Archive for the ‘お知らせ’ Category

世界五大陸での講演実績を持つ大川総裁がドイツ・ベルリンで講演

2018年10月7日(日)、ドイツの首都ベルリンのザ・リッツ・カールトン・ベルリンにおいて、幸福の科学・大川隆法総裁の英語による講演会「Love for the Future(未来への愛)」および質疑応答が開催されました。

当日、会場に集まった400名以上の参加者にスタンディングオベーションで迎えられ、大川総裁はにこやかに登壇。
ドイツ語での挨拶ののち、英語での講演を開始しました。

戦後70年の総括 輝けるドイツの未来へ

大川総裁は、「20世紀が戦争の世紀であったとともに、人種間の憎しみの世紀でもあった」と指摘。

ドイツが持つユダヤ人虐殺に対する深い後悔の念について、「もう十分です。これは神の声です。亡くなったユダヤ人たちのことは神に任せてください」と戦後70年を総括し、輝く未来を築く道を選ぶことを勧めました。

新たな「ナチズム」から世界を守る、自由・民主・信仰

また、約1億人のキリスト教徒が属する中国の地下教会に中国政府が加えている抑圧に対して、「イエス・キリストは、涙を流しています」と述べました。

中国が国内のキリスト教会への弾圧を強めるとともに、新疆ウイグル自治区で医療手術の名目で数多くの臓器を摘出し、また、一帯一路という名の帝国主義政策を進めていることについて、「ナチズムのような動き方を見せている」と批判。

中国を最大の貿易相手国とするドイツに対して、「国民が神を信じて人間らしく生きることを認めないような国は、拒否しなければなりません」と伝え、中国に必要なものとして自由・民主・信仰を挙げました。

第三次世界大戦を未然に防ぐために

そして、近い将来、一帯一路政策という名の帝国主義政策を進める中国とアメリカとの間で、第三次世界大戦が南シナ海から始まると予測。

ドイツがロシアと友好を強めることで「人類の未来」が変わるとし、中国の覇権主義に備える日本・アメリカとの連携を深める必要性を述べました。

大川総裁は、日本・アメリカ・ドイツ・ロシアが連携することで、第三次世界大戦を回避する必要性を訴えるとともに、「天なる教師は一人です。神が人々を愛しているが如く、それと同じ生き方をしてください」と語りかけ、ドイツでの初講演を締めくくりました。

続く質疑応答では、参加者からの質問に応じ、以下の論点に言及しました。

フランスにおける伝道のあり方
美と信仰、富との関係
アフリカに真理を広げるためには

参加者からは「とても素晴らしい法話でした。マスターはとても優しく、好印象でした。第三次世界大戦を回避しなければいけない。人々は、もう一度神を信じなければならないという教えが印象的でした」といった感動の声が寄せられています。

本講演「Love for the Future」(英語版・日本語字幕版)は、全国・全世界の幸福の科学の精舎で支部で動画公開されていますので、ぜひお近くの幸福の科学でご覧ください。


会場となったザ・リッツ・カールトン・ベルリン


受付には来場者が続々と並んだ


大川総裁の著書は世界29言語に翻訳されている(写真はドイツ語版)


「Love for the Future(未来への愛)」と題された講演に400名以上が参加した

関連記事

大川総裁がドイツ・ベルリンで講演 人種差別を克服して輝ける未来を拓く神の愛

大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が2018年10月7日(日)、ドイツのベルリンで英語講演「Love for the Future」を行った。≪続きを読む≫

大川隆法 大講演会 エル・カンターレ祭 2018 のご案内

来たる2018年12月11日(火)に大川隆法総裁による大講演会を開催いたします。≪続きを読む≫

今年の7月末から8月にかけて、大川総裁の周囲で数多くのUFOが撮影されました。大川総裁は、それらのUFOの母星や飛来目的、搭乗者の姿などをリーディングによって解明。新たに公開された宇宙人情報の一部を紹介します。

7.27 撮影地:徳島県 聖地エル・カンターレ生誕館

リアルUFOリポートUFO画像_7月27日

(1)ベガ星の準母船(横50メートル、縦30メートル)。
(2)プレアデスから来た中型機。
(3)月の裏側から飛来したハンバーガー型のUFO。

上記以外に、ウンモ星の円盤、オリオンのピラミッド型UFO、エササニ星の円筒型UFOも飛来。27日は約30機、翌28日(大川総裁の法話当日)は約50機ものUFOが生誕館上空に参集していた。

8.18 撮影地:群馬県

リアルUFOリポートUFO画像_8月18日

(1)ニビル星から来たファイアーボール型UFO。乗員は物理学者たち6名。
(2)直立ドラム缶型UFO。グレイ3名が、人の死後の幽体離脱(ゆうたいりだつ)を記録。
(3)惑星連合の警備員(人型サイボーグ)3名が乗船。

上記以外に、水星辺りから来た一人乗り円盤、ベガ4番星の5人乗りUFO、月の裏側から来たアダムスキー型円盤が発見された。

同日に撮影された別の2機については、UFOリーディング―2018年夏編―でリーディング!

『UFOリーディング―2018年夏編―』のきっかけとなった大川隆法総裁らが撮影したUFO目撃動画

8.22 撮影地:群馬県

リアルUFOリポートUFO画像_8月22日

ベルギウス星から来たUFO。バッファロー型宇宙人が搭乗。

同日に撮影された別の1機については、UFOリーディング―2018年夏編(2)―(+追加UFO映像)でリーディング!

『UFOリーディング―2018年夏編(2)―』のきっかけとなった大川隆法総裁らが撮影したUFO目撃動画 第2弾

8.26 撮影地:東京都

リアルUFOリポートUFO画像_8月26日

ケンタウルスマイナーから来た、200メートルほどの大型円盤。

上記以外に、プレアデスのUFOも撮影された。

8.30 撮影地:東京都

リアルUFOリポートUFO画像_8月30日

アルモナイト星出身の、超能力を持つ宇宙人が搭乗している円盤。

この夏、撮影された数々のUFOの“正体”を、大川総裁が霊査(リーディング)!
UFOリーディング―2018年夏編―』『UFOリーディング―2018年夏編(2)―(+追加UFO映像)』は、全国の幸福の科学でどなたでも拝聴いただけます。

今年の7月末から8月にかけて、大川総裁の周囲で数多くのUFOが撮影されました。大川総裁は、それらのUFOの母星や飛来目的、搭乗者の姿などをリーディングによって解明。新たに公開された宇宙人情報の一部を紹介します。

7.27 撮影地:徳島県 聖地エル・カンターレ生誕館

リアルUFOリポートUFO画像_7月27日

(1)ベガ星の準母船(横50メートル、縦30メートル)。
(2)プレアデスから来た中型機。
(3)月の裏側から飛来したハンバーガー型のUFO。

上記以外に、ウンモ星の円盤、オリオンのピラミッド型UFO、エササニ星の円筒型UFOも飛来。27日は約30機、翌28日(大川総裁の法話当日)は約50機ものUFOが生誕館上空に参集していた。

8.18 撮影地:群馬県

リアルUFOリポートUFO画像_8月18日

(1)ニビル星から来たファイアーボール型UFO。乗員は物理学者たち6名。
(2)直立ドラム缶型UFO。グレイ3名が、人の死後の幽体離脱(ゆうたいりだつ)を記録。
(3)惑星連合の警備員(人型サイボーグ)3名が乗船。

上記以外に、水星辺りから来た一人乗り円盤、ベガ4番星の5人乗りUFO、月の裏側から来たアダムスキー型円盤が発見された。

同日に撮影された別の2機については、UFOリーディング―2018年夏編―でリーディング!

『UFOリーディング―2018年夏編―』のきっかけとなった大川隆法総裁らが撮影したUFO目撃動画

8.22 撮影地:群馬県

リアルUFOリポートUFO画像_8月22日

ベルギウス星から来たUFO。バッファロー型宇宙人が搭乗。

同日に撮影された別の1機については、UFOリーディング―2018年夏編(2)―(+追加UFO映像)でリーディング!

『UFOリーディング―2018年夏編(2)―』のきっかけとなった大川隆法総裁らが撮影したUFO目撃動画 第2弾

8.26 撮影地:東京都

リアルUFOリポートUFO画像_8月26日

ケンタウルスマイナーから来た、200メートルほどの大型円盤。

上記以外に、プレアデスのUFOも撮影された。

8.30 撮影地:東京都

リアルUFOリポートUFO画像_8月30日

アルモナイト星出身の、超能力を持つ宇宙人が搭乗している円盤。

この夏、撮影された数々のUFOの“正体”を、大川総裁が霊査(リーディング)!
UFOリーディング―2018年夏編―』『UFOリーディング―2018年夏編(2)―(+追加UFO映像)』は、全国の幸福の科学でどなたでも拝聴いただけます。

9月24日、幸福実現党は日露平和条約の早期締結を求める党声明を発表しました。

日露平和条約の早期締結を求める(党声明)

平成30年9月24日
幸福実現党

今月12日、日露平和条約を巡って、ロシアのプーチン大統領が安倍晋三首相に、無条件での年内締結を提案しました。北方四島の帰属問題の解決が前提というのが日本政府の立場ですが、わが党は最近の中国の覇権的外交姿勢に鑑み、年内の日露平和条約の締結を強く求めるものです。

 もとより、北方四島はわが国固有の領土であり、領土交渉の進展を図るべきは言うまでもありません。しかしながら、一帯一路構想など、中国が新たな国際秩序形成を進めるなか、日本として米国との絆を強固にするとともに、安保・経済両面で、ロシアをはじめ関係国との連携を強めることで、中国の野心を挫くべきだというのが、わが党の考えです。

 地域の安全保障上、最大の不安定要因である中国を牽制するには、日露関係の強化が不可欠です。そのため、領土問題をいったん棚上げしてでも、まずは平和条約を締結し、その後、領土返還を目指すべきだと考えます。対ロシア制裁はロシアの中国傾斜を促すだけであり、一層の中露接近を招けば、日本を危機に陥れる事態を引き起こしかねないことにも注意を払うべきです。

 また、対外膨張を強める中国は台湾の併合を目論んでいるとみられますが、中国による台湾併合は台湾に自由の危機をもたらすばかりか、日本の安全保障にも直結します。そこで、日台関係を強化するとともに、日本として台湾防衛に関与するよう求めます。

 加えて、日本の外交・安全保障上の課題としては、北朝鮮の拉致・核・ミサイル問題がありますが、わが国および地域の安全の確保のため、北朝鮮の非核化に最優先で取り組むべきです。懸案の拉致問題に関しては、米国と連携しつつ、北朝鮮の「開国」を進める過程で、その全面解決を図るべきと考えるものです。

 中国が軍事的覇権を強めるなかにあって、国家国民を守り抜くべく、わが党は一貫して国防強化の必要性を訴えてきました。日米同盟を強化しつつ、「自分の国は自分で守る」体制構築を急ぐべきというのが、わが党の安全保障政策の基本方針であり、政府及び国会に対しては、憲法9条改正をはじめ、防衛力強化に向け、装備の増強、防衛費の大幅増額などに踏み切るよう要請します。

 日本を地域の平和構築に貢献し、自由や民主、信仰といった価値が広く守られる世界実現に寄与する国家とすべく、わが党は力を尽くしてまいる決意です。

以上


幸福実現NEWS特別版「日露平和条約」締結が最優先

関連記事

日露平和条約の早期締結を求める(党声明)
台湾の慰安婦像の設置に関する当教団の見解「幸福の科学は慰安婦像の撤去を求めます」

関連リンク

幸福実現党活動情報一覧
幸福実現党公式サイト

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU