Archive for the ‘広報局’ Category

10月7日午後、再び、大川宏洋氏が『宏洋の公式見解』と題する動画をYouTube上にアップしました。同動画は、品性のない表現が散見される、取るに足らない“見解”であり、わざわざ評するまでもないものですが、やはり幾つかの事実誤認が正されていないため、以下の通り、当グループの見解を明記する次第です。

口火を切ったのは、そもそも宏洋氏

宏洋氏は、当グループが発表した公式見解について「始まりましたよ、嫌がらせ第一弾」などと、あたかも当グループの見解が嫌がらせであるかのように語っています。しかし、そもそも誹謗中傷の口火を切ったのは宏洋氏の方です。宏洋氏が2018年8月23日に「宏洋です。youtube始めました! 」をアップし、続いて、10月2日に「宏洋の人生ゼンツッパ!!※炎上注意!!※宏洋は幸福の科学と決別したのか?!」と題する動画をYouTube上に公開したため、多くの事実誤認を正す必要が生じました。そこで、止むを得ず見解を発表したものです。

宏洋氏は「休職中の立場」を否定できなかった

宏洋氏は今回の動画の中で、「辞めたと宣言したじゃないか」などと繰り返しています。しかし、先の教団の公式見解で明らかにした、本年9月12日に宏洋氏が教団人事局担当者及び当教団代理人弁護士と面談したという事実、並びに、この面談の中で「休職(人事局付)に伴う手続きのご案内」と題する書面を受領した上で、“退職”ではなく「休職」することを合意したという事実に対しては沈黙したままです。これは、「休職に合意した」ということを否定できなかったということです。

“教学を18年間おろそかにしてきた”ことの告白に等しい

また宏洋氏は「12歳まで後継者として育てられていたんで、(教学は)全部頭入ってるんですよ」「その辺の職員さんとかより、よっぽど質の高い説法ができます」などと述べています。これは小学校卒業後の18年間、まったく幸福の科学の教学をおろそかにしてきたことを自ら告白しているに等しいと言えます。この18年間、大川総裁が発刊された経典は2000書以上に上り、内容的にも法律学や政治学、国際政治・外交、国際経済、財政学、経営学、国際金融、芸術論、演技論、映画論など幅広い専門分野に裾野は広がり続けており、現時点で発刊点数は2400書に上っています。
大川総裁が世界教師(ワールド・ティーチャー)として弛まぬ精進を続けられた結果として、未来文明の基礎となる膨大な仏法真理群が生み出されました。にもかかわらず、それを真摯に学ぼうとせず、小学生時代に得た教学知識レベルで自己満足に浸っていること、自分の考えに固執し、他人の考えをまったく受け入れず、取り入れるだけの度量・謙虚さを欠いているところに、宏洋氏の慢心が現れています。
宏洋氏の学習面での努力欠如ぶりが表れているのが、八正道を「会内用語」としている点です。宏洋氏は動画の中で、「会内用語、信者さんしか分からない言葉を一般の人がみる所に載せるっていうのはよろしくない」としたうえで、その実例として「八正道」を挙げています。しかし、八正道は古来から使われている代表的な仏教用語です。

芸能における宗教的価値がわかっていない

宏洋氏は、「役者が本職」「映画プロデューサー・役者として、本業はそっちでやってます」としています。しかし全て大川総裁が製作・総指揮した教団映画のなかで与えられた立場です。「ニューヨークで受賞経験もある」というのも同様で、宏洋氏個人に与えられたものではありません。総裁と教団の手厚い支援があって生まれた実績を、自分ひとりの手柄のように吹聴するところに宏洋氏の問題点があります。
また「教団が世間の幅広い支持を得られていない」など、教団に対する社会的評価が限定的であると述べています。しかしこれは逆に、宏洋氏が、宗教的価値がいかに尊いかが判っていないことを示しています。
芸術の起源は宗教です。宗教的神事が時代を下って、演劇や舞踏などの各種芸能へと分化していきました。「尊い神仏への感謝と報恩が流れていなければならない」というのが芸能に求められる普遍的価値なのです。芸能に込めるべき崇高な宗教的価値にまで理解が到らず、“芸能と宗教は違う”という間違った主張を振り回したことが、宏洋氏の失敗の原因なのです。
宏洋氏が当グループの芸能・映画事業を離れてから後も、映画分野でも十年先まで新規企画が生まれ、共鳴する新たな脚本家・俳優が次々と集いつつあります。

仕事が欲しければ汗をかけ

宏洋氏は当グループが提示した見解に対して、事実に基づいて何ら明確に反論できていません。
最後には「仕事を下さい」といつもの“おねだり”を繰り返しています。そんなに仕事が欲しければ、自らオーディションに足を運び、汗をかいて、自分の努力で掴み取るべきです。なすべき努力を厭い、人が用意してくれた御輿に乗るだけの甘えが抜けなければ、宏洋氏は挫折を繰り返すのみでしょう。

幸福の科学グループ広報局

関連リンク

弊社前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の代表取締役解任の経緯について
大川宏洋氏動画「『幸福の科学』の職員が新居に突撃してきた」についての幸福の科学グループ見解(その2)
大川宏洋氏動画「『幸福の科学』の職員が新居に突撃してきた」についての幸福の科学グループ見解
週刊新潮記事(10月18日号)についての幸福の科学グループ見解
「大川宏洋氏のYouTube動画」についての幸福の科学グループ見解
NSP(株)前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の動画配信映像について

関連動画

10月1日付で、当教団職員の大川宏洋氏が『宏洋の人生ゼンツッパ!!※炎上注意!!※宏洋は幸福の科学と決別したのか?!』と題する動画をYouTube上にアップしました。
同動画には、数多くの事実誤認があるとともに、多数の信者の心を傷つける記述が見られるので、本人に厳重注意・反省を促すとともに、以下の通り、当グループの見解を明記する次第です。

宏洋氏は現在、教団職員として休職中の立場

宏洋氏は動画の中で、「幸福の科学の職員を辞めています」と述べていますが、事実ではありません。本年9月12日、同氏は人事局担当者及び当教団代理人弁護士と面談し、「休職(人事局付)に伴う手続きのご案内」と題する書面を受領した上で、“退職”ではなく「休職」することを合意しています。動画で語っている「幸福の科学の職員を辞めています」、「先方も了承している」は虚偽です。

「神だと思ったことは一度もありません」も虚偽

また宏洋氏は、「私は大川隆法総裁を信仰していませんし、彼を神だと思ったことは一度もありません」と述べていますが、これは事実に反します。2011年4月29日に、「成功への道」という題で、大川総裁による青年向け御法話がなされた際、同氏は前座として「エル・カンターレ信仰と伝道について」と題した講話を行っています。そのなかで宏洋氏は「エル・カンターレは、絶対に、何があっても、あなたがたを見てくださっている。これだけは、確信して言えます」「少しでも、エル・カンターレのお役に立ちたいと、いうふうに考えておりますので、みなさま共に、頑張っていきましょう」と強く信仰心を語っています。確実に、大川総裁を至高神、主エル・カンターレとして信仰していたのです。
その後、自身の未熟さ、努力不足を謙虚に反省することができず、処遇に対する不平不満を募らせて、教団を飛び出そうとしているというのが客観的な事実です。宏洋氏は教団後継者として期待されたこともありましたが、教団幹部として芸能事業を任されるなかで、教学不足とリーダーとしての資質のなさ、公私混同ぶりが露呈し、当グループに多大な損害を与えたことが原因でその任を解かれるに至っています。かねてより、教団後継者ではないということが決定しており、正式な教団後継者としては、長女である大川咲也加氏が予定されています。
今回の同氏の行動は、妹である長女に追い越されたことへの嫉妬の表れでしょうし、不平不満・愚痴を募らせたに過ぎません。

多大な恩義を受けたことが判っていない

宏洋氏は、「この家に生まれてしまったので、生まれたときからずっと教育されて、当たり前だと思い込んできた」と、たまたま大川家に生まれたように語っていますが、これも違います。真実は、大川総裁との過去世からの深い縁があったからであり、母親の胎内に宿った時点での同氏守護霊の霊言では、将来は父親の役に立つように頑張るという趣旨の抱負を語っていました。その言葉を真摯に受け止めて、大川総裁を始め、当教団は彼を大切に養育してきたのです。
宏洋氏は、教団の将来を担う人材として期待され、幼少期から手厚く育てられました。こうした陰ながらの支えに何のありがたみも感じないというのであれば、生まれて以来、30年間にわたって、大川隆法総裁並びに教団から受けてきた様々な恩義が判っておらず、残念至極としか言いようがありません。
同氏には尊い仏縁がありましたが、生まれてから以降の信仰を深める努力不足によって不遇をかこっているわけです。大川家に生まれても、「親子でも魂は別」です。今の立場は本人の精進の至らなさが招いた結果です。

オーナー気分に浸る一方で、肝心の信仰心は入会信者レベルの自覚もない

宏洋氏は今回の動画のなかで、下の弟妹たちについて、「彼らも僕と同じように信者ではありません」と発言していますが、これも事実ではありません。宏洋氏を含め弟妹全員が会員番号を持っています。弟妹全員が大川総裁を主エル・カンターレとして信仰し、信者であるとしっかり認識しています。
また宏洋氏は、教団職員は労働者でなくボランティアであり、同好会と同じで、「ゲートボール同好会を抜けましたと同じこと。やめるのは会社より簡単。契約書を結んでいない」などと発言していますが、職員は総裁から許されて出家した聖職者であり、一方的に還俗できるものではありません。仏・法・僧の三宝への帰依のもと、深く心を見つめ、全人類の救済という聖なる使命の実現に向けて、尊い神仏の手足として自己犠牲と奉仕に生きる、無私なる存在であるべき立場です。幹部職員ともなれば、経営担当としての判断責任が生じることは言うまでもありません。こうした聖職者意識、経営責任への自覚が持てなかったこと、加えて、教祖の長男として生まれ、芸能・映画事業を任されたことでオーナー気分に浸る一方で、肝心の信仰心は入会信者レベルの自覚もないところまで低落していたことが宏洋氏の問題点です。

教団の敵になることで人気が出ることはないことを知るべき

宏洋氏は、「総裁が『清水富美加が世界で一番カワイイ』と言ったとします。これを言ったら、それを同じように思わないといけないんですよ」などと述べていますが、当教団にそのような教義はなく、当グループは自由と寛容を旨としていることは周知の通りです。
千眼美子(清水富美加)氏の出家についても、勝手に仕事を投げ出して事務所を一方的に移籍するような非常識な行為を行ったかのような虚偽を述べていますが、そのような事実はありません。千眼氏は、代理人弁護士を通じ、当時の所属事務所に、まさに仕事ができない状況となったことを詳細に誠意を尽くして説明するなどして交渉した結果として、最終的には所属事務所と2017年5月20日付の契約終了について正式に合意したというのが事実です。
さらに動画の中で語られている若手人気女優の守護霊霊言についても、同霊言内で「同女優が当教団の信者である」と明言した事実はありません。
宏洋氏は「週刊誌の方からの取材の申し込みをいただいているが、申し訳ないがお断りさせていただいている」「別にアンチの活動とかをしたいというわけではなく」とは言いながら、事実上、大川総裁並びに当グループを貶める発言を行っています。
このような一連の虚偽・誹謗中傷をなぜ大川宏洋氏は行うのでしょうか? 恐らく、一種の炎上商法なのでしょうが、この手法は当グループには通じません。また人気タレントになるための踏み台としたいとの思惑があるとしても、教団の敵になることでは世間の幅広い支持を得られないことを知るべきです。当グループは、今回の過ちについて直接、宏洋氏に厳重に注意するとともに、今後、生きるべき正しい道から逸れることがないよう、引き続き厳しく指導を行ってまいります。

幸福の科学グループ広報局

関連リンク

弊社前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の代表取締役解任の経緯について
大川宏洋氏動画「『幸福の科学』の職員が新居に突撃してきた」についての幸福の科学グループ見解(その2)
大川宏洋氏動画「『幸福の科学』の職員が新居に突撃してきた」についての幸福の科学グループ見解
週刊新潮記事(10月18日号)についての幸福の科学グループ見解
「宏洋の公式見解」についての幸福の科学グループ見解
NSP(株)前代表取締役兼タレント・大川宏洋氏の動画配信映像について

昨日(18日)と本日(19日)、“宗教荒らし”藤倉善郎をライターとして起用・増長させた責任を問うべく、新潮社、東洋経済新報社、両社の本社前にてビラ配布を行いました。

藤倉らは、9月11日(火)当教団に無断で入手した信仰の対象である御本尊を足蹴にするという、前代未聞の信仰に対する重大な冒涜行為を犯しました。さらに18日(火)には、300万円を払えと教団本部に要求してきました。そもそも、尊い神仏に対する尊崇の念など持たない藤倉には、教団より拝受が許される御本尊を受持する資格がないにもかかわらずです。

週刊新潮はこのような“宗教荒らし”をしばしばライターとして起用することで、「聖なる領域」である宗教を不当に貶めてきました。また週刊東洋経済は、宗教特集「宗教界のタブー解明 宗教 カネと権力」(8月27日発売号)のなかで、当教団施設への不法侵入を行い、現在、刑事被告人となっている藤倉を、当教団記事の担当ライターに起用しました。藤倉の冒涜行為の背景には、老舗雑誌である両誌がライターとして起用することで増長させたという事実があります。

両誌は“社会事件性がなければ宗教を取り上げない”という戦後日本の悪しきマスコミ体質を象徴しています。こうした宗教性悪説が幅を利かせることで、信仰心や道徳心、さらには努力や精神性の大切さを否定する風潮が強まり、「この国の劣化」につながっているのです。

当教団は、両誌を発行する新潮社と東洋経済新報社に対して、「社会事件性がなければ宗教を取り上げないマスコミ体質はこの国の劣化につながっている」という事実をしっかりと認識し、国民性を低下させかねない自らの偏狭な視点を反省することを促すべく、両社の責任を問うビラ配布を行なった次第です。

幸福の科学グループ広報局

新潮社前で配布したビラ

新潮社前で配布したビラ

昨日(18日)と本日(19日)、“宗教荒らし”藤倉善郎をライターとして起用・増長させた責任を問うべく、新潮社、東洋経済新報社、両社の本社前にてビラ配布を行いました。 藤倉らは、9月11日(火)当教団に無断で入手した信仰の対象である御本尊を足蹴にするという、前代未聞の信仰に対する重大な冒涜行為を犯しました。さらに18日(火)には、300万円を払えと教団本部に要求してきました。そもそも、尊い神仏に対する尊崇の念など持たない藤倉には、教団より拝受が許される御本尊を受持する資格がないにもかかわらずです。 週刊新潮はこのような“宗教荒らし”をしばしばライターとして起用することで、「聖なる領域」である宗教を不当に貶めてきました。また週刊東洋経済は、宗教特集「宗教界のタブー解明 宗教 カネと権力」(8月27日発売号)のなかで、当教団施設への不法侵入を行い、現在、刑事被告人となっている藤倉を、当教団記事の担当ライターに起用しました。藤倉の冒涜行為の背景には、老舗雑誌である両誌がライターとして起用することで増長させたという事実があります。 両誌は“社会事件性がなければ宗教を取り上げない”という戦後日本の悪しきマスコミ体質を象徴しています。こうした宗教性悪説が幅を利かせることで、信仰心や道徳心、さらには努力や精神性の大切さを否定する風潮が強まり、「この国の劣化」につながっているのです。 当教団は、両誌を発行する新潮社と東洋経済新報社に対して、「社会事件性がなければ宗教を取り上げないマスコミ体質はこの国の劣化につながっている」という事実をしっかりと認識し、国民性を低下させかねない自らの偏狭な視点を反省することを促すべく、両社の責任を問うビラ配布を行なった次第です。 幸福の科学グループ広報局

新潮社前で配布したビラ

新潮社前で配布したビラ

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU