Archive for the ‘子育て’ Category

引っ込み思案な息子が「心の強さ」を信じて、たくましくなった!【体験談】

消極的だった子どもの素晴らしさを見出し、本来の力を発揮できるようになった体験です。
S.M.さん・Rくん(東京都)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載・編集

息子のことを毎日心配していた私

息子のことを毎日心配していた私【体験談】

長男のRは幼児の頃、アトピーや喘息にかかっていました。小学校に上がるまでに治ったものの、私がかなり過保護に育てたせいか、引っ込み思案な子どもでした。
小学校が幼稚園時代の友達と別の学校だったので、「小学校でうまくやっていけるかしら……」と不安でした。Rは入学式の日に「友達がいない」と泣いていました。
「自分から『遊ぼ』って言えばいいのよ」とアドバイスしても、なかなか友達の輪に入っていけない様子です。
「今日はだれと遊んだの? だれと一緒に帰ってきたの?」
私は心配のあまり、毎日、Rに尋ねました。Rはいつも「今日も『遊んで』って言えなかったんだ……」と涙ぐんで答えます。
公園に連れて行っても、遊んでいる子ども達の周りをぐるぐる回っているばかりで、結局、声をかけられません。Rが一人で公園に行き、「『入れて』って言えなかった」と、泣きべそをかいて帰って来ることもありました。
そんなRが不憫で、私も涙が出てきます。
(このまま友達ができなかったらどうしよう)という焦りと不安で心が揺れました。

Rの長所が見えてきた!

二学期の半ばになって、悩みを解くヒントをいただきました。
私が幸福の科学の支部で、同じ支部の友人と茶話会をしていたときのことです。
あるお母さんが、「以前は消極的な息子のことで悩んでいたの」と話されました。
「でも、子育ての研修を受けたとき、息子の長所を発見できたんです。『ほんとうは優しい子なんだ。自分より人のことを先に考える、忍耐強い子なんだ』と。私が息子を責める思いを出さなくなったら、息子は一気に明るくなったんですよ」
(これだわ! 私もRの長所を見つけていこう。)
日々、家事の合間に考えるようにしました。
「Rは忍耐強くて優しい」「親に何も隠し事ができないほど正直」「真面目で素直」「笑顔がとてもかわいい」―― 長所が次つぎと見つかります。
その度に、「Rちゃんは優しいね」と、口に出してほめました。
長所の発見を続けていくと、Rのすべてがいとおしく思えるようになりました。
「Rちゃんのこと、大好きだよ」と、抱きしめながら言うこともよくありました。
私がRのことを肯定するようになると、合わせ鏡のように、Rは学校で少しずつ友達と話せるようになりました。
ある日、Rが喜び勇んで帰ってきました。
「今日、友達と遊ぶ約束をしてきたよ!」
私は、「よかったね!」と、一緒に喜びました。その後、Rは気の合う友達ができ、学校に行くのが楽しくなったようでした。

いっそう輝き始めたR

いっそう輝き始めたR【体験談】

二年生の夏に、Rは幸福の科学の信者となるために「三帰誓願式」をうけました。御本尊の前で、胸を張って大きな声で三宝帰依を誓う姿はとても立派でした。このときのRの凛とした表情、仏を信ずる姿勢に、崇高な精神を感じました。
(この子は、幾転生も魂修行を重ねて、今世、仏弟子としての使命をもって生まれてきたんだ。素晴らしい子を育てさせていただいて、ありがたい……)と涙があふれました。
私はRの心の輝き、心の強さをより深く信じるようになりました。すると、Rも、徐々に積極的になっていったのです。
二学期の終わりには、担任の先生から、「この二年間でRくんがいちばん成長しましたね」と言われました。
そして驚いたことに、Rは三学期の始業式で、全校生徒の前で作文を暗唱する役に抜擢されたのです。R自身も、「やりたい」と返事したとのこと。
(たくましくなった)と実感しました。

成功体験がRの自信になった

始業式に向けて、Rは原稿用紙三枚の作文を書き、私も側について暗唱の練習を何度もしました。当日の朝は、親子で特に心をこめて、「真理の言葉・正心法語」を声を出して読みました。
Rに、「仏様も、守護霊様も見守っているよ。私達もお祈りしているよ」と声をかけると、安心した顔で元気に登校していきました。
本番でのRは、一回も原稿を見ずに暗唱できたそうです。Rは目を輝かせて帰ってきました。その日の夜は家族で喜び合いました。この経験でRは自信を持ったようです。
三年生になった今、友達も増えました。これからも、わが子の素晴らしさを信じて、子どもの心が輝き、心が強くなるように育てていきたいと思います。

オススメ書籍

『しあわせってなあに 第1巻』(大川隆法 著)

『しあわせってなあに 第1巻』(大川隆法 著/幸福の科学出版)

親子で語りあう。親子で育みあう。心の大切なこと。
わかりやすい真理の言葉で心と頭がすくすく育ちます。
子育てでイライラしてしまうお母さんにもぴったり。

〈第1巻収録〉
第1話 明るく生きること/第2話 やさしく生きること

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。

関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

ADHDを子どもの「個性」の一つと受けとめ、伸び伸びと育てられるようになった【体験談】

わが子のADHD(注意欠陥・多動性障害)の傾向に悩んでいたお母さんが、問題を乗り越えていく体験です。

M.Y.子さん・Yくん(北海道)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載・編集

ADHDの傾向性を持っていた息子

ADHDの傾向性を持っていた息子【体験談】

長男のYは、小さい頃からとにかく手のかかる子でした。
寝る前の歯磨きやトイレなど、ごく当たり前の生活習慣がなかなか身につかないのです。
(私のしつけが悪いのかな……)
叱ってもおだてても効き目はなく、小学生になってもランドセルの片づけひとつ満足にできません。
「ランドセルはここに置くんでしょ!」
「はーい」
注意すると返事はしますが、次の瞬間には他のことに気を取られて忘れています。
担任の先生からも、「Yくんは注意散漫ですね。何度言っても聞こえていないようです」と言われる始末……。
(何回言ったら分かるんだろう?)
(なんで、こんなことが出来ないの?)
Yを責める思いは、いつしか、(どうせ言っても、できないだろう)と諦める気持ちに変わっていました。
一方、主人は、Yのだらしなさが目について仕方がないようです。夕食が済むと、「Y、宿題やったか」「学校からの手紙はお母さんに渡したのか」「明日の準備は」と、気になる点を立て続けに指摘します。
「え、あ、あれ……」
Yは慌ててやろうとしますが、パニックになってしまい、何も手につきません。
しまいには「できなーい!」と泣きわめくので、主人から叱られてしまうのです。
(そこまで厳しくすることないのに……)
Yのしつけをめぐって、夫婦の間がギクシャクすることもありました。
小学一年生の秋。突然、Yの全身にひどいチックが表れ始めました。それ以前にも軽いチックはありましたが、今度は足先までがピクピク動いて止まりません。
「ならないようにしても、なっちゃうよ」
Yは困惑していました。
何とか治してあげたいと思った私は、解決策を求めて専門書を読み始めました。
そして、激しいチックが見られる子どもの半数以上が、ADHDであると知ったのです。
(YもADHDなのかもしれない……)
あまりにも注意散漫な性格は、ADHDのパターンそっくりでした。
しかも、「ADHDの子は不登校を起こしやすい」などの否定的な説明ばかりが目に入り、私は不安に駆られました

ADHDは「個性」のひとつ

その時、「ザ・リバティ」という雑誌に、ADHDの記事があったのを思い出して読んでみました。
すると、「ADHDは、転生輪廻の過程で培ってきた『個性』の一つである」と書かれていたのです。
(えっ、「個性」なの?!)
Yをよくよく観察してみると、瞬間瞬間が勝負で、長期的に考えることが苦手です。
(この子は出来るのにやらないんじゃない。注意しても忘れたり、すぐに気が逸れてしまうのは、「個性」の一つと見ていいんだ――)
急に気が楽になりました。
ほっとして心が落ち着くと、Yのいいところが見えてきます。
友達みんなに平等に接したり、妹の面倒をよく見る優しいところ。創造性が豊かで、工作が大得意なところ……。
(そう言えば、最近褒めてあげてなかったなあ……。Yの長所をもっと伸ばそう)
私は、Yの長所を発見したらすぐ褒めるように心掛けました。
「Yは優しくてえらいね」
「Yのそういうとこ、立派だね」
口に出して伝えていると、足りないところを見ていた時と違って、私の心は穏やかになり、Yも生き生きしてきます。
また、主人とも相談し、厳しく注意する事は一個か二個にして、夕食後には楽しく過ごすようにしました。
チックの原因の一つはストレスだと言われていたからです。
「コマで遊ぼうか。」
主人から声をかけると、Yは「やったー!」と大喜び。そんな日が三日も続くうちに、足先に表れていたチックがほとんど見られなくなりました。
「ママ、体が勝手に動かなくなったよ!」
Yは嬉しそうに報告してくれました。

「細分化の原理」を実践して、パニック状態を克服

「細分化の原理」を実践して、パニック状態を克服【体験談】

ただ、後片づけなどの習慣が身につかないのは相変わらずでした。
ADHDの特徴の一つとして、物事を順序立てて考えられないという点があります。Yも例外ではなく、やらなければいけないことがいくつもあると、途端にパニック状態になって泣きわめくのです。
そこで私は、大川隆法総裁『奇跡の法』という書籍に書いてあった「問題を細分化し、優先順位をつける」という教えを子育てに応用しようと思いました。
学校から帰って来たら、「まず、何をしなくちゃいけないのかな?」と尋ねます。
「これは一番で、これが二番。三番と四番は今できないから後でしようね」
そう言ってあげると、Yはすごく安心したようでした。次第に、「宿題はもう終わったよ。明日の準備は寝る前にやるし、今はこれをするよ」と、自分から言うようになりました。
また、もっと自信をつけさせようと、エジソンもADHDだったことを伝えました。
「お兄ちゃんは、天才型でもあるんだよ」と励まし、本人が苦手としているコツコツ努力することの大切さも言い聞かせました。
「へえ。そうなんだ……」
Yはエジソンがとても気に入ったようです。読書は苦手なものの、エジソンの伝記は進んで読むようになり、時には自分から家での勉強に取り組むようにもなりました。
現在、小学三年生ですが、今ではチックも見られず、パニックを起こして泣きわめくこともありません。
私はこの体験を通して、子育てとは「子どもの個性を受け入れて伸ばしてあげることなんだ」と身をもって教えられた気がします。
また、「人間には多様な個性がある」という幸福の科学の教えが腑に落ちて、「こうあるべき」と人を枠にはめて見ることがなくなりました。
Yのおかげで、私自身も成長できたと、感謝しています。

オススメ書籍

『奇跡の法』(大川隆法 著)

『奇跡の法』(大川隆法 著)

あなたの人生を、好転させる方法がある。

なぜ、日本人は潜在的に繁栄を恐れるのか。
その原因を霊的真実や歴史から読み解く。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。

関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

優しい言葉かけで落ち着きを取り戻した長男【子育て体験談】

ケンカ相手にケガをさせ、相手の家に親子であやまりに行くことが幾度もあったお母さんが、心を深く見つめ、息子の言動が自分の心の反映だと気づけた体験。
M.S.さん(山口県)・Hくん(8才)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載・編集

暴力が直らない長男

「申し訳ありませんでした。今後、このようなことがないよう気をつけますので……」
ケンカをしてケガをさせてしまった相手のお宅に、長男と二人であやまりに行きました。いったい、これで何度目でしょうか。友だち同士のケンカで、いつも手を出してしまうのです。連絡帳には暴力に気をつけてほしいと書かれることがしばしば。親子であやまりに行ったのは一度や二度では済みません。
息子に聞くと「向こうから仕掛けてくるんだよ。ぼくからはやってないよ」と言うばかり。
3年生の時には、学校から「暴力が直らないので児童相談所へ相談に行ってみてください」と言われました。カウンセリングの結果、子どもには何も問題はなく、逆に「知能指数が高いので、あまりガミガミ言わずに上手に子育てしてあげてください」とのことでした。

「ガミガミをやめてください」

ところが、ある朝「お腹が痛い」と言い出し、その日から学校に行けなくなってしまったのです。病院では「体はどこも悪くないので精神的ストレスではないか」と言われ、ここでも「ガミガミ言ってはダメですよ」と医師から注意を受けたのです。
(私のせいでこうなっているの?)
以前にも同じ指摘を受けたことを思い出しました。
それでも、何かと慌ただしく日が経ち、自分の態度を振り返ることをしませんでした。
息子の不登校は、担任の協力もあり、2週間程で終わりました。私はその最中にも、自分がイライラするたびに、きつく叱りつけたり、頭ごなしに言い放ったりしていたのです。
同じ頃、友人と「幸福の科学」精舎で開催されている「心の指針」研修を受けに行く機会がありました。心に響く大川隆法総裁のお言葉や、精妙な精舎の空間が心地よく、この時だけは久しく忘れていた穏やかな心を取り戻すことができたのです。
そして、自分の姿がよく見えるようになっていったのです。
息子に思いをはせると、いつも厳しく叱咤激励している自分の姿が、何度も浮かんできました。私は一つのことに必死になると、他のことが見えなくなってしまうところがあります。剣道をさせれば剣道のことで頭がいっぱいになり「試合に勝たせたい」「練習を怠けてほしくない」と、ついつい口やかましくなっていました。
息子への期待が大きく、自分の理想を押し付けていたことに気づきました。「剣道をやめたい」と言い出した時も、「今がんばらなくてどうするの! 途中で投げ出しちゃダメでしょ!」と、一方的にたたみかけ、息子の気持ちを聞こうともしなかったのです。
私の強い態度に言い返すこともできずに、黙って泣いていた息子の姿を思い浮かべると、「ぼくの良いところもちゃんと見て。ぼくのこと認めてほしいよ」という心の声が聞こえてくるようでした。

言葉を調えて、積極的にほめるように

いつしか、私にとって月に一度の「心の指針」研修は、気持ちをリセットできる大切な時間になっていきました。
時間に追われ、疲れがたまってくると、ついヒステリックになって、ひどい言葉が矢継ぎ早に出てしまう自分を見つめ、頭の片隅で(なんでこんなにひどいことを言ってるんだろう)と、情けない思いがありながらも、言い出すと止まらなくなってしまう自分自身のイヤな面も、逃げずに見つめていくことができるようになりました。
そんな中で、私は、やっと息子と本気で向かい合う決意ができたのです。
ずっとやめたがっていた剣道はやめさせ、積極的にほめていこうと努めました。ちょっとしたお手伝いでも、「助かるわー。頼りになるね」と、声をかけるようにしていったのです。
しばらく続けるうちに、息子はとても落ち着いてきました。「お風呂やっとくね」と、自分からはりきってお手伝いもしてくれるようになったのです。
そんな変化を見ると、母親として子供を温かく見守ることの大切さが改めて身にしみました。
今は、厳しく言うだけではなく、「子ども本来の力を信じ、母として包みこんであげる優しさもとても大切なことなんだ」と実感しています。子育てを通して、子供をどこまで信じてあげられるのかを日々問われているように思います。

オススメ書籍

『限りなく優しくあれ―愛の大河の中で―』(大川隆法 著)

『限りなく優しくあれ』(大川隆法著/幸福の科学出版)

家庭ユートピアとは何か。

家庭が光に満ちたとき、世界が変わる。
霊性の時代を担う女性像のひとつのあり方を示した書。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。

関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

実母への心からの感謝で子育てが変わった【子育て体験談】

実母への心からの感謝で子育てが変わり娘との関係が改善された体験談
T.N.さん(岡山県)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載・編集

娘のトラブル

子育て体験談|娘のトラブル

娘が小学校2年生に進級したころのことです。
学校での友達関係が上手くいかない様子で、いつも元気な娘が、学校から帰るなり、「あーあ、またケンカしちゃった。」と疲れた顔で言うのです。
ケンカの理由を聞いてみると、娘がぼそぼそと話してくれました。
「隣に座っている子がおしゃべりしているから注意したんだよ。そしたら、『うるさい!』って言われたん……。」
元来、正義感が強く、誰に対しても物おじせずにはっきりと意見を言うタイプの娘。小さなことにも黙っていられずに、いちいち口出ししてしまうことが原因のようでした。
そんな状態が続いたある日、「あなたが口うるさく言いすぎるから、ケンカになるんじゃないの。」と私が言うと――。
「ママは先生と同じことしか言わん!」
娘は、プイッと後ろを向いて私から離れて行ってしまいました。
(そうよね。親の私がこれじゃ、娘のすがるところがないじゃないの。)
娘がせっかく悩みを話してくれているのに、頭ごなしに言い放っている私……。娘と言い合いになるたびに後悔するのですが、私は、なかなか娘の気持ちを受け止めてあげることができないまま、時間だけが過ぎていきました。

愛されていた実感

年が明けて、なんとか落ち着いてきた娘とは反対に、私は「もっとしっかりと自分の心を見つめなればいけない。」と、強く思うようになっていました。私は、娘とのことだけではなく、自分自身の人間関係でも悩みを抱えていたのです。
その後、幸福の科学の精舎講師が勧めてくれた「母への反省的瞑想」をしてみることにしました。それからは、講師から教えて頂いたように、時間をかけて毎日一つひとつ、母のことを思い返していきました。
私の母は約10年前から精神的に不安定でウツ気味の状態が続き、5年程前に認知症と診断されています。私は、母が精神的に病んでいくなかで、初めての子どもを出産。新米ママが一番母を必要とするときに、逆に母を支えなければならない立場になっていました。頭では、「病気なんだから仕方ない。」とわかっていても、同世代のママたちが実家で楽しく過ごし、子どもの面倒を見てもらっている話を聞くと、うらやましくて仕方なかったのです。そんな思いが、講師に言った母への不満になったのだと気づきました。母への反省を通して初めて、ずっと押し込めていた自分の心と向き合うことができたのです。
――母と一緒に台所に立つ小学生の私。「Nは飾り付けが上手だからお願いね。」「洗い物も安心してまかせられるわ。」と、笑顔の母。
回想の中の母は、私を信頼し、ちゃんとほめてくれていました。
母との楽しい過去を思い出すと、とても幸せな気持ちになれました。心が満たされて、感謝の思いが膨らんでいくのを感じます。
(母は私を心から愛してくれていた――。そんな母を責めていたなんて……。)
ポロポロ、ポロポロと涙がこぼれてきました。
まるで、何かが吹っ切れたように、それから幾日も、母に思いを向けるたびに涙がこみ上げてきました。私は、母との幸福な時間に浸るのが楽しく、毎日が幸せの発見でした。そして、その幸福感は、ストレートに私の子育てにつながっていったのです。
以前は、「今日は優しく話しかけよう。」と娘を待ち構えていながら一人で空回りしてしまったり、逆に「何なまいきなこと言ってるのよ!」と、声を荒げてしまったり……。そうかと思うと「さっきはごめんね。イライラしていて。」と慌てて声をかけるのですが、娘からは「もう遅いよ!」と言い返される。そんなことが幾度もありました。
自分が、「……ねばならない」と考えた上ですることはなかなか娘に通じなかったのです。でも、母への反省が深まるごとに、理解してもらえない傷ついた娘の心が伝わってくるようになりました。娘とすれ違いが多かったのは、「お願いだからトラブルメーカーにならないでほしい」という思いや、「嫌な話は聞きたくない」という気持ちが原因だったと気づきました。
そして、こうしなければいけないとがんばっている時とは全く違う時間を過ごせるように変わっていったのです。
娘は、以前よりも素直に気持ちを表に出すようになり、一緒にお人形の髪を結ってあげると、とても嬉しそうに「またやろうね。」と抱きついてきます。これまでは、何か注意しても必ず言い返してきて折れなかった娘が、私の話をちゃんと聞いてくれるように変わってきたのです。

原点は感謝の思い

子育て体験談|原点は感謝の思い

同じ年の5月、認知症の母に、家族で久しぶりに会いに行きました。
母は、私の顔を見たとたん、目にいっぱい涙をためて泣き始めたのです。遠くにいても、毎日母に思いを向けていたことが通じていたのでしょうか。
気がつくと、目の前の母を抱きしめていた私――。これまでの求めるばかりの思いは消えて、心の中は(ありがとう。)の思いだけでした。
母に対する反省によって実感できた、愛されているという幸福感、そして感謝の思いは、わが子への愛に確かにつながっています。

オススメ書籍

『ティータイム―あたたかい家庭、幸せのアイデア25―』(大川隆法 著)

『ティータイム』(大川隆法著/幸福の科学出版)

紅茶を片手に気軽に読める”幸せ家庭”のつくり方。

一杯の紅茶を飲む間に、あなたの人生が変わっていきます。
夫婦・親子・嫁姑の問題、家計、家庭と仕事―ちょっとした工夫で、「優しい家庭をつくる」アイデア集。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。

関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU