Archive for the ‘月刊「ヤング・ブッダ」’ Category

YB channelでは、人生の先輩に成功の秘訣や人生の教訓を聞く「私のYB時代」のインタビュー動画を公開しています。
今回は、福井県の油あげレストラン、谷口屋の社長、谷口誠さんにお話を伺いました。

大正14年、谷口さんの祖父が始めた谷口屋は、大きな油あげが名物の豆腐屋。
1995年には谷口さんが日本で唯一の「油あげレストラン」をオープンしました。
その評判は全国に広がり、休日には待ち時間が3時間になることも。
その成功の秘密を、谷口さんの人生とともにひもといていきます。
(※本記事は小冊子「ヤング・ブッダ」6月号(No.174)より転載・編集)

豆腐屋の跡取りとして

01:15 豆腐屋が嫌いだった幼少期
02:13 豆腐屋に対する見方の変化

実家は、福井県坂井市の竹田という山村で小さな豆腐屋を営んでいました。両親が毎朝、午前2時に起きて作る「竹田の油あげ」は、サクサク、ジューシーで、地元ではとても評判でした。しかし、小学生のとき友人に、「お前、油の匂いがするな」と、からかわれたことがきっかけで、豆腐屋を「かっこ悪い」と思うようになったのです。そして、将来は違う職業に就こうと決意しました。

しかし、食全般に興味があったため、高校は農業高校に入学。実習でパンや味噌などを作り、食品加工の基礎を学びましたが、卒業後は叔父の勧めで郵便局に就職しました。

26歳のときに保険の営業担当になると、豆腐屋への見方が変わる最初の転機が訪れました。実家の近隣を営業で回ると、お客様が皆、うれしそうに実家の油あげの話をしてくれるのです。

「うちの孫は、あんちゃんのところの油あげしか食べないのよ」
(……親父とお袋は、いい仕事をしてるんだな。豆腐屋は、かっこ悪くないのかもしれない)

それからは、お客様からの依頼もあって、週末には油揚げの配達を手伝うようになりました。やがて母から、「あんたも練習しなさい」と言われ、油あげ作りの修業も始めました。

見返りを求めない心

03:36 人生を変える転機
04:36 与える愛に心を動かされる
05:55 両親から学んだ「与える愛」

平日は郵便局員、土日は家業を手伝いながら11年経ちました。

(定年になったら細々と豆腐屋をやろう)

そう考えていた私に、再び価値観を変える出来事がありました。妻の勧めで、幸福の科学に入信し、そこで大川隆法総裁の著作『常勝思考』と出合ったのです。書籍には、見返りを求めない「与える愛」の大切さが書かれていました。私は毎日、夜中に淡々と油あげを作る両親の姿と、それを楽しみにしているお客様の姿を思い出しました。

(親父とお袋は、「与える愛」を実践しているんだ)

豆腐屋の仕事に誇りを感じて、40歳のとき、ついに家業を継ぐことを決意しました。

唯一無二のレストラン

07:28 レストラン開業のきっかけ
09:26 油あげがふくらまない
10:12 思いもよらない原因

店で働き始めると、気になることがありました。当時は店と住宅を兼ねていて、食事をする場所がなく、お客様は狭い玄関で油あげを食べていたのです。私はそれを申し訳なく思いました。

(できたての油あげを、ゆっくり食べてもらいたい!)

翌年、店を移転して工場併設型のレストランを開業。

しかし、オープン当初、油あげがふく/rt>らまない事件が起きたのです。いくら作っても廃棄になり、開業費の返済を考えると不安で仕方ありませんでした。解決策を探すため、私は同業者に意見を尋ねて回ることにしました。すると、水質に原因があると分かったのです。すぐに水質改善のための機械を導入すると、油あげは以前の大きさに膨らむようになりました。

大変な事件でしたが、豆腐屋としてのプロ意識がさらに高まった貴重な経験でした。

油あげを、世界へ

12:27 谷口屋が大切にしていること
13:24 今後の目標
15:02 成功の秘訣

店の評判が口コミで広がり、日本全国、海外からも多くのお客様に来ていただけるようになりました。2004年以降はありがたくも、ほぼ毎年テレビに出演させていただいています。
 
私の目標は、家族団らんの食卓を地域へ、日本へ、そして世界へ広げていくことです。「谷口屋の油あげがいい」と言ってくださるお客様のためにも、社員一同、真心を込めて油あげをお届けしたいと思います。世界への挑戦はこれからです。若い人たちも一緒に頑張りましょう!

15:34 『勇気の法』抜粋


動画で紹介された書籍

『常勝思考』

『常勝思考』(大川隆法著/幸福の科学出版)

成功からも失敗からも教訓を学びとり、人びとを導いていける人間へと成長していくための運命開拓法。それが常勝思考だ。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『勇気の法』

人生のあらゆる困難や挫折に打ち克ち、たとえ失敗しても何度でも立ち上がれ。混迷を極める現代において、あなたが成すべきこととは何か。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

YB channel紹介

学生と青年のための幸福の科学の小冊子「ヤング・ブッダ」編集部によるYouTubeチャンネル。誌面の特集やインタビューが動画でもお楽しみいただけます。

関連リンク

月刊「ヤング・ブッダ」

YB channelでは、人生の先輩に成功の秘訣や人生の教訓を聞く「私のYB時代」のインタビュー動画を公開しています。
今回は、福井県の油あげレストラン、谷口屋の社長、谷口誠さんにお話を伺いました。

大正14年、谷口さんの祖父が始めた谷口屋は、大きな油あげが名物の豆腐屋。
1995年には谷口さんが日本で唯一の「油あげレストラン」をオープンしました。
その評判は全国に広がり、休日には待ち時間が3時間になることも。
その成功の秘密を、谷口さんの人生とともにひもといていきます。
(※本記事は小冊子「ヤング・ブッダ」6月号(No.174)より転載・編集)

豆腐屋の跡取りとして

01:15 豆腐屋が嫌いだった幼少期
02:13 豆腐屋に対する見方の変化

実家は、福井県坂井市の竹田という山村で小さな豆腐屋を営んでいました。両親が毎朝、午前2時に起きて作る「竹田の油あげ」は、サクサク、ジューシーで、地元ではとても評判でした。しかし、小学生のとき友人に、「お前、油の匂いがするな」と、からかわれたことがきっかけで、豆腐屋を「かっこ悪い」と思うようになったのです。そして、将来は違う職業に就こうと決意しました。

しかし、食全般に興味があったため、高校は農業高校に入学。実習でパンや味噌などを作り、食品加工の基礎を学びましたが、卒業後は叔父の勧めで郵便局に就職しました。

26歳のときに保険の営業担当になると、豆腐屋への見方が変わる最初の転機が訪れました。実家の近隣を営業で回ると、お客様が皆、うれしそうに実家の油あげの話をしてくれるのです。

「うちの孫は、あんちゃんのところの油あげしか食べないのよ」
(……親父とお袋は、いい仕事をしてるんだな。豆腐屋は、かっこ悪くないのかもしれない)

それからは、お客様からの依頼もあって、週末には油揚げの配達を手伝うようになりました。やがて母から、「あんたも練習しなさい」と言われ、油あげ作りの修業も始めました。

見返りを求めない心

03:36 人生を変える転機
04:36 与える愛に心を動かされる
05:55 両親から学んだ「与える愛」

平日は郵便局員、土日は家業を手伝いながら11年経ちました。

(定年になったら細々と豆腐屋をやろう)

そう考えていた私に、再び価値観を変える出来事がありました。妻の勧めで、幸福の科学に入信し、そこで大川隆法総裁の著作『常勝思考』と出合ったのです。書籍には、見返りを求めない「与える愛」の大切さが書かれていました。私は毎日、夜中に淡々と油あげを作る両親の姿と、それを楽しみにしているお客様の姿を思い出しました。

(親父とお袋は、「与える愛」を実践しているんだ)

豆腐屋の仕事に誇りを感じて、40歳のとき、ついに家業を継ぐことを決意しました。

唯一無二のレストラン

07:28 レストラン開業のきっかけ
09:26 油あげがふくらまない
10:12 思いもよらない原因

店で働き始めると、気になることがありました。当時は店と住宅を兼ねていて、食事をする場所がなく、お客様は狭い玄関で油あげを食べていたのです。私はそれを申し訳なく思いました。

(できたての油あげを、ゆっくり食べてもらいたい!)

翌年、店を移転して工場併設型のレストランを開業。

しかし、オープン当初、油あげがふく/rt>らまない事件が起きたのです。いくら作っても廃棄になり、開業費の返済を考えると不安で仕方ありませんでした。解決策を探すため、私は同業者に意見を尋ねて回ることにしました。すると、水質に原因があると分かったのです。すぐに水質改善のための機械を導入すると、油あげは以前の大きさに膨らむようになりました。

大変な事件でしたが、豆腐屋としてのプロ意識がさらに高まった貴重な経験でした。

油あげを、世界へ

12:27 谷口屋が大切にしていること
13:24 今後の目標
15:02 成功の秘訣

店の評判が口コミで広がり、日本全国、海外からも多くのお客様に来ていただけるようになりました。2004年以降はありがたくも、ほぼ毎年テレビに出演させていただいています。
 
私の目標は、家族団らんの食卓を地域へ、日本へ、そして世界へ広げていくことです。「谷口屋の油あげがいい」と言ってくださるお客様のためにも、社員一同、真心を込めて油あげをお届けしたいと思います。世界への挑戦はこれからです。若い人たちも一緒に頑張りましょう!

15:34 『勇気の法』抜粋


動画で紹介された書籍

『常勝思考』

『常勝思考』(大川隆法著/幸福の科学出版)

成功からも失敗からも教訓を学びとり、人びとを導いていける人間へと成長していくための運命開拓法。それが常勝思考だ。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『勇気の法』

人生のあらゆる困難や挫折に打ち克ち、たとえ失敗しても何度でも立ち上がれ。混迷を極める現代において、あなたが成すべきこととは何か。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

YB channel紹介

学生と青年のための幸福の科学の小冊子「ヤング・ブッダ」編集部によるYouTubeチャンネル。誌面の特集やインタビューが動画でもお楽しみいただけます。

関連リンク

月刊「ヤング・ブッダ」

「ヤング・ブッダ」178号(2018年10月号)は、映画「宇宙の法―黎明編―」特集です。
巻頭インタビューで千眼美子のアフレコ裏話が掲載されたほか、大川隆法総裁の教えや、宇宙の神秘を紹介するコーナーなど、宇宙時代の到来を感じる一冊となっています。
YB channelの動画では、ハリネズミのおかかが、ナビゲーターとして今月号を紹介しています。

月刊「ヤング・ブッダ」10月号
―OPEN THE SPACE AGE 映画「宇宙の法―黎明編―」特集

YB2018年10月

映画「宇宙の法―黎明編―」特集 巻頭インタビュー! 千眼美子のアフレコ裏話
人生に効くコトバ「宇宙時代の幕は上がった」
What’s Happy Science?
Seeds of Politicians vol.22「幸福実現党 東京都本部中野地区代表 しらかし貴子」

YB channel紹介

学生と青年のための幸福の科学の小冊子「ヤング・ブッダ」編集部によるYouTubeチャンネル。誌面の特集やインタビューが動画でもお楽しみいただけます。

関連リンク

月刊「ヤング・ブッダ」

「ヤング・ブッダ」178号(2018年10月号)は、映画「宇宙の法―黎明編―」特集です。
巻頭インタビューで千眼美子のアフレコ裏話が掲載されたほか、大川隆法総裁の教えや、宇宙の神秘を紹介するコーナーなど、宇宙時代の到来を感じる一冊となっています。
YB channelの動画では、ハリネズミのおかかが、ナビゲーターとして今月号を紹介しています。

月刊「ヤング・ブッダ」10月号
―OPEN THE SPACE AGE 映画「宇宙の法―黎明編―」特集

YB2018年10月

映画「宇宙の法―黎明編―」特集 巻頭インタビュー! 千眼美子のアフレコ裏話
人生に効くコトバ「宇宙時代の幕は上がった」
What’s Happy Science?
Seeds of Politicians vol.22「幸福実現党 東京都本部中野地区代表 しらかし貴子」

YB channel紹介

学生と青年のための幸福の科学の小冊子「ヤング・ブッダ」編集部によるYouTubeチャンネル。誌面の特集やインタビューが動画でもお楽しみいただけます。

関連リンク

月刊「ヤング・ブッダ」

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU