Archive for the ‘広報局’ Category

別冊「週刊新潮」(8/25号)が反社会的事件を起こした問題教団と幸福の科学を同列に扱うことで尊い信仰を誹謗中傷している。大した見識も持ち合わせない彼らは、そもそも宗教について語る資格がないことを知るべきだ。

週刊新潮の「フライデー事件」への無見識

問題の記事では、「昭和末期の頽廃がカルト宗教の揺り籠」との見出しのもと、オウム真理教や法の華などのテロ事件や詐欺事件を起こした問題教団を列挙した上で、それらと同類であるかのように幸福の科学が取り上げられている。

しかし“当会が起こした事件”として挙げられている「フライデー事件」自体、講談社が発行するフライデーが事実無根の誹謗記事を乱発した事件であって、当会はあくまで「被害者」の立場である。「売れれば文化がついてくる」と称して聖なる信仰を誹謗し続けたフライデーに対して、当会が勇気ある抗議行動に立ち上がり、その悪徳商業主義を堂々と批判したことで、行き過ぎた「言論の暴力」に初めてチェックが入るようになった。同事件は、「マスコミ権力」という事実上の第一権力とその横暴に本格的なメスが入った戦後文化史の分岐点であり、戦後、漂流し続けてきた我が国の価値観に「神の正義」という背骨が入った瞬間でもあった。

週刊新潮は、何とかして幸福の科学を問題教団と同一視させたいようだが、こうした姑息な詐術を繰り返せば繰り返すほど、同誌の無見識ぶりの方が際立つことを知るべきである。

“バブル”と繁栄の違いが変わらない週刊新潮

また今回の記事では、80年代以降の宗教ブームは昭和末期のバブルの頽廃の産物であり、「資本主義的な自由や競争の広まりが誘発した利己主義や自己責任論の拡大によって、とりわけ弱い立場の人々への共感が後退した」ことが背景にあると指摘している。

しかし昭和末期の好景気を“バブルの頽廃”と切り捨てることは、戦後の荒廃から立ち上がり、我が国の復興と繁栄のために汗を流してきた戦後日本人に対する侮辱である。安保闘争を乗り切って我が国が「資本主義的な自由や競争」に踏みとどまったからこそ高度経済成長が成し遂げられ、本来であれば「弱い立場」に留まらざるを得なかった人々にも雇用の道が開かれて社会全体が「豊かさの平等」を享受できたと考えるのがフェアな見方である。

また冷戦末期の80年代から我が国がアメリカと肩を並べる超大国化の道を本格的に歩み始めたことは、人種主義撤廃を掲げて戦った大東亜戦争の正当性を裏打ちするものである。にもかかわらず「利己主義や自己責任論の拡大」という負の部分にばかり注目することは、国際政治経済のメカニズムに対する無理解と左翼的な自虐史観以外の何物でもない。

教団活動に対する偏見と時代遅れの認識を反省せよ

またこの時期に成長した教団がどれも未だに「一般社会と隔絶した特殊な連帯意識」で成り立っていると考えることも偏見と時代遅れな見方である。

記事中では、各教団が成長する理由として「社会的な絆が薄れていくなかで居場所が見つかられない人を仲間に引き入れるとき、一般社会と隔絶した特殊な連帯意識を作ることが有効に作用する」ことを挙げている。

しかし、そもそも魂を救済する宗教活動こそが宗教にとっての最大の社会貢献であり公益活動である。その意味で、一般社会で通用する宗教儀式や行事を超えて、目に見えない世界の尊い仏神との絆、そして信者相互の深く揺るぎない魂的な信頼関係を構築していくことこそ宗教本来の使命である。

また当会で言えば、具体的なユートピアを広げるためのグループ活動をはじめ、貧困や災害、障害や心の病で苦しんでいる方々にも、物心両面に渡り、あらゆる手段で手を差し伸べる努力を加速している。東日本大震災の復興支援をはじめ、不登校児支援スクールの運営、自殺防止活動、障害者支援、いじめ問題に取り組む一般財団法人の支援などを行っているし、国際支援として、ネパール、インド、マレーシア、ウガンダ、ガザ地区、スリランカ、ミャンマーなどの国で、学校建設や教材の寄贈、衣服・物品の寄贈など、さまざまなチャリティーに取り組んでいる。

同記事では、教団に入信することは「社会と隔絶する」危険性そのものであるかのように強調されているが、大きな間違いだ。宗教教団とは教祖を頂点とする垂直関係を有すると同時に、信者同士の連帯と救済機能が発揮される水平関係を有する。そして年数を経て大教団へと成長する過程で当会も、当初の各人が精神的成長を求めていく運動に加えて、水平的な連帯力が強い救済型宗教へと発展を遂げたのである。

公平な取材や調査を適宜行うことなく、数十年前の知見やジャーナリストと称するフリーライターの断片的な覗き見でだけで判断することは実像を歪める臆見以外の何物でもない。宗教に対する嫉妬と偏見に凝り固まった週刊新潮は、言論の背景には「正しい価値観」が不可欠であり、その究極には「神仏から降ろされる時代への価値判断」があることを知るべきだ。そして宗教的常識と教養を備えた人物による適正な取材を心がけるべきである。

※なお、週刊新潮に関しましては、『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』『人間失格 新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』(幸福の科学出版刊)が発刊されております。

幸福の科学グループ 広報局



『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究―週刊誌に正義はあるのか―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』

『徹底霊査「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』

『人間失格―新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『人間失格 新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』

『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』

週刊新潮8月13・20日号が、幸福の科学の信仰を失った元女性信者の主張なるものを掲載し、尊い信仰を冒涜している。しかし、そもそも彼女たちが信仰を手放したきっかけは、他ならぬ週刊新潮などの事実無根の記事である。週刊新潮こそ、自社に責任があることを謙虚に反省すべきだ。

週刊新潮による事実の曲解

問題の記事は、元信者らの返金請求を一部認めた昨年12月付の東京高裁判決に対する当会側の上告を最高裁が「受理しない」との決定を行ったことに関連して、あたかも元信者らの「女性問題が原因で信仰心を失った」という主張が認められたかのような“印象操作”に終始している。

しかし、信仰を失ったきっかけとなった「週刊誌等による女性関係を巡るスキャンダラスな報道」とは、紛れもない週刊新潮自身が行ったものである。しかも2013年8月9日、東京地方裁判所にて、新潮社側への損害賠償を認める当会側勝訴の判決が出され、確定しているのだ。この訴訟は、2011年1月から3月にかけて「週刊新潮」が掲載した4本の名誉毀損記事に対して当会が提訴していたもので、「週刊新潮」のずさんな取材姿勢は法廷の場においても既に明らかとなっている。また、この問題についての別の訴訟では、東京高裁で週刊文春誌に対して400万円の損害賠償と同誌の1頁全面を使用した巨大謝罪広告の掲載が命じられている。

さらに、前夫人に関しても、東京家裁で女性問題を理由とする慰謝料請求を本人自ら取り下げている。

これらの事実から明らかなとおり、元信者を惑わし、信仰を失わせ、不幸のどん底に突き落としたのは、他ならぬ週刊新潮ではないだろうか。

聖なる宗教活動を「金集め」と侮辱する週刊新潮

また今回の記事では、当会の神聖なご本尊である降魔型エル・カンターレ像について、「単なる金集め」などと誹謗中傷しているが、宗教的無知を通り越して侮辱そのものである。この降魔型エル・カンターレ像は、国難を招く悪しき想念を押し止め、我が国の穢れを祓い、全世界の人々に愛と信仰の光を手向けることを目的に「結界作り」の一環として全国各支部に安置されているのであって、決して記事で書かれている北朝鮮ミサイル阻止のような特定の事象のみを対象としているのではない。

週刊新潮のような悪徳雑誌があるからこそ、宗教的活動のなかに“降魔”的要素が必要なのである。悪を押し止め、善を推し進めることこそ宗教活動の王道であることを知るべきだ。

週刊新潮は「冒涜を許さない」という警告を受け止めよ

記事の最後では「仏陀でないのならば、始めからそう言えばよいのだ」などの許しがたい冒涜的表現が使用されている。

そもそも今回の最高裁決定は、本来であれば宗教団体の内部的な自治に委ねられるべき宗教行為の評価に対して国家権力が一方的に介入したものである。まともなマスコミであれば、宗教を「商取引」と同列に見なす宗教的無知の極みのような違憲判決に対し、疑問の声を上げるべきである。あろうことか虚偽に満ちた報道で信者を離反させ、マッチポンプ的にその身勝手な主張を垂れ流して反宗教感情を煽る週刊新潮こそ、過てる権力の走狗そのものである。

宗教は最後は冒涜を許さない――。週刊新潮編集部および、酒井逸史編集長は、この警告を真摯に受け止めなくてはならない。

※なお、週刊新潮に関しましては、『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』『人間失格 新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』(幸福の科学出版刊)が発刊されております。

幸福の科学グループ 広報局



『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究―週刊誌に正義はあるのか―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』

『徹底霊査「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』

『人間失格―新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『人間失格 新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』

『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』

最高裁は、2015年7月21日、納骨壇及び永代供養に関して幸福の科学の元信者らの返金請求を一部認めた昨年12月付の東京高裁判決に対する幸福の科学からの上告受理申し立てを「受理しない」との決定を行った。

最高裁の不受理決定は、最高裁の判決と異なり、「判例」としての拘束力はなく、今後他の地裁・高裁が同一論点について異なる判断を出すことも理論的に可能である。しかし、この最高裁の決定は、人間の魂の救済に従事する宗教団体の価値、宗教の御布施に込められた当事者の真心や尊さを理解せず、信仰行為である供養行為や御布施を即物的な契約に引き直して理解した上記東京高裁判決を追認する極めて不当な決定であり、既存仏教における御布施の意義に対する理解を窺うこともできない。

既存仏教における無私無償の信仰行為としての御布施の意義

例えば、御布施について解説した財団法人全日本仏教会の発刊する雑誌、『全仏』(2010年11月号)の記事では、御布施の意義について以下の通り説明されている。

「布施(ふせ)とは仏教が成立した2500年ほど前のインドの言葉です。梵語(サンスクリット語)では「檀那(ダーナ)」といい、慈しみの心をもって他人に財物などを施すことを指します。布施には「財施」(金銭・衣服・食料などの財を施すこと)、「法施」(仏の教えを説くこと)、「無畏施」(災難などにあっている人に寄り添い、不安を取り除くこと)の三種があり、布施行という悟りを開くための修行の一つで「六波羅蜜」にも挙げられているように仏教の根幹的な実践行でもあります。(中略)金額についても布施をされる方の慈しみの心にもとづくもので、商品と同じように定価とすべきものでなく、その方の信仰にもとづく宗教的な行為です。」

すなわち、宗教を信仰する信者が御布施を捧げる行為は、修行行為の一環として、自らを利する思いなく真心に基づいて金銭などの財物を捧げる信仰行為であり、これによって、魂の永遠性を説き、その魂の向上を導き、悩める衆生を救済するという極めて公益性の高い事業に従事する宗教者の聖なる生活が支えられる。

そして、一般社会の取引行為においては、「人は見返りを求めずして何かを行うことはない」という社会常識が存在するが、御布施は、これと正反対の無私無償の行為を行うがゆえに尊い価値を有するのである。

著名な宗教学者である駒澤大学の洗建(あらいけん)名誉教授も、「「破魔矢」などが、定価販売されていても税務上は物品販売ではなく御布施として扱われている例でも分かりますが、金額(奉納の目安)が定まっていること自体でお布施としての宗教的な意味が失われるわけではありません」として宗教団体側に何らかの瑕疵がない限り原則的には返還の義務はないと述べた「意見書」を本件において最高裁宛に提出している。

幸福の科学の御布施についての教義

幸福の科学の基本教義においても、上記の御布施の本質を踏まえた教義が存在している。すなわち、幸福の科学への御布施に際して説法やセミナー又は読経行為などが行われたとしても、それは一つの機縁に過ぎず、御布施の対価ではないとされているのである。

例えば、幸福の科学の基本経典の一つであり、1995年に刊行された『仏陀の証明』において、『仏説・正心法語』に収められている経文「目覚めの言葉『次第説法』」について、以下のとおり説かれている。

「説法や活動の対価として、金銭的なものや物質的なものを受けるのではないのです。これを間違わないでいただきたいと思います。たとえ現在、当会の講演会やセミナー等に入場料その他があるとしても、それは対価ではないということを知らなければいけません。これは、現代の経済原理に基づいて行なってはいますが、そうした行事に参加する人は、あくまでも寄進の心、喜捨の心でもって差し出さなければいけないものなのです。」

また、2000年に刊行された『霊的生活と信仰生活 信仰とご本尊について』においても、以下のとおり説かれている。

「幸福の科学が信者のみなさんからお布施を受けるときも、それは商品の対価、何かの労働の対価ではありません。・・・たとえ、お経を読む、説法をするなどという行為がそこにあったとしても、それは一つの機縁、よすがであって、その対価として、お布施、植福をするわけではありません。お布施は対価性がないものであり、だからこそ値打ちがあり、功徳があるのです。」

判決で認められた御布施の適法性と不適切な女性関係の不存在

あわせて確認されるべきことは、地裁・高裁判決は御布施の適法性を認め、元信者らの納骨壇・永代供養以外の御布施返還の請求をすべて棄却しており、判決で返金が認められたのは全体のごく一部にすぎないという事実である。

原告である元信者らは、「布施をしないと信仰心が足りないなどとして迫害されたりし、また、災いや不幸が起きるなどと不安感を増大させられ、極度に困惑させられたりしたことにより精神的に追い込まれ、無理矢理に多額の金銭を」御布施させられた旨などの主張を行った。

これに対し、東京地裁は、元信者らが「信仰心に訴えかける御布施の勧誘に自らの判断で応じていた」と判断し、東京高裁は、元信者が「信仰心から自己の自発的な意思により御布施」をしたものであり、幸福の科学の教義の内容や映画の内容は「信仰心を鼓舞するものであっても社会通念上相当と認められる範囲を逸脱した違法なものであるとは認められない」と判断しており、いずれも幸福の科学の御布施の適法性を認めた。

つまり、脅しや恐怖によって御布施されられたという元信者らの主張を判決は完全に否定し、幸福の科学の御布施は、いわゆる“霊感商法”などとはまったく異なるものであることを、判決は明確に認めたのである。

また、裁判の中で元信者らは、幸福の科学の元職員種村修氏の陳述書を提出するなどしてあたかも違法な女性関係があるかのように主張したが、同陳述書については、別の訴訟において東京地裁で「信用性は認め難い」として200万円の損害賠償が認められている。また、この別の訴訟では、東京高裁で種村氏の述べる架空の女性問題を取り上げた週刊文春誌の記事について400万円の損害賠償と同誌の1頁全面を使用した歴史的に見ても稀な巨大謝罪広告の掲載が命じられ、週刊文春誌上(2015年2月12日号)に同謝罪広告が掲載された。

さらに、前夫人に関しても、東京家裁で女性問題を理由とする慰謝料請求を本人自ら取り下げており、同氏自身が不適切な女性関係など一切存在していないことを事実上認めたのである。

これらの事実から明らかなとおり元信者らの主張は、その動機の正当性について完全に覆されている。

東京高裁判決及び最高裁決定の問題点

幸福の科学の熱心な信者らは、先に述べた幸福の科学の基本教義を熟知したうえで、自ら進んで信仰行為、かつ修行行為として、納骨壇及び永代供養を機縁とした御布施を仏に捧げているというのが真実の姿である。

納骨壇、永代供養に伴う御布施を考えるにあたっては、納骨壇及び永代供養を機縁とした御布施が幸福の科学の教義を熟知した熱心な信者らにより信仰行為、すなわち無私無償の真心に基づく慈しみの修行行為として行われたことを無視してはならない。すなわち、宗教行為としての御布施は、当該宗教団体の本尊を信仰する信者が当該宗教団体の教義に則って修行行為として行うものであり、宗教団体側に反社会的行為、違法行為など法律行為の瑕疵を生じさせた事情のない限り、性質上宗教団体の信仰行為の特殊性を考慮に入れることができない一般市民法により規律されるべきものではない。

したがって、これらの行為を納骨壇の利用や永代供養の読経行為などの外形的行為と対応する有償契約と捉えること自体、当事者の真意及び当該行為に込められた修行行為としての価値や宗教的価値を顧みないものであり、その本質を見誤るものである。

しかしながら、最高裁は、幸福の科学側に法律行為の瑕疵を生じさせたといえる事情がまったく認定されていないにも拘らず一方的に御布施の返還を命じる東京高裁判決を追認しており、これは、見返りを求めずに行われるからこそ尊い御布施の信仰行為としての価値を看過するものであると同時に、法律行為の基礎とされるべき当事者の意思にも正面から反するものである。

また、地裁・高裁判決は、先祖の魂の救済の縁となるべき納骨壇について、幸福の科学が遺骨を管理するある種の“倉庫業的な事務”であるかのように捉え、先祖に供養の光を届ける永代供養については、幸福の科学の職員が経文を読み上げる一種の“作業的な行為”であるかのように捉えているとすらいえる。

これは、人間の魂の救済という本来であれば最も重要な公益事業に従事する宗教団体を単なる営利事業であるかのように捉えたものであるとともに、宗教行為の外形を表面的に捉えその無私無償の信仰行為、修行行為としての本質を見ないものである。

御布施の精神の崇高さを尊重した司法判断を

地裁・高裁判決は、御布施に関する当事者の宗教的な意思の特殊性を考慮に入れず、一般市民法秩序に引き直して当事者の意思を外形的にのみ解釈し、その本質を歪めたものといわざるをえない。

すなわち、同判決は、真摯に当事者の意思を探究するという司法判断の基本精神を放棄し、その事案の本質を誤って捉えるという致命的誤りを犯すとともに、御布施という宗教行為に対する歴史的経緯及び宗教団体内部での理解を踏まえない外形的判断を一方的に行っており、世俗の価値観では捉えきれない本質を有する信教の自由(憲法20条1項)を保障するために政教分離(憲法20条3項)を制度として保障した憲法の精神と相容れない違憲判決である。

そして、これを追認する最高裁も、本来であれば宗教団体の内部的な自治に委ねられるべき宗教行為の評価に対して国家権力が一方的に介入し、その返還を命じる東京高裁判決の危うさを看過し、世界の本質を謙虚かつ真摯に考察することなく即物的な価値観に基づき違憲な決定を行ったものと評価せざるを得ない。

有限なるものさしで無限なるものを計測することはできない。それと同様に、行為の外形のみにより人間の精神作用の深奥に関わる久遠実成なる存在への信仰行為の本質を捉えることは決してできない。司法界も、古来より人間の魂の救済に真摯に従事する宗教団体の聖なる仕事の意義に目を向け、それを支える御布施の精神の崇高さに対する敬意を払った上で、正義に適った判断を行うことが強く望まれる。

幸福の科学グループ広報局

週刊新潮7月30日号にて、科学哲学者の高橋昌一郎氏(國學院大學)が相も変わらず霊言への誹謗を行っている。聖なる信仰に対して中傷を繰り返す高橋氏は、愚かな“売名行為”と宗教への嫉妬を止めるべきだ。

高橋氏こそ現代人を迷わす悪徳学者

これまで高橋氏は毎週判で押した如く「この世の事件」を使って霊言の真実性を否定しようとしてきた。例えば初回の6月25日号で、小保方博士が窃盗行為を働いたとされるのを突破口に彼女の過去世(ヒポクラテス・ガリレオ・キュリー夫人)を疑問視してきたのがその典型例である。

しかし霊言は、あの世から降ろされているご神示の一種であって、その人物の言動、業績や世間の評価などの有限なモノサシでは推し量れない「魂の筋」を見ることを目的にしている。にもかかわらずこの世の出来事にこだわり、魂の永遠性に対して徹底して盲目的な高橋氏の姿は、あたかもプラトンの「洞窟の比喩」に出てくる、影を見て、それを実体だと思い込んでいる洞窟の縛られた住人のように見えて、何とも哀れで仕方ない。

人間は神の子であり、偉大な可能性を秘めた霊的存在である。この厳然とした事実を否定して、軽佻浮薄な売名コラムを書き散らす高橋氏こそ現代人を迷わせている悪徳学者ではないか。こんな三流の宗教冒涜学者が國學院大學に在籍していて本当にいいのか。

イスラム教徒が激怒するのは高橋氏のほうだ

今回のコラムで高橋氏は、「アラーやムハンマドの『霊言集』を見たら、冒涜と激怒するイスラム教徒もいるかもしれません」とうそぶいている。ひょっとして高橋氏はコーラン自体が『霊言集』であることを知らないのだろうか。

前回も書いたことだが、イスラム教は開祖ムハンマドに霊が降りて、アッラーの言葉を語らせたことから始まった。聖典コーランそのものが一種の“霊言集”とも言える。

コーランの中には、アッラーがムハンマドをエルサレムまで連れて行き、そこから昇天して天国を案内し、イエス、ヨセフ、モーセらと語らったと書かれている。高橋氏は、「英語が話せないはずの霊が流暢な英語を使ったことで霊媒師のウソが暴かれた」例を挙げているが、すると、アラビア語が話せないはずのイエスやモーゼが登場するコーランもインチキだと高橋氏は考えているのだろうか。コーランはウソの塊なのかどうか、科学哲学者として高橋氏はしっかりと答えるべきだ。

イスラム教徒の激怒を怖がらなければいけないのは、霊言を否定し宗教を冒涜する“堕地獄学者”の高橋氏の方である。

三流悪徳学者・高橋氏は酒井編集長の“操り人形”なのか?

最後に高橋氏は週刊新潮の酒井逸史編集長を登場させ、「キリストを処刑した刑吏」とされる過去世を暴露された怒りを語らせている。今回のコラムで高橋氏は「(霊言で)勝手に名前を使われて憤慨している人も多いんじゃないか」と書いているが、ここまで連続で霊言批判を繰り返してきた“焚き付け役”がどうやら酒井編集長ご本人であったことを図らずも明らかにしている。

酒井編集長は情けない過去世を明かされたことがよっぽど気に障ったらしく、何としても否定すべく霊言そのもののインチキ扱いにご執心なようだ。しかし、酒井編集長が宗教冒涜の音頭を取っているのであれば、キリストに唾を吐きかけ、「ユダヤ人の王、ばんざい」と嘲ってキリストを処刑した一人であっても何ら不思議はないではないか。

また高橋氏も、こうした堕地獄週刊誌に媚びを売り、編集長の私怨に加担しているのであれば、そのさもしさは「三流悪徳学者」と呼ばれても仕方がないだろう。

新潮社は悪あがきを止めよ

結局、高橋氏、週刊新潮ともに「嫉妬心のカタマリ」になって、霊言のベストセラー化と社会的信用の獲得が気に食わないのだろう。特に新潮社は、2001年に廃刊した写真週刊誌Focusに続いて週刊新潮の部数減に歯止めがかからず、いよいよ廃刊の恐怖に耐えきれなくなったため、「袋トジ」でヌードを掲載する代わりに宗教叩きに走っているのではないか。こうした「悪口マーケティング」が“倒産”の二文字が見え隠れする新潮社の苦境を救うことは決してないと知るべきである。

※なお、週刊新潮に関しましては、『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』『人間失格 新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』(幸福の科学出版刊)が発刊されております。

幸福の科学グループ広報局 部長 高間 智生



『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究―週刊誌に正義はあるのか―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「週刊新潮」に巣くう悪魔の研究』

『徹底霊査「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』

『人間失格―新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『人間失格 新潮社 佐藤隆信社長・破滅への暴走』

『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『「仏説・降魔経」現象編―「新潮の悪魔」をパトリオットする』

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU