Archive for the ‘インタビュー’ Category

『仏説(ぶっせつ)・正心法語』は、大川総裁の潜在意識である釈迦如来(しゃかにょらい)の意識でつづられています。仏教の教えの真髄が説かれているこの経文(きょうもん)は、伝統仏教のお坊さんからはどのように見えるのでしょうか? 現役の僧侶であり、幸福の科学の三帰(さんき) 信者※でもあるお二人に、お話を聞きました。(月刊「幸福の科学」第369号より転載・編集)

※幸福の科学で、「仏(ぶつ)・法(ぽう)・僧(そう)」の三宝(さんぽう)に帰依(きえ)することを誓った信者。

伝統仏教のお経と『正心法語』の違い

―お経をあげるとき、伝統的なお経と『正心法語』の違いを感じますか?

B氏(以下B)やっぱり、『正心法語』は仏陀の教えが現代語で書かれているので、読むたびにそこから学べるといいますか、そのときの心境で気づくことや、心に響く言葉が違ってくるんですね。

A氏(以下A)確かに、『正心法語』は経文の意味がストレートに入ってきますね。漢文のお経だと、どうしても左脳を通して入ってくるというか、ワンクッションかツークッションくらいおいてからやっと意味が入ってくるので・・・。

僕は漢文で読んでいるとき、ほとんど思考停止という感じですね(笑)

「大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)」とか、逐条(ちくじょう)解釈はほぼ無理で、お経のテーマをイメージしながら読むくらいしかできないものもありますし。

そう考えると、意味が分かって読めるのはありがたいですよね。

そうですね。とはいえ、大川総裁は伝統的なお経を完全に否定されているわけでなく、「真理を悟っている人が読めば、般若心経(はんにゃしんぎょう)にも効き目がある」とおっしゃっているので、そこにかけています(笑)

確かにそうですね(笑)

あと、伝統仏教との違いで言えば、初めて『正心法語』を読んだとき、伝統仏教の教えと違う部分がなかなか理解できませんでした。

違いと言いますと?

例えば、『正心法語』は「大宇宙に光あり―」という一節から始まりますよね。でも、伝統仏教の教えからすると、「一切皆空(いっさいかいくう)」なので「光」が存在することも認めないことになるんですよ。だから、「空(くう)だから光とかは認めちゃいけないんだ」みたいな。

なるほど。

自分の理解がその段階のときは、幸福の科学で説かれている「与える愛」の教えも、実践できませんでした。

そうだったんですか。

それで、幸福の科学の教学を進めるうちに、「空」とは何もないという意味ではなく、「すべてが仏(ほとけ)の光でできているということなんだ」と、「空」の思想の本当の意味がやっと理解できたんですね。 それからは、伝統仏教の教えのなかに”お釈迦様の本心”を見いだしながら学べるようになったので、理解が深まりました。

法要の前には『正心法語』を読誦(どくじゅ)

―お二人は普段、どんな時に『正心法語』を読みますか?

私は基本的に、毎朝起床後に読んでいます。葬儀や法要がある日は、自室で読み込んでから供養に臨(のぞ)むことが多いですね。


僕は毎日とは言えないのですが、両親が幸福の科学の会員だったので、幼いころから日常的に読んでいました。あとは、大きな法要があるときや、”何かしら”の影響を受けているときに読んでいますね。

何かしら?

僕は結構、体調面に霊的な影響が現れるタイプなんです。例えば二十代のころ、お寺の無縁仏さんのお骨(こつ)を安置している場所を掃除していたとき、「かわいそうだなぁ」と思って般若心経を読んであげたんですね。そうしたら、急に肩が重くなってブルブルッと寒気がしてきて、翌日から高熱を出して寝込んでしまいまして。これは、「憑(つ)かれてしまった」なと・・・。

あぁ、なるほどー(笑)

それ以来、無縁仏さんの周辺を掃除するときは『正心法語』のCDをかけるようになりました。すると、そういったことはなくなりました。

私も普段、庫裏(くり)の自室で『正心法語』のCDをかけています。

あと、毎月お寺で参禅会を開く前に、本堂で『正心法語』のCDを流しておくようにしています。お寺にはお墓もあるので、磁場が良いかは怪しい部分があるので(笑)

そうですね(笑)

CDをかけるようになったところ、参禅会で思いがけない方との縁をいただいたり、檀家(だんか)さん以外の方も来てくださるようになったりと、良い磁場ができて、良いご縁を引き寄せてるのかなと思うことはあります。

―他宗については、どのようにとらえていますか?

幸福の科学の教えは、仏教のみならず他の宗教まで包含しているので、よその宗派やキリスト教とかも含めて、他宗への偏見はないですね。 だから私自身、幸福の科学の教えに帰依しつつも、伝統仏教の僧侶を両立できています。

そうですね。他宗に対して「それぞれ、宗派ごとの良さがあるんだろうな」って、肯定的に考えられます。

江戸時代のお坊さんの本などを読むと、曹洞宗(そうとうしゅう)のお坊さんが臨済宗(りんざいしゅう)で修行したりと、宗派を超えた交流はあったみたいですね。

曹洞宗の僧侶が、臨済宗のお寺の開山になったという話も聞いています。

それが、戦後あたりから宗派ごとの分裂が加速してしまったように感じます。

うーん。

江戸時代や明治時代には、「宗派を超えて共通するお釈迦様の教えを学ぼう」という”通仏教(つうぶっきょう)”という考えもあったのですが、現代では失われてしまいました。そのため、どこも他宗から学ぶことが無くなり、教学が頭打ちになっているように感じます。

残念ですね。

そこに、『正心法語』や幸福の科学の教えが入ることで、仏教界全体が底上げされると思います。だからこそ、幸福の科学の信仰を持っている僧侶の責任は大きいと感じています。 常に、自らを磨きつつ頑張っていきたいですね。

そうですね。たとえ仏教の僧侶としては幸福の科学の教えをストレートに出せなくとも、宗教的なことを語れる立場にいるので、縁ある方々の救済の一助にはなれるのかなと思います。

本当にそうですね。

それに、伝統仏教の僧侶にも真理が分からずに苦しんでいる方が多いと思うので、そうした方々にもお伝えできるよう努力していきたいです

関連記事

「なぜ出家したんですか?」出家者6人へインタビュー【動画】


幸福の科学に奉職することを“出家”と言いますが、出家者たちはなぜその道を選んだのでしょうか。職員6名への動画インタビューを行いました。…
> 続きを読む

中から見た「幸福の科学」を赤裸々トーク 【信者ぶっちゃけ対談】


母親から幸福の科学の信仰を受け継いだY.Sさんと、自分から信仰をつかみ青年部リーダーになったN.Kさん。お2人に、幸福の科学について語ってもらいました。…
> 続きを読む

新メンバーの幸福の科学体験記【入会者インタビュー】


幸福の科学に入るとどうなる? 宗教に入るメリットって何?ネット入会したばかりのおふたりが体験した「幸福の科学」について、座談会形式で本音をうかがいました。…
> 続きを読む

宗教のイメージはお金?洗脳? 幸福の科学の実際はどう?【入信1年後インタビュー】

入会したばかりのお気持ちを聞かせてくださった方に、時期を置いて再度インタビューを行いました。 お金がなくなるんじゃないか、洗脳されるんじゃないかと、入る前は「宗教嫌い」だったというNさん。実際に幸福の科学に入って…
> 続きを読む

幸福の科学の支部ってどんなところ? 支部長への一問一答も!【支部体験レポート】

幸福の科学は、集いや活動の拠点である支部を全国・全世界に展開しています。支部は“心の広場”として、たくさんの方に向けて開かれていますが、実際に訪問したことがない方にとっては、どんなところなのか、イメージが湧きづらいのではないでしょうか。…
> 続きを読む

幸福の科学の精舎ってどんなところ? 出家者への一問一答も!【精舎体験レポート】

幸福の科学は、祈願や研修を行う宗教施設である精舎を全国・全世界に展開しています。精舎や正心館(しょうしんかん)(大型の精舎のこと)はとてもキレイな建物なので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。…
> 続きを読む

幸福の科学の会員信者のなかでも、23~35歳の年齢層のメンバーで構成されているコミュニティを「青年部」と言います。
今回は、青年部のメンバーにフォーカスし、青年信者の活動や普段の生活についてうかがいました。

お話をうかがったのは・・・

冨正人さん(28歳)
東京都在住。大手重機メーカーに勤務するエンジニア。幼少期より幸福の科学の二世信者として過ごす。「最近、自炊をはじめました。よく作るのはえのきの肉巻きです。出し巻き卵が上手に巻けるようになるのが目下の目標です」

浜島未帆さん(25歳)
東京都在住。飲食関係の仕事に就いている。幼少期より幸福の科学の二世信者として過ごす。「まとまった時間が取れたら、『小浜島』という沖縄の島に行って、海辺で星を眺めて過ごしてみたいと思っています。自分の苗字(浜島)に似ているので、勝手に親近感を感じてるんです(笑)」

Q.幸福の科学の青年部に参加したきっかけは?

冨さん:学生時代にお世話になっていた幸福の科学の職員さんから「青年部の合宿があるからおいでよ」と誘われたのが最初でしたね。そこで知り合った先輩を皮切りに、「こんな人と会ってみたら?」と、次々に知り合いを紹介してくれるので、どんどん人とつながっていったんです。

浜島さん:私はあまり学生部では活動していなかったんですが、働きはじめてしばらくした頃、所属する 支部の近くに同年代の女性が引っ越してきたんです。その人は青年部の活動家で、「女子会をするから来ない?」と声をかけてくれました。その集まりに参加して、私にとってはじめて幸福の科学で同年代の知り合いができたんです。顔見知りができたので、次の集まりにも行きやすくなって、すぐに仲良しの子もできるようになって・・・それがはじまりですね。

Q.青年部に参加してよかったことは?

冨さん:青年部は、同じ幸福の科学で学んでいる同年代の仲間です。同年代だからこそわかる気持ちがあるし、いろんな不安が解消していけると思います。

浜島さん:私、青年部のことが、もう大好きなんですけど、みんな仲がいいんですよ。みんな人のいいところを見つけるのが上手だし、やさしいし。そんな先輩たちの姿を見て、「私もこんな人になりたい」って思えたし、実際に人への接し方が変わって、職場でもいい関係が築けるようになったんです。

↑ 浜島さん愛用のリップは、青年部の友人から誕生日にプレゼントされたもの。浜島さんの名前が刻印されている。

冨さん:青年部に来るようになって「自分が成長した」と感じる人は多いと思います。僕のまわりでも、人見知りで消極的だった人で、定期的に青年メンバーと会ううちに表情が明るくなって、自分から支部活動のお手伝いをしたり、自分でも友人を連れてくるようになった人がいますよ。それから、青年部活動をするようになってから、営業成績が一番になって役職が上がった、なんていう人もいます。

浜島さん:いいところがあったら真っすぐに褒めてくれる人が多いので、自分の強みに気づけると思います。私も、自分の強みをどうやって仕事や人生に生かしていけるだろうかって考えられるようになりました。

仕事をしていると、優秀な人と自分を比べたり、上司に怒られたり、「自分は全然できないんじゃないか」って落ち込むこともたくさんありますよね。でも、一人ひとりを認め合っている青年部に来ると、「自分もまんざらじゃない」と自己否定のループから脱出できるし、人と話すのが楽しいと思えるんです。

冨さん:「あの人元気にしてるかな?」と電話しようと思ったら、その相手から電話がかかってくる、なんてことがしょっちゅうあるんですよ。まさに以心伝心で、青年部の仲間とはつながっているなと思いますね。

Q.青年部の魅力はなんですか?

冨さん:「人」そのものが魅力ですね。いろんな考え方をもっていて、仕事も立場もさまざまな人と出会えるんです。明確に目標をもって努力している人と話すと元気になれますし、切磋琢磨できる関係だと感じます。みんな共感や感謝の気持ちをもっているから、「今日はありがとう」ってすごく自然に言える人ばかり。だから信頼して相談できるんですよね。「なんでそんなに知り合いがいるの?」とよく聞かれるほど、青年部に参加したことで友人には恵まれました。

浜島さん:まず、みんな夢や自分の理想とするものをちゃんともっているということ。それから、神様の前では心のなかのことまでガラス張りで見えていると知っているから、みんな本当にやさしくて、心の底から受け入れてもらえるという安心感があること。すごく心強いですし、かんたんには崩れない強いつながりがあるんです。

冨さん:同じ信念をもっているという信頼があるから、違う県に住んでいても仲良くいられるし、近くの仲間たちとは毎週のように会っています。予定を合わせて精舎に研修に行ったり、ご飯に行ったり、一緒にジムに通う友人もいます。

冨さんと友人たちの間で定期的に開催しているという、男性メンバーだけの飲み会、通称「男塾」の様子。

Q.普段はどんな活動をしていますか?

冨さん:僕たちがやっている幸福の科学の活動って、まだ幸福の科学を知らない人に、その教えを知ってもらう活動なんですね。仕事、恋愛、人生設計、お金など、この世代に共通してみんなが迷っていることや悩んでいることについて、自分が学んで気持ちがスッキリした部分を伝えて、心の重荷を軽くするお手伝いがしたいんです。

それから、幸福の科学は青年層が活躍できるテーマが多いので、たとえば、幸福の科学の映画を盛り上げるための企画をしたり、政治活動に参加したりもしますよ。

浜島さん:私は、普段は支部に通って、布教誌を配ったり、幸福実現党の街宣に参加したりしています。青年部の企画だと、この前はみんなでお好み焼きパーティーをしました。支部をお借りして、大川総裁の法話の拝聴会をして勉強したあとでみんなでワイワイとお好み焼きを焼いたんです。青年部の集まりはだいたい月に1~2回のペースで開催されているかんじです。

Q.日々の信仰生活について教えてください


(上)通勤時間には大川総裁の法話を聴く。
(下)夕食はなるべく自炊。

冨さん:疲れ切っている日は無理ですが、基本的には朝と夜にお祈り(会員信者にのみ授与される根本経典『正心法語』の読誦)をしますね。あとは、通勤時間に大川総裁の法話を聴いて、心を整えるようにしています。

↑ この日は支部の方たちと幸福実現党のポスター貼りを行った。

浜島さん:一日のはじまりと終わりにお祈りをしているのと、新しく説かれた法話や、新刊書籍はできるだけチェックするようにしています。信仰をもっていると、小さなことにも感謝できるようになって、ごはんが美味しいことや、毎日仕事ができることなど、当り前のようなことの一つひとつが幸せだなぁと、しみじみ感じています。

Q.新しく信者になった同年代の方へメッセージを
お願いします

浜島さん:青年部で活動するのはすごく楽しいし、本当の人のやさしさに触れたなら、自分も人にやさしくしたくなる。青年部は、新しい自分を発見できるし、それが必ず幸せにつながる場所です。どんな人たちがいるんだろうって興味をもってもらえたら嬉しいし、信仰がまだわからないと思う人でも、ぜひ来てもらいたいです。

冨さん:青年部では、会う人、会う人と出会いがあるし、必ず自分と気の合う人に出会えるのは間違いないです。世の中の凝り固まった物差しとはまた違った尺度で物事を考えている同年代がここにいます。人と出会う楽しさを、ぜひとも実感しに来てほしいです。

――お話を聞かせてくださり誠にありがとうございました!

幸福の科学 青年部のご案内

青年部に興味のある方は、お名前、年齢、メールアドレス、電話番号を記載の上、以下の青年局公式メールアドレスまでご一報ください。
青年局の担当職員よりご連絡させていただきます。

青年局 公式メールアドレス

seinen777@gmail.com

<青年メンバーのおすすめスポット>
ヤング・ブッダ渋谷精舎

学生・青年向けの研修や祈願が数多く開催されているヤング・ブッダ渋谷精舎。都会のパワー・スポットとしてたくさんの青年たちが活用しています。
また、朝の祈りの中で、日替わり瞑想実修を開催しています(10/18~)。どなたでもご参加いただけますので、お気軽にお越し下さい。
※朝の祈り 10:30~11:00(開館日は毎日開催)

幸福の科学ヤング・ブッダ渋谷精舎
アクセス:東京都渋谷区鶯谷町3-12
月曜休館(月曜祝日の場合は翌日休館)

入ってすぐのフリースペースは落ち着ける雰囲気。

礼拝堂で毎月7がつく日に行われる式典の様子。

「仕事で行きづまったときや、知恵がほしいなと思うとき、精舎に研修を受けに来ます」(浜島さん)

「ふらっと立ち寄って、ここ(2階のフリースペース)で1時間ぐらい本を読むのが好きです。9階の礼拝堂も、心を落ち着ける場所として使わせていただいています」(冨さん)

ご案内

公式サイトの入会案内ページではチャットサービスを開始しました。入会したいけれどまだ迷いがある……そんな方は、どうぞ不安な気持ちをお聞かせください。スタッフがお答えさせていただきます。

関連記事

中から見た「幸福の科学」を赤裸々トーク 【信者ぶっちゃけ対談】


母親から幸福の科学の信仰を受け継いだY.Sさんと、自分から信仰をつかみ青年部リーダーになったN.Kさん。お2人に、幸福の科学について語ってもらいました。…
> 続きを読む

宗教のイメージはお金?洗脳? 幸福の科学の実際はどう?【入信1年後インタビュー】

入会したばかりのお気持ちを聞かせてくださった方に、時期を置いて再度インタビューを行いました。 お金がなくなるんじゃないか、洗脳されるんじゃないかと、入る前は「宗教嫌い」だったというNさん。実際に幸福の科学に入って…
> 続きを読む

幸福の科学の支部ってどんなところ? 支部長への一問一答も!【支部体験レポート】

幸福の科学は、集いや活動の拠点である支部を全国・全世界に展開しています。支部は“心の広場”として、たくさんの方に向けて開かれていますが、実際に訪問したことがない方にとっては、どんなところなのか、イメージが湧きづらいのではないでしょうか。…
> 続きを読む

幸福の科学の精舎ってどんなところ? 出家者への一問一答も!【精舎体験レポート】

幸福の科学は、祈願や研修を行う宗教施設である精舎を全国・全世界に展開しています。精舎や正心館(しょうしんかん)(大型の精舎のこと)はとてもキレイな建物なので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。…
> 続きを読む

幸福の科学に奉職することを“出家”と言いますが、出家者たちはなぜその道を選んだのでしょうか。職員6名への動画インタビューを行いました。

MISSION―出家者インタビュー【幸福の科学グループ】

MISSION―出家者インタビューPart2【幸福の科学グループ】

 

【動画に登場した出家者】

※所属や役職はインタビュー時点のものです。

七海ひろこ(幸福実現党 財務局長/会社員→2009年出家)

「なぜ出家したんですか?」出家者6人へインタビュー【七海ひろこ】

「もともと人生の選択肢に”出家”はなくて、いま出家させていただいていることが不思議なくらいです」「幸福実現党が立党すると聞いて、すぐに出家する決意ができました」

「一人でも多くの方に幸福実現党の魅力を知ってもらうために、もっと前に出て、もっと動かなきゃいけない。そこについては無限の努力の余地があります。もっといっぱいの人に会って、もっといっぱい伝えたいです」

桜沢正顕(幸福の科学学園那須本校 教諭/教師→2008年出家)

「なぜ出家したんですか?」出家者6人へインタビュー【桜沢正顕】

幸福の科学学園の中学・高校ができますと聞いて、これは私の第二の人生で、自分の使命を果たせるのはそこかなと思いました」

「信仰を持って、なんらかのお役に立ちたい、世の中に貢献したい、リーダーとして何かを成したいという子があふれていたので、授業においても部活においても食いつきが違うんですよね。学んだことを自分の人生にどう生かすかという視点で食いついてくるので非常にやりがいがあります」

「自分の使命を果たせる生きがいの場を与えていただいて本当に感謝していますし、日々エネルギーに満ちて仕事をさせていただいております」

綾織次郎(常務理事(兼)HSU講師(兼)「ザ・リバティ」編集長/マスコミ→2001年出家)

「なぜ出家したんですか?」出家者6人へインタビュー【綾織次郎】

「大学四年のときに新聞社への就職が決まって、内定の連絡をもらった次の日に幸福の科学の教えに出会いました」「大川総裁『常勝思考』を見つけて読んでみて、これはすごいなと思った」

『ザ・リバティ』は幸福の科学的な価値観に基づいて、報道されているところの価値判断を示して、正していくというのが一番大きなミッションですね」

掛川圭太(東京南部支部 支部長/2013年出家)

「なぜ出家したんですか?」出家者6人へインタビュー【掛川圭太】

「年齢も、性別も、職場環境や家庭環境も違う方々が、共通して心の教えを学ぶことによってそれぞれの課題を解決していく。そういう力がこの宗教にはあると感じた」「より直接的に多くの方のお役に立てる仕事ができると思って、出家という志を立てさせていただきました」

「365日24時間、誰から見られても恥ずかしくないような、その生き方自体が指針になるような、そういう生き方をしていかなければいけないなと、出家者になって改めて深く感じたところです」

斎藤愛希子(メディア文化事業局(兼)ARI Production(株)/2016年出家)

「なぜ出家したんですか?」出家者6人へインタビュー【斎藤愛希子】

「大学選びの時も、もともと外交官になりたくて、政治系や国際系の大学を考えていたんですけど、もっと人間の本質に携われる仕事をしたいという気持ちが少しずつ出てきました」「出家は、心の底から“人のためになれる自分になる”というところも仕事に入ってくるのがすごく魅力的だと思いました」

「この思想に触れたことによって、人の人生が大きく変わっていく瞬間をすごく見させていただきました。マイナス思考だった方がポジティブに変わって、本当に笑顔があふれるようになったりとか・・・ものすごく感動して、嬉しかったです」

岸本新之助(国際本部/2007年出家)

「なぜ出家したんですか?」出家者6人へインタビュー【岸本新之助】

「カトリック、プロテスタント、いろいろな方にお会いして法を伝えていきます。人種や国、言語が変われど、人は変わらないですね」「苦しんだり、喜んだり、問題を解決していく中で共に向かい合っていくんですけど、その人の信仰、神との出会いの瞬間があって、自分の人生の問題を解決する知恵を得てパッと道がひらけた瞬間はものすごく笑顔になります」

「その人が幸福になれる瞬間に立ち会える、これは本当に人生の宝だなって思ってます」「幸福の科学の教えを実践された方は驚くほどに変わるんですよね。本当に別人のようになっていく。そして同じ問題にはもう悩まないんです。そういう奇跡を起こせる力が幸福の科学の教えにはあると思います」

関連記事

中から見た「幸福の科学」を赤裸々トーク 【信者ぶっちゃけ対談】

母親から幸福の科学の信仰を受け継いだY.Sさんと、自分から信仰をつかみ青年部リーダーになったN.Kさん。お2人に、幸福の科学について語ってもらいました。…
> 続きを読む

宗教のイメージはお金?洗脳? 幸福の科学の実際はどう?【入信1年後インタビュー】

入会したばかりのお気持ちを聞かせてくださった方に、時期を置いて再度インタビューを行いました。 お金がなくなるんじゃないか、洗脳されるんじゃないかと、入る前は「宗教嫌い」だったというNさん。実際に幸福の科学に入って…
> 続きを読む

幸福の科学の支部ってどんなところ? 支部長への一問一答も!

幸福の科学は、集いや活動の拠点である支部を全国・全世界に展開しています。支部は“心の広場”として、たくさんの方に向けて開かれていますが、実際に訪問したことがない方にとっては、どんなところなのか、イメージが湧きづらいのではないでしょうか。そこで、実際に支部を訪問し、これまでにお問い合わせで寄せられたことのある質問を、支部長への一問一答というかたちで直撃レポートしてみました。
> 続きを読む

幸福の科学の精舎ってどんなところ? 出家者への一問一答も!


幸福の科学は、祈願や研修を行う宗教施設である精舎を全国・全世界に展開しています。精舎や正心館(しょうしんかん)(大型の精舎のこと)はとてもキレイな建物なので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。精舎は、会員信者でない方も訪れることができます。
> 続きを読む

関連リンク

幸福の科学の体験談一覧
よくある質問(FAQ) 入会について

「凡事徹底(ぼんじてってい)」── これは、人生に奇跡を起こす”魔法”の言葉です。それは、「大事なこと」の習慣化で非凡な成果が出る、ということ。イチロー選手しかり、マンガの神様・手塚治虫しかり…。

デキる人は、この「凡事徹底の習慣」で絶大な成果を上げています。でも、普通は「そもそも続かない」「続いても上手くいかない」もの。まずは以下のタイプ分類で、自分をチェックしてみましょう。

A 意志の弱い流されタイプ

□「友達に誘われたら、つい乗ってしまう」
□「何かを頼まれると、そっちを優先する」
など、まわりの意思を優先しやすいタイプ。続かないのは他人のせいと思いがち。

B 無自覚な「うっかり」タイプ

□「会社周辺に引っ越して、早起き習慣消滅」
□「電車通勤でなくなり、読書習慣が消える」
など、環境の変化ともに、いつの間にか習慣が消えていくタイプ。

C 成長できない「適当」タイプ

□「長年やっても料理が上手くならない」
□「何年ピアノを弾いても上達しない」
など、続けても成果が出ないタイプ。基本的なこと(凡事)をおろそかにしがち。

3つのタイプ毎に、すぐに実践できる工夫をご紹介。悪い傾向性を克服して「習慣化のコツ」を覚えれば、きっと人生が好転する魔法が起こるはず。

流されやすいAタイプは…「継続」の徹底

努力を継続するために、カレンダーを使ってみよう。寝床の横に置いて毎晩「できたか、否か」を〇×で記入。〇が増えていくことを喜ぶのが大事。

うっかりなBタイプは…「計画」の徹底

続けたい習慣を書き出して、毎日のスケジュールのなかに組み込もう。無理なくできるレベルで計画を立てておくことが、長く続くコツ。

ちょっぴり雑なCタイプは…「基本」の徹底

ものごとの上達のコツはとにかく基本の徹底。まずは基礎・基本を「当たり前にできる」ところまでマスターしよう。しっかりした実力が身につくはず。

プロに聞く凡事徹底

20年近く天井画家として活動を続けているプロの芸術家の方に、どんな凡事徹底を続けているのかを伺ってみました。(What’s 幸福の科学 Vol.99より転載・編集)

天井画家 小川 淳さん
1960年愛知県生まれ。東京芸術大学油画科卒。
1984年、パルコオブジェ大賞受賞。1995年、富嶽ビエンナーレ優秀賞受賞。現在、天井画家としてホテルやレストランなどに天井画を描き続けている。

天井画家の私にとって、「いかにしてクライアントの満足度を80点から100点に引き上げられるか」というところに凡事徹底の努力があります。納期やコストとにらみ合いなら、いかに妥協せずにクライアントの要望を伺い、満足度を上げられるか、ということです。

私が心がけているのは、「静かな心のキープ」です。実務的問題は多々あるにせよ、「残りの20点」を詰めるには、修正に対応する「気持ちの余裕」が重要だからです。気持ちの余裕がなくなると、自分の仕事を客観的に見られなくなり、詰めが甘くなりがちです。そうならないために私は、「仕事を振り返り、過去と同じ失敗パターンに陥ちいっていないか点検する」という「瞑想的な時間を取る習慣」を毎晩続けています。

また朝には、神仏などの目に見えない霊的存在や、仕事を与えてくれたクライアントへの感謝の祈りをして気持ちを清浄にした後、「やるべきことを書き出したリストを眺めて、今後の作業工程をイメージする」ことを続けています。これらを続けるうちに、仕事を客観視できるようになり、実務的なミスは減っていきました。

もう一つ大事なのはモチベーションの維持で、私は「常に夢を忘れない」ということを心がけています。小学生時代に現代美術のあり方に疑問を感じて以降、私は「次の時代の美術を開きたい」という夢をずっと抱き続けてきました。まだ目標ははるか遠くですが、こうした夢があるからこそ、私は今日も、よりよいものを目指して絵を描き続けているのです。

小川さんの凡事徹底POINT

1 毎晩、「瞑想的な時間」を取る。

2 毎朝、「今日やること」をイメージングする。

3「常に夢を忘れない」ことを心がける。

これを読めば努力したくなる!「凡事徹底」シリーズ

『凡事徹底と静寂の時間』

◆人生の質を高めたい人、必読の一書。忙しい現代社会の中で、「坦々(たんたん)とした積み重ね」や「静寂の時間の確保」によってどれだけ人生が変わるかを、著者の実体験を交えて説く。

『凡事徹底と成功への道』

◆成功しつづける人が実践している「基本動作」とは? すべての世界で共通する、一流となるための法則を解説。

『凡事徹底と人生問題の克服』

◆人生のつまずきの原因になる「実務」「人間関係」「家庭と仕事のバランス」の悩みに、合理的に解決策を提示する。

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU