Archive for the ‘海外’ Category

「HS・ネルソン・マンデラ基金」は、みなさまから寄せられた寄付により、人種差別、男女差別、カースト差別、貧困や政治弾圧などに苦しむ世界中の人たちに、教育や治療の支援を通して、希望に満ちた未来を創るための活動を行う、幸福の科学グループ内の基金です。

アフリカのウガンダ、首都カンパラ市の郊外の貧困地域にあるセントメアリー校に幸福の科学のHS・ネルソン・マンデラ基金と故ネルソン・マンデラ氏の遺志を継ぐ南アフリカのネルソン・マンデラ財団が協力して、新しい校舎と礼拝室を寄付することが決まり、2月15日には、待ち望んでいた新校舎と礼拝堂の落慶式が無事に執り行われました。
校舎の壁にハッピーサイエンスのボードが掲げられています。今回は、南アフリカのネルソン・マンデラ財団とのジョイントプロジェクトですので、両方のボードが掲げられました。

礼拝堂の入り口付近の銘板には、2012年6月の大川隆法総裁ウガンダにおける説法”The Light of New Hope”(新しき希望の光)の一節が刻まれています。

“The Light of New Hope”(新しき希望の光)一節

ただ、自らを信じることです。そして、自らの内に、例外なく、ダイヤモンドがあると信じることです。(中略)あなた方は、新しい希望の光の中を、生きているのです。


礼拝堂での感謝の祈り

今まで礼拝堂がなかったのですが、これからはここであらゆる宗派を超えて生徒たちがお祈りをすることができます。
感謝の祈りの後は教室に移動。間仕切りが開閉式になっていて、大講堂にもなるという画期的な仕組みになっています。

◇ 落慶式で行われた来賓、および生徒代表の心のこもったスピーチを紹介します。

ハッピーサイエンスのみなさま、私たちの教育環境を整えてくださったこと、素晴らしい礼拝堂をいただけたことを心より感謝いたします。これからもっと勉強を頑張ります。そして幸福と愛と智慧について学んで参ります。

生徒代表のシャリフさん

故マンデラ氏は、「教育こそ世界を変える最強の武器」とおっしゃっていました。「智慧の習得」が「夢を実現する力」となるのです。みなさん、がんばってください。

在ウガンダ南アフリカ大使館の一等書記官ノフクカ氏


今回のプロジェクトを様々なかたちでサポートしてくださったみなさま、本当に、ほんとうにありがとうございました。今後、セントメアリー校については、信仰心が篤く成績優秀であるにもかかわらず、経済的理由により大学に進学できない生徒に対して、HS・ネルソン・マンデラ基金より、奨学金を授与することを計画中です。


支援方法

Webから支援する
HS・ネルソン・マンデラ基金Web支援ページからお願いします。

HS・ネルソン・マンデラ基金の銀行口座に振り込みで支援する
銀行口座をご用意しています。以下の銀行口座にお振り込みください。
なお、振込人氏名を入力する際には、 お名前の前に「N」と入力ください。(例:N幸福太郎)
銀行・支店:三菱東京UFJ銀行 東京営業部
口座番号:普通 0605219
名義人:宗教法人 幸福の科学

また、全国の幸福の科学・支部でも受け付けております。

「HS・ネルソン・マンデラ基金」は、みなさまから寄せられた寄付により、人種差別、男女差別、カースト差別、貧困や政治弾圧などに苦しむ世界中の人たちに、教育や治療の支援を通して、希望に満ちた未来を創るための活動を行う、幸福の科学グループ内の基金です。

アフリカのウガンダ、首都カンパラ市の郊外の貧困地域にあるセントメアリー校に幸福の科学のHS・ネルソン・マンデラ基金と故ネルソン・マンデラ氏の遺志を継ぐ南アフリカのネルソン・マンデラ財団が協力して、新しい校舎と礼拝室を寄付することが決まり、2月15日には、待ち望んでいた新校舎と礼拝堂の落慶式が無事に執り行われました。
校舎の壁にハッピーサイエンスのボードが掲げられています。今回は、南アフリカのネルソン・マンデラ財団とのジョイントプロジェクトですので、両方のボードが掲げられました。

礼拝堂の入り口付近の銘板には、2012年6月の大川隆法総裁ウガンダにおける説法”The Light of New Hope”(新しき希望の光)の一節が刻まれています。

“The Light of New Hope”(新しき希望の光)一節

ただ、自らを信じることです。そして、自らの内に、例外なく、ダイヤモンドがあると信じることです。(中略)あなた方は、新しい希望の光の中を、生きているのです。


礼拝堂での感謝の祈り

今まで礼拝堂がなかったのですが、これからはここであらゆる宗派を超えて生徒たちがお祈りをすることができます。
感謝の祈りの後は教室に移動。間仕切りが開閉式になっていて、大講堂にもなるという画期的な仕組みになっています。

◇ 落慶式で行われた来賓、および生徒代表の心のこもったスピーチを紹介します。

ハッピーサイエンスのみなさま、私たちの教育環境を整えてくださったこと、素晴らしい礼拝堂をいただけたことを心より感謝いたします。これからもっと勉強を頑張ります。そして幸福と愛と智慧について学んで参ります。

生徒代表のシャリフさん

故マンデラ氏は、「教育こそ世界を変える最強の武器」とおっしゃっていました。「智慧の習得」が「夢を実現する力」となるのです。みなさん、がんばってください。

在ウガンダ南アフリカ大使館の一等書記官ノフクカ氏


今回のプロジェクトを様々なかたちでサポートしてくださったみなさま、本当に、ほんとうにありがとうございました。今後、セントメアリー校については、信仰心が篤く成績優秀であるにもかかわらず、経済的理由により大学に進学できない生徒に対して、HS・ネルソン・マンデラ基金より、奨学金を授与することを計画中です。


支援方法

Webから支援する
HS・ネルソン・マンデラ基金Web支援ページからお願いします。

HS・ネルソン・マンデラ基金の銀行口座に振り込みで支援する
銀行口座をご用意しています。以下の銀行口座にお振り込みください。
なお、振込人氏名を入力する際には、 お名前の前に「N」と入力ください。(例:N幸福太郎)
銀行・支店:三菱東京UFJ銀行 東京営業部
口座番号:普通 0605219
名義人:宗教法人 幸福の科学

また、全国の幸福の科学・支部でも受け付けております。

2017年12月10日(日)、外国人信者が日本語で「エル・カンターレ信仰」をスピーチする「2017 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」東京正心館で開催されました。
幸福の科学の「エル・カンターレ信仰」について、ご自身の体験や、感想、思いなどが日本語で語られました。
今回は、6人目の発表者スリシティさんの発表をご紹介させていただきます。
国境を越えた信仰心の輝きをぜひお読みください。

こんにちは、皆様、私はスリシティと申します。インドのデリーから来ました。10年前から Happy Scienceのメンバーです。主エル・カンターレは、私に皆様の前で話す機会を与えてくださいました。皆様と一緒にここにいられることを大変うれしく思います。

Happy Scienceのメンバーになってから、私の人生は変わりました。この10年間、たくさんの経験をし、私の主に対する信仰は、ますます深まっています。

まず主は、私の助けが必要なときは、私のために、そばにいてくださいました。まず、主は、私が大学を受験するときに、助けてくださいました。大学の入学試験では、プレッシャーが大きくて、思うように勉強することができませんでした。

その時、私は試験前にお祈りをしました。お祈りをするととても気持ちがよくなり、安心しました。それで、おちついて試験を受けられて、無事に合格できました。心から感謝しています。

また、私の叔父はうつ病やストレスのために病院に入ってから、自殺をしようとしました。お医者さんは、叔父さんを救うために何もできないと言いました。そのとき、私は主に祈りました。すると突然、叔父は元気になりました。これらのことを経験したあとで、私の信仰は、さらに強くなりました。

ここで、もう一つの経験を話させてください。今から6年前、主がインドにいらっしゃったときに、私と私の家族はデリー支部で、主にお会いすることができたのです。最初は、「主に手を振ってはいけない。花束を渡さないでください。」と言われていました。しかし、主は部屋に入ると、まず私に手を振ってくださり、花束を受け取ってくださいました。

そして、そのとき、私は、神様と対面していることに気が付いたのです。主は、私に大切な一日を下さり、私はとても幸せでした。主エル・カンターレは、真実を教えます。それで、誰でも幸せに 生きることができます。主は 全ての人類のための救い主です。主の教えは差別を生み出しません。主は、地球にユートピアをつくりたいと願っていらっしゃいます。真理は 死にません。永遠に主の教えは、あります。

今日は、皆様に私の話を聴いていただき、とても幸せな気持ちです。今、私は主のお話を直接、理解するために、インドで日本語を勉強しています。できれば、Happy Science Universityで勉強したいと 思っています。そして、主の教えを インドの人々に伝えたいです。

主エル・カンターレ、大川隆法先生、本当にありがとうございます。皆様、ありがとうございました。

2017年12月10日(日)、外国人信者が日本語で「エル・カンターレ信仰」をスピーチする「2017 HAPPY SCIENCE 全世界日本語スピーチ発表会」東京正心館で開催されました。
幸福の科学の「エル・カンターレ信仰」について、ご自身の体験や、感想、思いなどが日本語で語られました。
今回は、5人目の発表者チャネッシュさんの発表をご紹介させていただきます。
国境を越えた信仰心の輝きをぜひお読みください。

ナマステ!私はインドのブッダガヤから来たチャネッシュです。幸福の科学が応援してくださっているスーリヤ校の卒業生です。今19歳で、物理学を勉強している大学三年生です。私は将来通訳になって自分の会社を作り、たくさんの人を幸せにしたいと思っています。マスターの教えの中で私の好きな言葉は、“賢く考え、即行動する”という言葉です。そして、大好きな本は『社長学入門』です。私は聖なる教えを広げるために主に使命を与えられた、ブッダガヤのヤングブッダだと信じています。

私が幸福の科学に出会ったのはスーリヤ校に入った小学校三年生の時でした。スーリヤ校は無償で最高の教育を与えているビハール州でも有名な学校です。私が幸福の科学の本当の意味を知ったのは、特別に選ばれた生徒として、ブッダガヤ支部に行った時でした。

その時、四正道と次元について勉強しました。その日の夜ベッドに入った時、支部で勉強したことがどんどん頭の中に浮かんで来ました。そして、白い服を着た天使が私を天上界に連れて行こうとしているような感じがしました。その時私は幸福の科学が希望を現実に変えるために霊的な導きをしているところなのだと思いました。

次の日私は入会書を書いて幸福の科学のメンバーになりました。その時から今まで、先生の色々な本を読んで、教えを聞きました。私はブッダが悟りを開かれた聖なる場所で生まれ、そして今、現生のブッダである大川隆法総裁先生を見ることができ、その教えを直接聞くことができるとてもラッキーな人間だと思います。

昔、毎日お兄さんはお酒を飲んで村のだれかとけんかをしていました。家族みんなが、お兄さんの問題で困っていました。私たちも、毎日勉強できませんでした。それで、お兄さんのために毎日、「主への祈り」をしました。お兄さんはだんだん良くなっていきました。その時から、私はお祈りや真理の力でいろいろな問題を解決することができるようになりました。主はいつも側におられると思っていると、どんなに大変な問題があっても乗り越えることができます。

ビハール州の村の多くの人々は、貧困など様々な問題で苦しんで、自殺をしようとする人が多いです。死んだら問題が無くなると信じているみたいです。私は彼らに生と死の本当の意味を教え、神様と自分自身を信じることが必要だということを伝えないといけないと思っています。

だから苦しんでいる人たちのために遠くの村まで行って伝道をします。主の教えを知ったら村のみんなの問題が無くなると私は信じています。純粋な思いでこの伝道を死ぬまですることが出来たら、私の人生は成功だと思います。

それからある日、自分の将来について悩んでいた時、瞑想しながら主のことを心の中に描いていました。その時信じられないことが起こりました。とても美しい光の粒が、直接天上界から降りて来て私の魂に触れ、「あなた自身が成功していくための車の車輪になりなさい」と言いました。その後、心の中に絶対に成功するぞという気持ちが湧き上がってきました。私はスーリヤ校で教育を受け真理を学ぶことが出来ました。

でもインドには学校にも行けず真理を知らない子供たちがたくさんいます。私の使命は、夢を心の中に持ったまま、実現できなくて涙を流す子供達の涙を拭いて、勇気とチャンスを与え、彼らの道を開くことです。

私はいつかビルゲイツのようなビジネスマンになって、ビハール州やインド、そして世界中を変えていきたいです。私は必ず主がずっと考え続けて来たユートピアを実現します。私にいつも奇跡のようなチャンスを与えて下さる主エル・カンターレ、そして支えて下さる全ての皆さまに心から感謝致します。

頑張るぞ!ありがとうございました。

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU