Archive for the ‘子育て’ Category

バリバリママがのんびり長男から学んだこと【子育て体験談】

親子なのに性格が正反対。「僕はどうせだめだから…。」とやる気のない息子にママはどうする!?
O.M.さん(仮名)(千葉県)・Tくん(仮名)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載・編集

イライラの原因

子育て体験談|イライラの原因

息子のTは、いつものんびりマイペース。家でも外でも周りは気にせず、自分なりの楽しみを見つけてはニコニコとご機嫌で過ごしています。それが、私のイライラの原因でした。
幼稚園の行事参観は、行くたびにハラハラのしっぱなし。みんなが揃って歌を歌う時に、Tは一人だけ楽しそうに壁のポスターを眺めています。
(あー、みっともない! ほかの子はきちんとできるのに、どうしてうちの子はできないの?)
小学校に上がっても、Tは相変わらずのマイペースです。
私は、子供の頃から、息子とは正反対の性格でした。一度注意されたことは二度と繰り返さず、常に百点満点じゃないと気がすみませんでした。私が理想としていたのは、周囲が百点満点と評価してくれるような母子です。しかし現実は、「困った息子」に手を焼いて、毎日怒鳴ってばかり――。私は、知らず知らずのうちに、Tのことを心の中で責め続けていました。
そんな日々の中、Tは、次第に何に対しても尻込みをするようになってきました。
一年生の夏休み、アスレチックのある公園に連れて行った時も、いっこうに遊具に向かっていこうとしません。そのうち息子は、ちょっと困難にぶつかっただけで、すぐに「ぼくはどうせダメだから……。」と言うようになりました。

胸にしみ入る総裁先生の言葉

私の心の中は、息子の将来への不安と焦りでいっぱいになっていきました。
その頃、弟が幼稚園に入り、一人の時間が持てるようになった私は、幸福の科学の支部で「罪を許す力」という法話を聴きました。すると、このような言葉が胸にしみ入ってきました。
「人間は、仏の子であると同時に、この世では不完全に生きている、不器用な生き物であることを認めなくてはいけないのです。自分もそうであるし、他の人もまたそうなのです。」
子供の頃から、人に認められたくて頑張ってきた私。でもうまくいかない子育てにイライラしてばかりいた――。自分では認めたくない、そんなダメな私を、仏はあるがままに受け止めて愛して下さっている。
私は、大きな安心感に包まれていることに気づきました。それは、仏に許され、受け止められているという安心感です。
苛立っていた私の心は、次第に穏やかになり、それまで目についてしかたなかったTの行動も、気にならなくなっていきました。
ある時、大川隆法総裁の本『幸福へのヒント』の中に、「子供は親の心の影なのだから、子供を責めずに、まず親から変わっていくべきです。」という言葉を見つけて、Tを責めてばかりで、自分は全然変わろうとはしていなかったこの8年間を、深く反省しました。そして、あるがままの私を仏が受け止めてくださったように、あるがままのTを、私も受け止めてみようと思ったのです。
それからは、自分の心の中にある「ちゃんとできないT」のイメージを打ち消す努力を始めました。「息子にはムリかも。」「ダメかも。」そんな言葉が心に浮かぶたびに、「違う違う、そうじゃない。彼は大丈夫。」と思い直すようにしたのです。

子供を責めない体操の先生

Tが、やがて三年生になる春休みに、体操クラブの短期教室に参加することになりました。体操教室の先生は、子供ができないことを決して責めません。
「Tくんは、体が柔らかいんだね。体操に向いているから、きっと上達するよ。」
絶えず笑顔で励ましの言葉をかけてくれます。私も、あんなふうに、Tの良いところを発見して褒めながら接していけばいいのかな、と思いつつ見学していました。
そして、短期教室の三日目。運動が苦手だったTが、たった三日でさか上がりができるようになったのです。その後、体操クラブに入ったTは、「空中さか上がり」に挑戦。
「そうそう、その調子だ。足を勢いよく上げて!」
先生の指導を受けながら、Tが練習を繰り返します。失敗しても、失敗しても、あきらめず、歯をくいしばって必死に挑戦するT。
(あの子の中に、こんなに頑張る力があったなんて……。頑張れ、T! あと少し!)私は、手に汗を握り、心の中で精一杯応援しました。
次の瞬間、Tの体がきれいにくるっと回ったのです!
「T、すごい! すごい!」
私は、周りの目も気にせず夢中で立ち上がり、手をたたいて喜びました。そんな私を見て、Tも、いつもの何倍もの笑顔で笑っていました。

ごめんなさい、T

子育て体験談|ごめんなさい、T

「Tは、子供の頃のママよりも、ずっと鉄棒が上手だね。」と言うと、彼はちょっと得意そうです。小さい頃から、できないことを責められてばかりで、自分の良さや個性を母親に認めてもらえなかったT。それは、子供にとってどんなにつらいことだったでしょう。やはり、Tが自信ややる気を失っていった原因は、彼自身にではなく、私にあったのです。
(怒ってばかりのママだったね。それなのに、あなたは、いつもおだやかに笑ってくれていた。ごめんなさい、T。私に平和で優しい心を教えてくれて、ありがとう。)
Tへの反省と感謝の気持ちが、胸にこみ上げました。
自分とは違う個性を受け入れてその成長を慈しむという、母親としての大きな幸福を、Tは教えてくれました。あなたのおかげで、ママは少し成長できたのではないかな、と思っています。

オススメ書籍

『幸福へのヒント』(大川隆法 著)

『幸福へのヒント』(大川隆法著/幸福の科学出版)

光り輝く幸福な家庭をつくるために

夫婦円満の秘訣とは? 間違いのない子育てとは? 家庭を明るくするには?
幸福家族のヒントが満載。
あなたの問題にピッタリの解決策が、ここにあります。
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。

関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

子供は「一人の独立した魂」――チック症状のあった息子が、明るく自立した!【体験談】

子供の個性を認めて受け入れることで、息子が自立し、元気になったお話です。
N.Cさん(仮名)(静岡県)・Tくん(仮名・小4)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載・編集


息子にチック症状が……

「息子にチック症状が」イメージ

わが家の長男、Tの変化に気づいたのは、今から6年程前、Tが幼稚園の年長のときです。
ある日、ふと、見ると、片目をギュッとつぶったり、パチパチとまばたきをくり返したりと、ふだんと違う様子が見受けられました。
しばらくして、風邪で病院に行ったとき、小児科のお医者様から「この子は神経質ですか?」と聞かれ、初めてTの症状が「チック」であることを知りました。それ以来、人から見られることが気になり、「イヤだなあ。私の育て方が悪いみたいじゃない……」と思ったのを覚えています。
その後、小学校の担任の先生からも「Tくんはチックが出ますね。お母さんはご存じでしたか?」と聞かれ、(原因は何?何がいけないんだろう)という思いが、心に残って消えませんでした。

心を見つめ、子育ての見直しを

チック症状は、ストレスが体に現れているのだとも聞き、私は、これまでの子育てを一つひとつふり返ってみることにしました。
(……生まれたとき、かわいかったなあ)
――でも、実際は、核家族のうえに主人は仕事で忙しく、私の子育てはスタートから孤独と不安でいっぱいでした。それでも、「頑張ってしっかり育てなくちゃ」という母としての責任だけは、人一倍強く感じていたのです。
私の子育ては、Tのちょっとした成長にも、一喜一憂する毎日になっていました。例えば、体重を計ると、育児書に載っている標準体重のグラフに、数値を重ねて書き込んで見比べ、標準より多い少ないに関わらず、少しでもはみ出していると、それだけで心配に――。離乳食の進み具合や、歩く時期、言葉が出る時期など、常に育児書をチェックし、あらゆることに神経質になっていました。身近に相談相手もいなかったので、私は育児書だけを頼りに子育てしていたのです。
そして次第に、長男であるTへの期待がどんどん大きくなっていったように思います。

「子どもは親の所有物ではない」

私は、何かヒントになることがないだろうかと、幸福の科学で出されている本を取り出してパラパラと読みながら、さらに、これまでの子育てを思い返していきました。
すると、『「幸福になれない」症候群』という本の中にこんな言葉を見つけたのです。
「子供は肉体的にはよく似ていても、魂としては別であるという観点を忘れてはいけないのです」
(子どもの魂は親とは別のもの……)
その部分を何度も読み返しました。そして、Tのことを、まるで、自分の分身であるかのように錯覚していた自分に気がついたのです。
(私は、自分の枠に、Tをはめ込もうとしているのかもしれない……。そのままのTを受け入れなくちゃ。子どもは親の所有物ではないんだから!)私は、Tの魂が苦しんでいることが、やっと分かりました。

息子本来の姿

それからは、努力して、Tと2人の楽しい時間を作り、押しつけるような言い方や接し方を止めて、小さなことでも積極的にほめるようにしました。よい所を見つけて、「すごいね」「よくがんばったね」「いつも優しいね」と言葉をかけます。「これして、あれして」と指示したり、「早くして」とせかしたりしていたことを反省し、こちらからの要求をできるだけおさえ、見守るようにしました。これまでは、いったん約束したことも、「お兄ちゃんなんだから待っててね」と後回しにすることが多かったので、約束もちゃんと守るようにしました。
しばらく続けるうちに、Tに変化が見えてきました。笑顔が多くなり、本当に明るくなっていったのです。伸び伸びとしたTの様子に、「これがT、本来の姿なんだ」と、改めて子供を信じて子育てすることの大切さを実感しました。

伸び伸びと個性を生かして

「伸び伸びと個性を生かして」イメージ

チック症状は、すぐにはおさまりませんでしたが、私の見方はあきらかに変わっていきました。症状が出ると、「ぼく困ってるんだ」「今、不安でいっぱいなんだ」と、Tがサインを出しているんだと思えるようになったのです。私の方が、子どもに教えられているのだと思うと、心が波立たず、気持ちがとても楽になっている自分にも気づけました。
Tは、どんどん元気になり、その年の秋にはチック症状もすっかりなくなりました。自分から手をあげて、全校生徒の前で作文を発表したのもこの頃です。
これからも、息子の個性を伸び伸びと生かして、大きく羽ばたいていけるように、親として支えていきたいと思います。


オススメ書籍

『「幸福になれない」症候群』(大川隆法 著)

『「幸福になれない」症候群』(大川隆法著/幸福の科学出版)

不幸を求めるクセをキッパリやめる方法

幸せになりたいけど、なれない―。あなたも、そんな「不幸パターン」にはまりこんでいませんか? 幸福には法則があります。その法則を28のパターン別に紹介。不幸から脱するためには、まず自分のパターンに気づくことです。
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する


「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。


関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

“アスペルガー症候群”の娘の不登校を克服【子育て体験談】

娘がある日、不登校に。「人生は一冊の問題集」という教えを胸に、不登校を克服した母娘のお話です。
M.Jさん(京都府)・Kさん(小5)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」先輩ママから子育ての知恵を学ぶ「子育て日記」より転載・編集


この子の個性!?

長女のKは、赤ちゃんの頃から私が抱っこしていないと寝てくれず、毎日が大変でした。
看護師の私は、仕事を通して多くの赤ちゃんを見てきましたが、娘は、どこか他の子と違うように感じました。それでも、「この子は、他の子より、ちょっぴり個性的なだけ…」そう、自分に言い聞かせて、一生懸命娘を育てていたのです。

並外れた学習能力

並外れた学習能力

ところが、驚いたことに、人と違うという面は、最初に学習能力として現れたのです。言葉が出るのがとても早く、一才で話し、文字に興味を持ち始めると、短期間の間に漢字まで覚えてしまいました。また、いろいろなことを質問してきては、それをすぐに記憶するのです。
そして、あっという間に自分で本を読めるようになりました。小学校1年生のときには、6年生レベルのものを読むことができ、さらに大人の読むような本にまで興味を示し、学校に上がる前にはインターネットも自由に使えるようになっていました。
ただ、学習能力は高いのに、いくら教えても生活習慣が身に付かないことだけは気になっていました。それでも、学校の成績は優秀でしたので、私は、特に大きな問題があるとは考えていなかったのです。

「人生は一冊の問題集」という教え

ところが、ある朝のことです。3年生になっていたKが「ママ、頭が痛いよ」と言うので、その日は学校をお休みさせました。すると、次の日も今度は「お腹が痛い…」と言い、そのままずっと、登校できなくなってしまったのです。
私は、腰を据えて、じっくりと話を聞いてみることにしました。直接の原因は、担任の先生に「早くしなさい!」と言われたこと。でも、さらに時間をかけて細かな状況をいろいろ聞くと、実は、それ以外にも、友だちとの些細なことでのトラブルが多く、いじめに近いこともされていたのです。
そして、このころ、人にすすめられ小児精神科で診てもらうことに。結果は、その場での簡単なテストで、すぐに「アスペルガー症候群」と診断されました。ショックではありましたが、どこかにホッとした気持ちもありました。
「あなたのしつけが悪いのよ」と、いつも親の私が責められていたので、そのことがこれまでとても辛かったからです。
私はすぐに、アスペルガー症候群について調べました。すると、コミュニケーション下手で、相手の心を読み取ることが苦手だったり、周りの空気が読めないので、マイペースになってしまうなどの傾向が――。ふり返ってみれば、娘の行動に当てはまることばかりでした。
このとき、私の頭には幸福の科学で学んだ「人生は一冊の問題集である」という教えが浮かびました。幸福の科学では、「人生は一冊の問題集であり、それは一人ひとりが自分で努力して解かねばならないもの。そして、その問題は新たな魂修行をするためであるのだから、決してよいことばかりではない」と説かれているのです。
「まず、私がこの子を理解していこう」
私は、この教えをかみしめ、目の前の問題に真剣に取り組む決意をしました。

時間をかけて繰り返し練習する

私は、長年の悩みでもあった娘の生活習慣の訓練を始めることにしました。
今までは「わかるでしょ」の一言で済ませていたことを一から十まで丁寧に説明し、何度でも同じことをくり返し、教えていきました。
毎日、顔を洗って、歯を磨いて、うがいをして……と、付きっきりで促し続けなければなりません。声をかければ「そうやったなぁ」と、素直にやり始めるのですが、放っておくと、顔を洗ったとしても、そのままいつまでもボーッとしているからです。
朝起きて、食卓に座るまでが1時間。食事を始めても、ちょっと目を離すと食べることも忘れて本を読んでいたりと、興味のある方へ、すぐに意識がそれてしまうのです。
また、友だちとの関わり方も、母娘でシュミレーションを行いました。「やめて」と言うタイミングや、何かを断る言い方などを、私が友だちの役をして何度も練習しました。
私は、周りの人たちにも娘のことを理解してもらうことが大事だと考え、学校にも職場にも、友人たちにもKのアスペルガーのことを伝えました。
また、学校に行けない期間、娘の救いとなったのは、幸福の科学の仏法真理塾「サクセスNo.1」でした。みんなが温かく見守ってくれて、ここだけは、喜んで通うことができました。

未来への希望

未来への希望

そんな努力を続けるなかで、娘は2カ月ほどで学校に行けるようになりました。5年生になった今、社会性の部分も、生活習慣もだいぶできるように変わりました。ここまで、2年近くかかっています。
私にとっては、忍耐の連続で、娘に合わせることで根気を養い、自分でもずい分寛容になったと思います。あきらめないで続けることが、どんなに力となっていくのか――、本当に実感させられました。
そして、いかにくり返しの訓練を楽しく続けられるかということが、今でも課題となっています。娘の人並み以上に優れている部分を大事に生かして、社会でお役に立てるように大きく育てていきたいと思います。


オススメ書籍

『大丈夫、不登校は解決できる。』(不登校児支援スクール ネバー・マインド編)

『大丈夫、不登校は解決できる。—学校に復帰したくなる「ネバー・マインド」メソッド—』(不登校児支援スクール ネバー・マインド編 著/幸福の科学出版)

【再登校率96%以上!】

驚異の実績を誇る不登校児支援スクールがはじめて明かす 子供が笑顔と自信を取り戻すミラクル・メソッド
いじめ、ゲーム中毒、障害、学校トラブル、親子の葛藤……パターン別克服事例が満載!
Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する


「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。


関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧

厳しすぎた私の子育て【子育て体験談】

時間にルーズで、マイペースな息子に対し、優しさで見守る子育てを学んだ体験談。
N.Cさん(静岡県)・Tくん(小4)
月刊「ヘルメス・エンゼルズ」先輩ママから子育ての知恵を学ぶ「子育て日記」 Vol.1より転載・編集


マイペースな息子

長男のTはマイペースな性格で、時間にもルーズ。学校に忘れ物をすることも多く、約束を破っても悪びれる様子もありません。
「何回言ったら分かるの! 約束を守れないと、将来、悪いことが起きちゃうよ。」
私は毎日のようにTを叱るうち、いつしか否定的なことばかりを言うようになりました。そのたびにTは、納得のいかない様子で、ぐずったり、いじけたりしていました。
そんな私たち親子に転機が訪れました。今年の夏から、Tが幸福の科学の仏法真理塾「サクセスNo.1」に通いはじめたのです。「楽しかった!」と、元気いっぱいに帰ってきては、「今日は、こういうことで、ほめてもらったよ。」と目をかがやかせるT。
(こんなに素直なTの顔、いったいいつから見ていなかったのかしら。)
しだいに表情豊かに、前向きになってゆくわが子の姿に、私は自分の子育てのあり方を考えさせられました。

厳しすぎると言われた子育て

厳しすぎると言われた子育て

以前から私は、周りの人たちに、「子育てが厳しすぎる」と言われていました。
母から過保護に育てられ、その後、社会に出て苦労した私は、(子どもは厳しくしつけないと、私のように大変な思いをする。)と信じて、これまで子育てに取り組んできたのです。
しかし、Tの変化を見、私はふたたび自分の人生の転機となった大川隆法総裁の著書『限りなく優しくあれ』を読み直してみることにしました。

「他人に対して厳しくなりすぎたりしている自分というものがあるのではないでしょうか。私は、人間はいくら優しくても、優しすぎるということはないと思います。いくら優しく生きても、それで充分だということはないと思います。」

その言葉に、私は数年前、母が病に倒れたときのことを思い出しました。
介護疲れから、身も心もボロボロになった私を励まし、支えてくださった幸福の科学のKさんや、支部の友人たちの優しさが鮮やかによみがえってきたのです。
Kさんは愛の思いで、献身的に母の介護を手伝ってくださり、その支えによって、私は笑顔をとり戻すことができました。
そして、いよいよ病が悪化し、つらい状態だったであろう母も、最期のときまで私に優しく微笑みかけてくれたのです。亡くなる前、母はKさんに「私は子育てをしていたときが、人生のなかで一番楽しかったわ。」と語っていたそうです。
(こんなにたくさんの優しさに包まれて、私はなんて幸せだったんだろう。)
注がれていた溢れんばかりの愛情に、私は母を過保護だと責めていた自分の過ちに気づきました。そして、(私の子育ては厳しさに偏りすぎていた。私も母のような優しい母親になりたい。)という強い思いがこみ上げてきたのです。

優しさを言葉に込めて

それまでの子育てのあり方を反省した私は、まず、Tの話を聞くことから始めようと思い立ちました。
「お帰り。今日は学校、どうだった?」
「お友達と何して遊んだの?」
私が話しかけると、はじめは驚いた様子だったTも、しだいにその日の楽しかった出来事を話してくれるようになりました。そして言いたいことを私に伝え終わると、「じゃあ、宿題あるからがんばるね。」と、自らすすんで、机に向かうようになったのです。
(今までTは私が言わなきゃ何もしない子だと勝手に思い込んでいた。そうじゃなくて、私がこの子の輝きを信じていなかったんだ……。)
今までの息子の態度は、すべて私の心、物の見方の反映だったのです。これまで頭ごなしにTを叱ってばかりいたことを、私は心から反省しました。

魂の輝きを信じて

魂の輝きを信じて

それから私は、Tの魂の輝きを信じて、成長を見守るように努めました。
はじめはもどかしく感じることもありましたが、何か一つでも約束を守れたら、「できたね。」「ありがとね。」と、言葉にするように心がけたのです。笑顔で息子の成長を見守ることができるようになると、よい所をたくさん発見できるようになりました。
私の接し方が変わるのと並行して、Tの心も変わっていき、時に厳しく叱ることがあっても、「うん、ごめんなさい。」と、素直に謝ってくれるようになりました。時間にルーズだった点も守れるようになり、忘れ物をすることも徐々に減ってきたのです。
私に、「優しく生きること」の大切さを教えてくれたT、ありがとう。これからも息子の魂が輝くように見守り、支えていきたいと思います。


オススメ書籍

『限りなく優しくあれ―愛の大河の中で―』(大川隆法 著)

『限りなく優しくあれ』(大川隆法著/幸福の科学出版)

家庭ユートピアとは何か。

家庭が光に満ちたとき、世界が変わる。
霊性の時代を担う女性像のひとつのあり方を示した書。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する


「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。


関連リンク

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」一覧
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU