムナと申します。関西弁になれてしまって、標準語でうまく伝えられないと思いますが、でも、私の気持ちと主エル・カンターレを感じてくれたらなと思います。これから発表させていただきます。

私は日本に来て3カ月目のときに、奈良で農家のアルバイトをしました。そこのお母さんが、幸福の科学の話をしてくれました。私は日本語があまりできなかったのですが、なぜか、永遠の話や宇宙の話は理解できました。

そのあと、東京正心館で行われた学生部合宿に初めて参加し、三帰誓願しました。でも、その後は、活動もお祈りも、真理の勉強もしていませんでした。

当時は日本の生活に慣れないうえ、大学の忙しすぎる勉強やアルバイトで、落ち込んでしまい、病気もしました。人間関係でもたくさん失敗し、希望も目標もなくしてしまい、神様も信じなくなり、いつもひとりで泣いていました。

しかし、転機が訪れました。

去年の11月に、奈良のお母さんに誘われて、徳島の、エル・カンターレ生誕館に参拝に行ったのです。聖地に立つと、なぜか、気持ちが、とても落ち着きました。

主がお生まれになった場所を知ることで、幸福の科学に、興味が湧いてきたのです。私は、「もっと、この教えを勉強したい!」と強く思いました。

また、そこでは思いがけない出会いもありました。学生部合宿で4年前に会った友達に偶然再会し、誰にも言えなかった悩みを相談できたのです。そして友達が、大阪正心館でのボランティアも紹介してくれました。

そこで、法友(ほうゆう)(※)がたくさんでき、大川隆法総裁の法話も拝聴しました。すると、心も明るくなり、希望や神様を信じる心がよみがえってきました。
そして、人間として生まれたなら人生に目標を持つべきではないか、私は人の役に立つ人間になりたい!という思いが湧いてきました。

しかし、夏のことです。ネパールの姉が急に心臓病になり、医者から、あと1週間も生きられないと言われました。そこで、法友の勧めで、すぐにスーパー・ベガヒーリングという祈願を受けました。

そして、8月に東京ドームで開催された大川隆法総裁のご法話を何としてもお聞きしたいと思い、東京へ行きました。日本語で主のご法話を聞いていると、自然と大川隆法総裁が神様であると信じていました。帰りに新宿精舎へ参拝にいきました。礼拝堂に座ると、急に涙が止まらなくなり、これまでの人生を振り返って反省しました。そのあと、実家に連絡をしたら、なんと、姉は元気になり、退院していたのです。

このような奇跡を頂いたことで、「信じる力」は大事なんだと分かりました。

私は今、心から、主エル・カンターレを信じています。生誕館に行った事がきっかけで得られた私のこの「信仰心」が「私のリボーン」でした。

これから私は教学にもっと力をいれて、もっと活動に参加し、ネパールへ帰って実家のほうに支部を開きたいと思っています。

主の為に、ネパールの為に、世界の発展や平和の為に役に立つ人間になりたいので、努力していきたいと思っています。

今回スピーチの機会を与えてくださった主に、皆様に、伝道してくれたお母さん、大阪の法友たちに、心より感謝いたします。

ご清聴ありがとうございました。

※同じ法を学び、学びについて語り合える仲間のこと。

2017年12月10日(日)、外国人信者が日本語で「エル・カンターレ信仰」をスピーチする「2017 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」東京正心館で開催されました。
幸福の科学の「エル・カンターレ信仰」について、ご自身の体験や、感想、思いなどが日本語で語られました。
今回は、1人目の発表者ニーラジさんの発表をご紹介させていただきます。
国境を越えた信仰心の輝きをぜひお読みください。

ナマステ!皆さんこんにちは!
私はブッダガヤの支部から来たニーラジと申します。大学4年生で科学を勉強しています。

私はブッダガヤのスーリヤ校に入ったときから幸福の科学のことを勉強しています。

その時、私は11歳で、スピリチュアルな教えと幸福の科学のことはそんなに知りませんでしたが、マスターの講義や本から勉強し始めて、幸福の科学についてだんだん分かるようになりました。

子供のころから私はブッダを信じています。
支部に来てマスターはブッダの生まれ変わりだと聞いた時、私はとても嬉しくなりました。

私はお釈迦様の所で生まれて自分をとてもラッキーな人だと思います。私は主エル・カンターレのおかげで、日本で直接マスターの講義を聞くチャンスをもらいました。

その時私の心は愛と光でいっぱいになり、天国から直接光をあびているように感じました。このような体験は人生で初めてでした。その時幸福の科学の教えは世界を変えて行く力を持っていると思いました。

私は毎日「正心法語」を読んで神様から力をいただいています。お祈りにはすごいパワーがあると思います。

ある日私のいとこが事故に遭いました。家族の皆はとても心配で、色々なお寺に行ってお祈りをしました。私のいとこは死ぬかもしれないと医者から聞いて、家族全員はとても悲しくて、どうなるかと思いましたが、毎日お祈りをしたり、支部に行ってお祈りしたら、主エル・カンターレのおかげでいとこは元気になる気がしました。

エル・カンターレ・ファィト(※1)とヒーリング(※2)を一カ月ずっとしたら、私のいとこは一カ月半でだいぶ元気になりました。彼の生きるチャンスは少なかったのに、元気になって家族はとても嬉しかったです。

その日から、私や私の周りに誰かが病気になると、お祈りをして治しています。私はエル・カンターレに心から感謝をしています。

また、幸福の科学の教えで自分自身も変わりました。以前、私はわがままでした。でも今私は、自分のことじゃなくて他の人のことをよく考えます。教えを学んで私の心は純粋になりました。マスターの素晴らしい教えで私は世界を変えたいです。この教えは誰でも変えていくことができます。

私は一カ月半に一回伝道をしに行きます。人がたくさん集まるところに行って、幸福の科学についてみんなに伝えます。インド人は太陽を神様としてお祈りをしています。主エル・カンターレが太陽の神様だと聞いて皆はすぐに信じます。私は伝道をすると心が幸せになります。

将来、私はビジネスマンになってインドと日本の架け橋になり、インドを発展させたいです。
そして、世界に幸福の科学の教えを広げていきたいです。
世界中の人々にマスターの教えを必ず伝えていきます。
それが、私の一番大きな夢です。

私に大きな希望を与えてくださり、支えてくださる多くの皆さんに心から感謝をして、頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

※1:『祈願文(1)』に収録されている「悪霊撃退の祈り」で行う修法。
※2:『祈願文(1)』に収録されている「病気平癒祈願」で行う修法。

「HS・ネルソン・マンデラ基金」は、みなさまから寄せられた寄付により、人種差別、男女差別、カースト差別、貧困や政治弾圧などに苦しむ世界中の人たちに、教育や治療の支援を通して、希望に満ちた未来を創るための活動を行う、幸福の科学グループ内の基金です。

経典寄贈に続いて、ケニアで読書感想文コンクールを実施~仏法真理による啓蒙活動~

2014年、ケニアの出版社・モラン社から発刊された幸福の科学出版の経典『常勝思考』『不動心』『成功の法』3書がケニア教育省より、高校の副読本として指定され、公立校500校に寄贈させて頂きました。

さらに、『未来の法』『勇気の法』を加えた5書を、昨年、首都ナイロビの高校25校に寄贈させて頂き、同時に、経典の読書感想文コンクールを告知致しました。

これは、モラン社と連携した企画で、ケニアの学校教育への当会の思想の浸透を目指したものです。

高校生50名以上の応募があり、5書のタイトルごとに金賞・銀賞を選考し、2017年6月2日、ナイロビ屈指のケニヤッタ大学にて授賞式を開催致しました。

会場を大学としたのは、生徒たちに自分の未来ビジョンを描いてもらおうというモラン社の配慮があったからです。

授賞式のはじめに、ケニヤッタ大学の講師による模擬授業を開催。

憧れの大学で、講師の授業を受けられるというのは、生徒たちにとって、非常に魅力があったようです。

そして、モラン社から生徒たちに「参加者全員がこのコンクールの勝者だ。」とのねぎらいと祝福の言葉が述べられ、また、幸福の科学国際本部の諸岡アフリカ担当部長から「読書の大切さ」「知は力であること」をお話しした後、受賞者の発表となりました。応募者の生徒たちを目の前にしての発表は、なかなかエキサイティングな瞬間でした。

名前が読み上げられるたびに、拍手と歓声がわき起こり、受賞者には、賞状、モラン社図書券、幸福の科学出版の経典2冊(英訳『光ある時を生きよ』『Invitation to Happiness』)が授与されました。

参加した生徒からは、「今回、参加させて頂き、とても光栄です。単に、お金儲けをするだけではなく、どうしたら人生で成功することができるのか、学ばせて頂きました。
世界中の人々に、この教えを伝えていきたいです。」という感激の言葉もありました。

「神への信仰」は常識として受け入れた上で、この素晴らしい教えをどうやって広めていったらいいかを真剣に考えてくれた感想文も数多くありました。

支援方法

Webから支援する
HS・ネルソン・マンデラ基金Web支援ページからお願いします。

HS・ネルソン・マンデラ基金の銀行口座に振り込みで支援する
銀行口座をご用意しています。以下の銀行口座にお振り込みください。
なお、振込人氏名を入力する際には、 お名前の前に「N」と入力ください。(例:N幸福太郎)
銀行・支店:三菱東京UFJ銀行 東京営業部
口座番号:普通 0605219
名義人:宗教法人 幸福の科学

また、全国の幸福の科学・支部でも受け付けております。

「HS・ネルソン・マンデラ基金」は、みなさまから寄せられた寄付により、人種差別、男女差別、カースト差別、貧困や政治弾圧などに苦しむ世界中の人たちに、教育や治療の支援を通して、希望に満ちた未来を創るための活動を行う、幸福の科学グループ内の基金です。

インドのスーリヤ校の卒業生が技師を目指して頑張っています!

サルボッタム・シンガニヤさんは、HS・ネルソン・マンデラ基金より支援させて頂いているブッダガヤ、スーリヤ・バハルティ・スクールの第三期卒業生の中でトップの成績で卒業しました。卒業後、州政府の工学専門大学に入学し、土木技師を目指して、土木工事全般や製図ソフトの勉強、そして、工事現場での実地訓練をしています。
サルボッタムさんは期末試験で60%が合格点の中、91.1%という好成績を修めました。普段から「主への祈り」を欠かしませんでしたが、勉強しすぎて、倒れたりしたときには、より一層、「主への祈り」を捧げる時間を取るようになり、天上界のご加護のお陰で、体調も良くなったそうです。サルボッタムさんは、エンジニアになって、お金を貯めて貧しい子供たちに無料で教育を提供するスーリヤ校のような学校を建てたいそうです。日本に行って、幸福の科学の精舎や、日本の建物を見て、そして、インドを日本のような素晴らしい国にするため、日本の技術や社会のシステムを学びたいと思っています。
大学はゴパールガンジというビハール州の北部、ネパールに近い場所にあり、学科や実地訓練のため、パトナやガヤなど、他の都市でも授業を受けています。
スーリヤ校へご支援くださっている信者の皆様、そしてマスター大川に深く感謝し、下宿先の友人を伝道したり、地元に戻る度に学生部の伝道活動に参加しています。
サルボッタムさんは、「スーリヤ校に入学でき、教育を受けられたことに心から感謝しています。主エル・カンターレは大宇宙の根本仏であり、自分の心の中にもいて、いつも一緒にいてくださいます。人々を幸せにする、幸福の科学の素晴らしい教えを、地球の全ての人々に伝えたいです。」と決意しています。

支援方法

Webから支援する
HS・ネルソン・マンデラ基金Web支援ページからお願いします。

HS・ネルソン・マンデラ基金の銀行口座に振り込みで支援する
銀行口座をご用意しています。以下の銀行口座にお振り込みください。
なお、振込人氏名を入力する際には、 お名前の前に「N」と入力ください。(例:N幸福太郎)
銀行・支店:三菱東京UFJ銀行 東京営業部
口座番号:普通 0605219
名義人:宗教法人 幸福の科学

また、全国の幸福の科学・支部でも受け付けております。

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU