Archive for the ‘インタビュー’ Category

YB channelでは、人生の先輩に成功の秘訣や人生の教訓を聞く「私のYB時代」のインタビュー動画を公開しています。
今回は、福井県の油あげレストラン、谷口屋の社長、谷口誠さんにお話を伺いました。

大正14年、谷口さんの祖父が始めた谷口屋は、大きな油あげが名物の豆腐屋。
1995年には谷口さんが日本で唯一の「油あげレストラン」をオープンしました。
その評判は全国に広がり、休日には待ち時間が3時間になることも。
その成功の秘密を、谷口さんの人生とともにひもといていきます。
(※本記事は小冊子「ヤング・ブッダ」6月号(No.174)より転載・編集)

豆腐屋の跡取りとして

01:15 豆腐屋が嫌いだった幼少期
02:13 豆腐屋に対する見方の変化

実家は、福井県坂井市の竹田という山村で小さな豆腐屋を営んでいました。両親が毎朝、午前2時に起きて作る「竹田の油あげ」は、サクサク、ジューシーで、地元ではとても評判でした。しかし、小学生のとき友人に、「お前、油の匂いがするな」と、からかわれたことがきっかけで、豆腐屋を「かっこ悪い」と思うようになったのです。そして、将来は違う職業に就こうと決意しました。

しかし、食全般に興味があったため、高校は農業高校に入学。実習でパンや味噌などを作り、食品加工の基礎を学びましたが、卒業後は叔父の勧めで郵便局に就職しました。

26歳のときに保険の営業担当になると、豆腐屋への見方が変わる最初の転機が訪れました。実家の近隣を営業で回ると、お客様が皆、うれしそうに実家の油あげの話をしてくれるのです。

「うちの孫は、あんちゃんのところの油あげしか食べないのよ」
(……親父とお袋は、いい仕事をしてるんだな。豆腐屋は、かっこ悪くないのかもしれない)

それからは、お客様からの依頼もあって、週末には油揚げの配達を手伝うようになりました。やがて母から、「あんたも練習しなさい」と言われ、油あげ作りの修業も始めました。

見返りを求めない心

03:36 人生を変える転機
04:36 与える愛に心を動かされる
05:55 両親から学んだ「与える愛」

平日は郵便局員、土日は家業を手伝いながら11年経ちました。

(定年になったら細々と豆腐屋をやろう)

そう考えていた私に、再び価値観を変える出来事がありました。妻の勧めで、幸福の科学に入信し、そこで大川隆法総裁の著作『常勝思考』と出合ったのです。書籍には、見返りを求めない「与える愛」の大切さが書かれていました。私は毎日、夜中に淡々と油あげを作る両親の姿と、それを楽しみにしているお客様の姿を思い出しました。

(親父とお袋は、「与える愛」を実践しているんだ)

豆腐屋の仕事に誇りを感じて、40歳のとき、ついに家業を継ぐことを決意しました。

唯一無二のレストラン

07:28 レストラン開業のきっかけ
09:26 油あげがふくらまない
10:12 思いもよらない原因

店で働き始めると、気になることがありました。当時は店と住宅を兼ねていて、食事をする場所がなく、お客様は狭い玄関で油あげを食べていたのです。私はそれを申し訳なく思いました。

(できたての油あげを、ゆっくり食べてもらいたい!)

翌年、店を移転して工場併設型のレストランを開業。

しかし、オープン当初、油あげがふく/rt>らまない事件が起きたのです。いくら作っても廃棄になり、開業費の返済を考えると不安で仕方ありませんでした。解決策を探すため、私は同業者に意見を尋ねて回ることにしました。すると、水質に原因があると分かったのです。すぐに水質改善のための機械を導入すると、油あげは以前の大きさに膨らむようになりました。

大変な事件でしたが、豆腐屋としてのプロ意識がさらに高まった貴重な経験でした。

油あげを、世界へ

12:27 谷口屋が大切にしていること
13:24 今後の目標
15:02 成功の秘訣

店の評判が口コミで広がり、日本全国、海外からも多くのお客様に来ていただけるようになりました。2004年以降はありがたくも、ほぼ毎年テレビに出演させていただいています。
 
私の目標は、家族団らんの食卓を地域へ、日本へ、そして世界へ広げていくことです。「谷口屋の油あげがいい」と言ってくださるお客様のためにも、社員一同、真心を込めて油あげをお届けしたいと思います。世界への挑戦はこれからです。若い人たちも一緒に頑張りましょう!

15:34 『勇気の法』抜粋


動画で紹介された書籍

『常勝思考』

『常勝思考』(大川隆法著/幸福の科学出版)

成功からも失敗からも教訓を学びとり、人びとを導いていける人間へと成長していくための運命開拓法。それが常勝思考だ。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『勇気の法』

人生のあらゆる困難や挫折に打ち克ち、たとえ失敗しても何度でも立ち上がれ。混迷を極める現代において、あなたが成すべきこととは何か。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

YB channel紹介

学生と青年のための幸福の科学の小冊子「ヤング・ブッダ」編集部によるYouTubeチャンネル。誌面の特集やインタビューが動画でもお楽しみいただけます。

関連リンク

月刊「ヤング・ブッダ」

大川隆法総裁は2010年より、法話や宇宙リーディングを通して「宇宙の法」を説き続け、他の星の文化や高度な科学技術などを明らかにしてきました。小惑星探査衛星「はやぶさ」のイオンエンジンや、超小型人工衛星の開発などに携わってきた、HSU(※1)未来産業学部佐鳥プロフェッサーに、科学者から見た「宇宙の法」の価値について聞きました。

プロフィール

佐鳥新(さとりしん)
(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ未来産業学部プロフェッサー・北海道衛星株式会社代表取締役)
1964年生まれ。筑波大学自然学類卒業、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻を修了し、反物質推進の研究で博士号を取得。宇宙科学研究所(現JAXA)で小惑星探査衛星「はやぶさ」のイオンエンジン開発に携わる。その後、北海道科学大学教授などを務め、2015年4月より現職。

月刊「幸福の科学」379号より転載・編集
※1:ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)は、幸福の科学が運営する「高等宗教研究機関」です。現在、千葉県長生郡と東京都江東区の2カ所にキャンパスがあります。

—科学者として、「宇宙人リーディング」をどのように見ておられますか?

佐鳥さん(以下佐) 宇宙人リーディングは、さまざまな星から来た宇宙人によって、母星の様子や彼らの持つ科学技術など、他では知り得ない情報が数多く語られているので、非常に知的好奇心が刺激されます。

特に、宇宙人たちが「ワームホール(※2)を使った長距離移動」「タイムスリップ」などについて語っているところは、地球においても「未来科学」を実現していくヒントが多数含まれており、研究する上で非常に参考になっています。

また、今までにない新しい考え方や視点を得られたこともあります。例えば、「三次元の物質を四次元以降の物質に置換させて、作用させた後にまた三次元に戻す」というような、時間や空間を超えて考える視点は、大川総裁の宇宙人リーディングや宇宙の法を学んだからこそ得られたものです。

※2:2つの離れた領域を直接結びつけるトンネルのような時空構造。このトンネルを通過すると、理論上、光よりも速く時空の2点間を移動できると考えられているが、その存在は確認されていない。

唯物論者だった私が信仰者に変わった理由

佐 また、宇宙人リーディングを学んで、長年の疑問が解けたこともあります。

—疑問とは?

佐 私は4、5歳のころから、
「なぜ僕は、こんなに技術の遅れた星にいるんだろう。早く外に飛び出したい」
と思うことがあり、それが自分でも不思議だったんです。

しかし、大川総裁の宇宙人リーディングを学ぶなかで、今は地球人であっても、過去をさかのぼると「別の星で宇宙人として生きていた人」が多数存在していると知り、
「自分も宇宙から来た魂だから、あんな風に考えたのかもしれない」
と思い当たって、疑問が解けたんです。

私の研究仲間にも、
「自分は宇宙船で地球に飛来して、人間の赤ちゃんの体に入った記憶がある」
という方がいますが、彼もきっと宇宙人の魂を持っている一人なのだと思います。

—「宇宙人リーディング」は、大川総裁の霊能力によるものですが、もともと霊的なことは信じていましたか?

佐 いえ、実は私は、幸福の科学に出合うまで、完全な唯物論者だったんです。「神様はいてもいいけど、自分とは関係ない」というスタンスでした。
しかし、大学院時代に友人から大川総裁の書籍『ユートピア価値革命』(会内経典)を献本されまして。彼に促(うなが)されて読み始めたところ、「心の透明感」というワードや、自分の可能性を高めてくれそうな内容に心を惹(ひ)かれて、少しずつ幸福の科学の教えを学ぶようになっていきました。

2年くらいは、まだ唯物的な考えが残っていたと思いますが、学びを深めるうち、時折、幽体離脱(※3)して宇宙を見たり、霊界に行って霊人と対話したりと、神秘的な体験をするようになったんです。そうしたなかで、次第に霊的世界への確信が深まっていきました。

※3:魂が体から抜け出し、あの世の世界などでさまざまな経験をすること。

宗教修行と科学の関係性

佐 また、日常的に宗教修行を重ね、幸福の科学の研修で心を磨いていくうちに、瞑想のなかで研究の「答え」をもらえることも増えました。
北海道科学大学で超小型衛星用の新エンジンを開発していたときのことです。思索(しさく)に没頭していると、フッと意識が体から抜けて、いわゆる“イデアの世界 ”とでも言うべき空間にいたんです。

—どのような状況ですか?

佐 説明が難しいのですが、ドームのような空間に私の意識だけがあり、そこを観察していくと研究の答えがあるんです。そして意識が体に戻ったら、見てきた答えを紙に書き取るという感じです。現在研究しているハイパースペクトルカメラ(※4)も、こうした体験のなかで掴(つか)んだものです。

—心の修行が研究成果につながっているんですね。

佐 もちろん、日頃から研究の努力を重ねていることを前提として、反省を通して自分の心が透明になってきたときにのみ、そうした体験が可能になると思います。逆に、「自分が評価されたい」「人と差をつけたい」という執着や、自我の心が強いときはできません。
その意味で、科学者にとっても、宗教修行で心を磨くことは非常に大切ですね。

—佐鳥プロフェッサーが考える宗教と科学の関係性とは?

佐 例えば宇宙人リーディングでは、

「UFOが突然姿を消したり、ワープ航行をしたりする際には、この世の物質存在を、あの世の霊存在に移行させる技術を使っている」

と教えていただいています。「目に見える物しか信じない」という唯物的で狭い考えに固執していたら、こうした未知なる技術の研究は進まないでしょう。

私は、宗教とは、「科学が到達していない未知の法則や超自然的な存在について、数式ではなく普通の言葉で教えてくれるもの」だと思います。これに謙虚に耳をけていくなかに、現代科学の限界を突破する道があると信じています。

また、これはHSU生を指導していて感じることですが、あの世や神様を信じていると、「自分の研究を多くの人の役に立てたい」「文明の進歩に貢献したい」という「利他の心」が強くなるように思えます。そういう学生は非常に成長が早く、HSUでは、二年次から大学院レベルの研究に取り組み、学会に出て研究成果を発表している学生もたくさんいます。

今後、宇宙人リーディングで示された「科学の可能性」をヒントに、未来科学を現実化する理論や技術を発見して、地球の文明を一層発展させていくのが、私やHSU生たちの使命だと考えています。

※4:佐鳥プロフェッサーが開発した、肉眼では捉えられない“光の波長 ”を計測できるカメラ。医療や化学、農業など、さまざまな分野での活用が期待されている。

月刊誌378号 2宇宙工学研究サークル(佐鳥プロフェッサーの指導の下、多くのHSU生が“未来を拓く科学 ”の研究に励んでいる)

大川隆法総裁の霊言&リーディングで“未来の科学技術”を先取り

大川総裁は宇宙人リーディング以外にも、科学者や研究者などの霊言・リーディングを多数収録し、「光速を超えるための理論」や「 原子力の先にある新エネルギー」、「 地球の自転を利用した長距離移動法 」など、現代科学の常識を打ち破り、新たな未来を拓くさまざまな発明のヒントを明かしている。

関連記事

「遠くて近い、宇宙の話。」知っておきたい宇宙人基礎知識/地球に飛来している宇宙人/地球が侵略されない条件


映画やアニメではおなじみの「宇宙」。最近では、アメリカのトランプ大統領が「宇宙軍」を創設する大統領令を発表して、SFの世界が現実になろうとしています。…
> 続きを読む

【キャラクター相関図】映画「宇宙の法―黎明編―」で、あなたも宇宙を体感しよう!


“宇宙人事件”から3年、レイたちは惑星連合の依頼で、悪質レプタリアンの侵略から地球を守っていた。…
> 続きを読む

医療革新への挑戦【体験談】


世界の医学は「霊性」を認めている
「霊性(スピリチュアリティ)を前提とした視点を持ち、ポジティブな考え方をすれば幸福な人生が開けてくる」。これは…
> 続きを読む

関連リンク

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧
幸福の科学出版
幸福の科学の研修施設(精舎)
幸福の科学 機関誌 隔月刊「ザ・伝道」一覧

大川隆法総裁は2010年より、法話や宇宙リーディングを通して「宇宙の法」を説き続け、他の星の文化や高度な科学技術などを明らかにしてきました。小惑星探査衛星「はやぶさ」のイオンエンジンや、超小型人工衛星の開発などに携わってきた、HSU(※1)未来産業学部佐鳥プロフェッサーに、科学者から見た「宇宙の法」の価値について聞きました。

プロフィール

佐鳥新(さとりしん)
(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ未来産業学部プロフェッサー・北海道衛星株式会社代表取締役)
1964年生まれ。筑波大学自然学類卒業、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻を修了し、反物質推進の研究で博士号を取得。宇宙科学研究所(現JAXA)で小惑星探査衛星「はやぶさ」のイオンエンジン開発に携わる。その後、北海道科学大学教授などを務め、2015年4月より現職。

月刊「幸福の科学」379号より転載・編集
※1:ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(HSU)は、幸福の科学が運営する「高等宗教研究機関」です。現在、千葉県長生郡と東京都江東区の2カ所にキャンパスがあります。

—科学者として、「宇宙人リーディング」をどのように見ておられますか?

佐鳥さん(以下佐) 宇宙人リーディングは、さまざまな星から来た宇宙人によって、母星の様子や彼らの持つ科学技術など、他では知り得ない情報が数多く語られているので、非常に知的好奇心が刺激されます。

特に、宇宙人たちが「ワームホール(※2)を使った長距離移動」「タイムスリップ」などについて語っているところは、地球においても「未来科学」を実現していくヒントが多数含まれており、研究する上で非常に参考になっています。

また、今までにない新しい考え方や視点を得られたこともあります。例えば、「三次元の物質を四次元以降の物質に置換させて、作用させた後にまた三次元に戻す」というような、時間や空間を超えて考える視点は、大川総裁の宇宙人リーディングや宇宙の法を学んだからこそ得られたものです。

※2:2つの離れた領域を直接結びつけるトンネルのような時空構造。このトンネルを通過すると、理論上、光よりも速く時空の2点間を移動できると考えられているが、その存在は確認されていない。

唯物論者だった私が信仰者に変わった理由

佐 また、宇宙人リーディングを学んで、長年の疑問が解けたこともあります。

—疑問とは?

佐 私は4、5歳のころから、
「なぜ僕は、こんなに技術の遅れた星にいるんだろう。早く外に飛び出したい」
と思うことがあり、それが自分でも不思議だったんです。

しかし、大川総裁の宇宙人リーディングを学ぶなかで、今は地球人であっても、過去をさかのぼると「別の星で宇宙人として生きていた人」が多数存在していると知り、
「自分も宇宙から来た魂だから、あんな風に考えたのかもしれない」
と思い当たって、疑問が解けたんです。

私の研究仲間にも、
「自分は宇宙船で地球に飛来して、人間の赤ちゃんの体に入った記憶がある」
という方がいますが、彼もきっと宇宙人の魂を持っている一人なのだと思います。

—「宇宙人リーディング」は、大川総裁の霊能力によるものですが、もともと霊的なことは信じていましたか?

佐 いえ、実は私は、幸福の科学に出合うまで、完全な唯物論者だったんです。「神様はいてもいいけど、自分とは関係ない」というスタンスでした。
しかし、大学院時代に友人から大川総裁の書籍『ユートピア価値革命』(会内経典)を献本されまして。彼に促(うなが)されて読み始めたところ、「心の透明感」というワードや、自分の可能性を高めてくれそうな内容に心を惹(ひ)かれて、少しずつ幸福の科学の教えを学ぶようになっていきました。

2年くらいは、まだ唯物的な考えが残っていたと思いますが、学びを深めるうち、時折、幽体離脱(※3)して宇宙を見たり、霊界に行って霊人と対話したりと、神秘的な体験をするようになったんです。そうしたなかで、次第に霊的世界への確信が深まっていきました。

※3:魂が体から抜け出し、あの世の世界などでさまざまな経験をすること。

宗教修行と科学の関係性

佐 また、日常的に宗教修行を重ね、幸福の科学の研修で心を磨いていくうちに、瞑想のなかで研究の「答え」をもらえることも増えました。
北海道科学大学で超小型衛星用の新エンジンを開発していたときのことです。思索(しさく)に没頭していると、フッと意識が体から抜けて、いわゆる“イデアの世界 ”とでも言うべき空間にいたんです。

—どのような状況ですか?

佐 説明が難しいのですが、ドームのような空間に私の意識だけがあり、そこを観察していくと研究の答えがあるんです。そして意識が体に戻ったら、見てきた答えを紙に書き取るという感じです。現在研究しているハイパースペクトルカメラ(※4)も、こうした体験のなかで掴(つか)んだものです。

—心の修行が研究成果につながっているんですね。

佐 もちろん、日頃から研究の努力を重ねていることを前提として、反省を通して自分の心が透明になってきたときにのみ、そうした体験が可能になると思います。逆に、「自分が評価されたい」「人と差をつけたい」という執着や、自我の心が強いときはできません。
その意味で、科学者にとっても、宗教修行で心を磨くことは非常に大切ですね。

—佐鳥プロフェッサーが考える宗教と科学の関係性とは?

佐 例えば宇宙人リーディングでは、

「UFOが突然姿を消したり、ワープ航行をしたりする際には、この世の物質存在を、あの世の霊存在に移行させる技術を使っている」

と教えていただいています。「目に見える物しか信じない」という唯物的で狭い考えに固執していたら、こうした未知なる技術の研究は進まないでしょう。

私は、宗教とは、「科学が到達していない未知の法則や超自然的な存在について、数式ではなく普通の言葉で教えてくれるもの」だと思います。これに謙虚に耳をけていくなかに、現代科学の限界を突破する道があると信じています。

また、これはHSU生を指導していて感じることですが、あの世や神様を信じていると、「自分の研究を多くの人の役に立てたい」「文明の進歩に貢献したい」という「利他の心」が強くなるように思えます。そういう学生は非常に成長が早く、HSUでは、二年次から大学院レベルの研究に取り組み、学会に出て研究成果を発表している学生もたくさんいます。

今後、宇宙人リーディングで示された「科学の可能性」をヒントに、未来科学を現実化する理論や技術を発見して、地球の文明を一層発展させていくのが、私やHSU生たちの使命だと考えています。

※4:佐鳥プロフェッサーが開発した、肉眼では捉えられない“光の波長 ”を計測できるカメラ。医療や化学、農業など、さまざまな分野での活用が期待されている。

月刊誌378号 2宇宙工学研究サークル(佐鳥プロフェッサーの指導の下、多くのHSU生が“未来を拓く科学 ”の研究に励んでいる)

大川隆法総裁の霊言&リーディングで“未来の科学技術”を先取り

大川総裁は宇宙人リーディング以外にも、科学者や研究者などの霊言・リーディングを多数収録し、「光速を超えるための理論」や「 原子力の先にある新エネルギー」、「 地球の自転を利用した長距離移動法 」など、現代科学の常識を打ち破り、新たな未来を拓くさまざまな発明のヒントを明かしている。

関連記事

「遠くて近い、宇宙の話。」知っておきたい宇宙人基礎知識/地球に飛来している宇宙人/地球が侵略されない条件


映画やアニメではおなじみの「宇宙」。最近では、アメリカのトランプ大統領が「宇宙軍」を創設する大統領令を発表して、SFの世界が現実になろうとしています。…
> 続きを読む

【キャラクター相関図】映画「宇宙の法―黎明編―」で、あなたも宇宙を体感しよう!


“宇宙人事件”から3年、レイたちは惑星連合の依頼で、悪質レプタリアンの侵略から地球を守っていた。…
> 続きを読む

医療革新への挑戦【体験談】


世界の医学は「霊性」を認めている
「霊性(スピリチュアリティ)を前提とした視点を持ち、ポジティブな考え方をすれば幸福な人生が開けてくる」。これは…
> 続きを読む

関連リンク

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧
幸福の科学出版
幸福の科学の研修施設(精舎)
幸福の科学 機関誌 隔月刊「ザ・伝道」一覧

なぜ、幸福の科学の映画で「奇跡」が起きるのか?

新たな作品が公開されるたびに、観賞者から数々の奇跡体験が寄せられる幸福の科学の映画の魅力を、メディア文化事業局 松本弘司専務理事に聞きました。(※取材当時)
(月刊「幸福の科学」375号より転載・編集)

次々と寄せられる病気が治った奇跡

幸福の科学は、大川隆法総裁製作総指揮の劇場用映画を、昨年までに11作公開しています。
当初より、「映画を観たら元気になった」「人生観が変わった」「悩みが解決した」という声はたくさん聞いていましたが、特に印象的だったのは、2012年公開のアニメ映画「神秘の法」のときです。

公開後、「映画後の検査でガンが消えていた」「リウマチの腫(は)れや痛みが消えた」「視力が回復した」などの声が続々と寄せられ、本当にたくさんの奇跡が全国で起きたんです。
その後の作品でも、同様の奇跡が多数報告されていますが、私がすごいと思うのは、「映画館で、映画を観て、奇跡が起きている」という事実です。

「ルルドの泉で奇跡が起きた」というなら、比較的理解しやすいかもしれません。でも「映画館で病気が治る」なんて、現代的には「有り得ない」と思われるでしょう。

しかし逆にそれが、「幸福の科学の映画が、ただの映画ではない」ということの証明になっていると思います。やはり、この世のルールを覆(くつがえ)すような、「霊的なパワー」が込められていると感じるのです。

奇跡はどのように起きるのか

幸福の科学では、映画だけでなく、祈願や研修を受けた方にも、多くの奇跡が起きていますが、奇跡が起きるときには必ず、天上界からの働きかけがあります。
例えば、病気や不幸で悩んでいるときは、心が曇り、悪い霊(悪霊・悪魔)を引き寄せてしまいます。しかし、幸福の科学の研修で神仏の教えを深く学んだり、祈願で神仏の光をいただいたりすると、悪い霊が離れて病気が治ったり、悩みが解決したりといった奇跡が起きてくるようになります。

これと同じ状況が、幸福の科学の映画を観ているときにも起きるのではないでしょうか。

映画館だからこそ

映画館は、大きな画面、良い音質で、映画の世界に集中できる「非日常空間」です。だからこそ、幸福の科学の映画に込められている「神仏の願い」や「霊的なパワー」が心に届き、奇跡が臨みやすくなっていると言えます。
また、幸福の科学の映画は、「多くの人々を幸福にしたい」という神仏の願いを受けて創られているので、目には見えなくても、大勢の天使が映画を観に来た人々を見守り、必要な方には奇跡が起きるよう、働きかけているのだと思います。

奇跡が起きる条件

しかし、病気が治る奇跡は、誰にでも起きるわけではありません。天使から見て、「この人の魂修行には、病気の経験が必要だ」と判断された場合は、むしろ病気を治さないことが「愛」になることもあるのです。
私は、人間にとって最大の奇跡は、「心が変わる」ことだと思います。なぜなら、心が明るく積極的になれば、元気になるだけでなく、人生そのものが大きく変わっていくからです。
病気は病院で治せるかもしれませんが、病院の治療で心を変えることはできません。
幸福の科学では、奇跡が数多く起きていますが、奇跡を起こすこと自体が目的ではありません。一人ひとりの心が変わることで、世界を幸福にしていきたいと願っているのです。

5月公開の映画「さらば青春、されど青春。」

あなたも「奇跡」を感じてみませんか?

今年5月12日には、幸福の科学の最新作「さらば青春、されど青春。」が全国の映画館で公開されます。
この映画は、ある若者が人生の大きな選択に直面し、「何を取って、何を捨てるのか」という苦悩のなかから、一番大切なものを見つけ出していく青春映画です。楽しみながら、人生観を深められる映画になっています。皆さまもぜひ、劇場で「心が変わる奇跡」を体感してみてください。

出演者インタビュー

映画「さらば青春、されど青春。」の中でヒロイン「額田美子(ぬかた よしこ)」役をつとめた千眼美子(せんげん よしこ)さんにインタビューしました。

千眼美子(せんげん よしこ)
本名・清水富美加。1994年12月3日生まれ。13歳でデビュー。「仮面ライダーフォーゼ」、NHK連続テレビ小説「まれ」で注目を集める。2017年2月に幸福の科学へ出家。女優・タレントとして幅広く活動中。

「明日につながる」映画です

今回、久々の映画の撮影に緊張しながら、役作りに励みました。そのなかで、私自身「奇跡」を感じた出来事がありました。

私は、ヒロイン・額田美子の気持ちがなかなかつかめなくて、本番直前まで、一生懸命お祈りしていました。
すると、パッとインスピレーションが降りてきて、ヒロインの「本当の心」が分かったのです。その時は、目に見えない存在から、教えていただいたのだと感じました。

そのように撮影をしていくなかで、「このお仕事をさせていただいている私も、映画を観に来てくださる皆さんも、すべての人が神様に愛されている存在なんだ」と感じました。この神様の愛を、お伝えしていきたいです。

幸福の科学が製作する映画には神様の教えが入っているので、人の悩みを根本から消していく力があると感じています。ですから、”消費されるだけの映画”ではなくて、「明日につながる」映画だと思います。

この映画に登場する、使命に生きる人々の姿を通して、何かを感じていただけたらうれしいです。

ストーリー

地方から東京の名門大学に進学した中道真一は、志を高く持ち、勉強に明け暮れる日々を送っていた。しかし、恋も就活も、なぜか思い通りにいかない。そんなある日、神秘的な存在からのコンタクトが始まる。大手商社に就職した真一は、異例のスピード出世をし、社内で評判の額田美子(ぬかたよしこ)と恋に落ちた。人生がうまく回り始めた一方で、“救世主としての使命”に目覚めていく真一。しかし、その人生を決断するためには、結婚やエリートとしての将来を捨てなければならない。この世の幸福を選ぶか。それとも運命に従うか。迷う真一の心に、悪魔の誘惑が忍び寄る。

映画「さらば青春、されど青春。」公式サイト

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU