Archive for the ‘霊的世界のほんとうの話’ Category

Q.幸福の科学が勧める「幸福」とはどんなものですか?

A.魂の向上につながる生き方を提唱しています。

あの世に還っても幸福が続くような生き方

幸福の科学が説いている「幸福」とは、どのようなものでしょうか。世の中の、いわゆる幸福論が、この世の話ばかりをするのに対して、幸福の科学の幸福論は、この世的に幸福であるだけではなく、あの世的視点から見ても幸福である生き方を説いているのです。そういう幸福を、「この世とあの世を貫く幸福」と呼んでいます。
つまり、みなさんに対して、この世で幸福感に満ちた生き方をしていただくことを願うだけではなく、死んで、あの世に還ってからも、幸福な生活が続くような生き方を提唱し、それを実践していただきたいと願っているのです。

この世では悲劇の人生でも、あの世で幸福になる人もいる

もちろん、これ以外の考え方もあります。この世に対して、まったく否定的な見解をとるならば、「この世で、いかに悲惨な生き方をしても、あの世において幸福であれば、それでよい」という考え方もあると思います。キリスト教徒には、この世では、悲惨なこと、悲しみの現実とぶつかり合って生きながら、あの世での幸福を目指す人が、かなり多くいます。そもそも、教え主であるイエス自身が、この世では悲劇の人であったと考えてよいと思います。教え主が悲劇の人であったがゆえに、あとに続いた人たちも、悲劇を通しながら、あの世での栄光、あの世での幸福を求める生き方をしました。しかし、幸福の科学では、そうした生き方がいちばん良いとは必ずしも思っていません。わずか数十年ではありますが、この地上生活のなかにも、一定の意味合いを認めています。

この世に生まれてくる意味がある

人間は、まったく無意味なことを繰り返すだけではありません。「この世に生まれてくるには、生まれてくるだけの理由がある。この世の数十年の人生のなかにも、それなりの役割や目的がある。人間は、何かを学ぶために、この世に生まれてきて、そこで学んだものを持って、実在の世界、本来の世界に還る存在なのである」これが根本的な考え方なのです。
したがって、この世を完全に否定しているわけではなく、「修行場、教育の場、魂を磨く場として、この世は非常に大切な場である」ということを認めています。「この世において、魂が数多くの糧を得て、喜びを感ずることは、非常に幸福な生き方である。そして、その生き方が、あの世での幸福にもつながる」と言っているのです。

人生わずか2万数千日

みなさんは、数十年の人生というものを、長いように感じるでしょうが、日数に直してみると、平均して2万数千日です。そして、砂時計の砂のように、毎日毎日が1日ずつ落ちていき、2万日から3万日たったときに、みなさんは、この世を去ることになるわけです。短いといえば、非常に短い人生です。この2万数千日の間に、この世において、どれだけのことを経験し、どれだけのことをつかみえるか。これが非常に大事です。その貴重な経験を得るために、人間は人生を送っているわけです。そのために、この世に赤ん坊として生まれ、学校で学び、大人になると、職業に就き、結婚をして家庭を営みます。そして、病になったりしながら年をとっていき、やがて、この世を去っていくのです。
わずか2万数千日――。この間を、どれだけ理想的なものにしていき、あの世に還ったときに、魂の向上になっているような生き方をするか。これが非常に大事なことなのです。

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

Q.信仰は、なぜ大切なのですか?

A.死後、あの世に持って還れるものは「信仰」しかないからです。

信仰は、最後にあなたに残るもの

信仰は、なぜ大切なのですか

この世には、素晴らしいものがたくさんありますが、「最後は信仰を取る」という姿勢を採らなければいけません。この世的なものは、この世を去るときに、全部、捨てていくものであり、最後にあなたに残るものは信仰しかないのです。死んで、あの世に持って還れるものは、心しかありません。しかし、確かに心は持って還れますが、その行き場所には天国もあれば地獄もあります。天国に行く心も地獄に行く心もあるのです。
したがって、「死んだあとは、家、財産、家族、友人、持ち物、名刺など、すべてを失うのであり、あの世に持って還れるものは心しかない」という事実は、さらに踏み込んで言うならば、「あの世に持って還れるものは信仰しかない」ということになります。
信仰を持っていれば、あの世において、あなたがたが行くべき所は、はっきりと固まります。信仰こそが、あなたがたが天国に入る鍵であり、天国の門であり、天国に住むための条件です。さらには、天使になるための条件なのです。

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

Q.どんな供養が間違った供養ですか?

A.子孫の側が自分たちの不幸を「先祖のせい」にして行う供養は間違いです。

子孫を苦しめようとする先祖はいない

世の中にある先祖供養のなかには、病気や怪我、事業の失敗や受験の失敗など、家庭内で起きる不幸の原因をすべて先祖のせいにして、「迷っている先祖の供養さえすれば、幸福になれる」という言い方をするところがありますが、これは間違いです。なかには、本当に浮かばれずに迷っている先祖がいる場合もありますが、その場合でも、積極的に子孫を害してやろうと思っている先祖は、基本的にはいないのです。
本当の意味で先祖を供養し、彼らが浮かばれるようにするためには、遺された子孫が、常に先祖に対する感謝の念を持つとともに、人間としての正しい生き方、光に満ちた生き方をすることが必要です。これが先祖供養の前提です。彼らは人間としての正しい生き方が分からずに、自分が間違った理由、自分が今苦しんでいる理由が分からないので、先祖供養においては、それを教えてあげることが大事です。

迷っている先祖と子孫の心が同通すると「先祖の霊が障(さわ)っている」状態になる

正しい供養、まちがった供養【霊的世界のほんとうの話】

「先祖を供養したい」という子孫の念が、愛念として実る場合はよいのですが、子孫が欲得の心で先祖供養をすると、先祖が、あの世で悪霊となり、迷っているような場合は、両者の心が完全に通じてしまうのです。
たとえば、この世に生きている人が、誰かを強く恨んだり憎んだりする気持ちを持っているとします。その場合、あの世の地獄界に堕ち、人を恨んだり憎んだり怒ったりしている先祖がいれば、両者の波長が通じてしまいます。そうすると、子孫がその思いを持ち続けるかぎり、先祖は、いつまででも憑依することができ、憑依された人の運命を悪くしていきます。その人を病気にしたり、事業を成功させなかったり、間違った判断をさせたりできるのです。そういう意味では、「先祖が迷っていて、子孫を苦しませる」という現象が、あることはあります。しかし、その場合であっても、「まず子孫の側が自分自身の心を正すことが大事である」と言っておきたいのです。

迷っている先祖は御札や戒名などで救われるわけではない

これは、たとえて言えば、父親が多大な借金を背負っていて、また息子は息子でまったく別に同じような借金を背負っているのに、息子が父親の借金を返すことができないのと同じです。もし、事業に成功するなりして、息子が大きなお金を持っている場合には、父親の借金を返すことができるでしょう。これが先祖と子孫の関係であるわけです。「先祖が浮かばれていない」、「地獄で苦しんでいる」ということは、“借金”を背負っているのと一緒で、精神的な借金、この世で生きたときの借金を背負っているわけです。その借金を払うために、子孫がそれを供養し、先祖を成仏させようとするときに、子孫が悪霊に憑かれるような目茶苦茶な生活をしていた場合には、子孫もまた負債を負っているわけです。借金を持っている者が、借金を持つ人の借金を、代わりに返すことはできないのです。豊かであればこそ、他人の借金を払うことができるのです。
この「豊かである」ということは何かと言うと、「今世において徳を積んでいる」ということなのです。それは、仏法真理に基づいて日々修行をしているということです。光の徳を積んでいること。光を蓄積していること。天の蔵に富を積んでいること。それがあってこそ、苦しんでいる人に対して、その光を手向けることができるのです。ですから、御札や護摩木で先祖が救われるわけではなく、生きている子孫たち、縁のある人たちが、日々、徳を積むことが大事なのです。

正しい宗教かどうかの見分け方は、「反省」と「自己責任」を教えるかどうか

愛と慈悲の心で先祖を供養したいという気持ちがみなさんにあること自体は、非常によいことなのですけれども、ただ、先祖が迷っているのは、決して子孫の責任ではないのです。これは原則ですから、よく知っておいてください。
地獄に堕ちたのは、やはり、本人の生き方に問題があったのです。思いと行いに問題があって、地獄に堕ちているのです。この大前提は知っておいてください。そうしないと、みなさんが一生懸命供養をしていても、先祖のほうは「自分が悪い」とは絶対に思わない人が多いのです。子孫のせいにしてきます。「立派な墓を建てないから、俺はこんなに苦しいのだ」「仏壇が安物だから、こんなに苦しいのだ」「位牌が悪い」「戒名をつけなかった」とか、いろいろなことを言うわけですが、これは言いがかりというものであって、そういうものによって救われることは、まったくありません。
「生きていたときの思いと行いに基づいて、天国・地獄が分かれるのであり、あなたが地獄に堕ちているのは、やはり、それだけの責任があったからですよ」ということを教えてあげることです。正しい宗教かどうかの見分け方は、生きている人、現実に修行をしている人に、反省をキチッと教えるかどうか、自己責任のところをキチッと教えるかどうか、というところにかかっています。

参考文献:『正しい供養 まちがった供養』

Q.一神教と多神教はどちらが正しいのですか?

A.どちらの考え方にも足りない部分があります。至高神(大宇宙の根本仏)を中心として、たくさんの神々や天使が存在しているのが真実です。

一神教といっても、ほんとうの“一神”ではない

一つの宗教が起きるときに、そのなかで中心的な指導霊となる、神格を持った魂が一人であることは、確かによくあることです。特定の人が中心的に指導していることがあります。そのため、「私の教えに基づいて行動しなさい」と言うことはあります。しかし、それは、「その人以外に他の神がいない」ということを意味してはいません。本当は、「根本仏」と呼ばれる宇宙の至高神がいて、その根本仏を中心にたくさんの神や天使が存在しているのが、神々の世界の真実なのです。
人類がこれだけの人口を持っているところを見ても分かるように、多くの神がいなければ、大勢の人たちを幸福にすることはできません。数多くの方々がいて、役割分担をしているのです。そして、それを取りまとめている人たちもいます。そのようになっており、その時代において、その地域において、「誰が担当して、その宗教を起こすか」ということが決まる場合がありますが、それは、同時に、「神は一つだから、自分のたちのところ以外に出た神が偽物であった」ということではないのです。

『旧約聖書』には、ヤハウェ以外の神が出てくる

★36_一神教と多神教はどちらが正しいのですか?

例えば、一神教で有名なのは、もちろん、ユダヤ教でしょう。ヤハウェの神の一神教です。このヤハウェは妬む神であって、「自分以外の神を崇拝することは許さない」と言っています。しかし、このユダヤの神がほんとうの一神か、神は一つなのかというと、『旧約聖書』を読んでみると、そうではないことがはっきりしています。旧約に出てくる神には、ヤハウェと、もう一つ、エロヒムという神がいます。これはヤハウェとは違った神なのです。この両者が指導しているのです。したがって、『旧約聖書』に載っているだけでも、早くも二人の神が出てきていて、一神ではないのです。そのときに熱心に指導した神が、邪教を信じている人などに対して、「自分のみを神とせよ」と言ったことはあるかもしれません。しかし、それは、「自分以外の神の存在を許さない」という意味ではなかったわけです。
もし、ほんとうに間違った宗教を信じている人がいたら、「その邪神を崇めるのはやめなさい。われのみを信ぜよ」と言うことは、方便としては、もちろん、正しいことではあります。しかし、その教えが「他の宗教は全部間違いである」「他の神がすべて間違いである」というなら、これは大変な混乱を生みます。

マホメットを指導していた霊人は複数いた

同じく一神教としては、イスラム教もそうでしょう。『コーラン』は、終始、アッラー神を讚えた内容で出来上がっていますが、マホメットは、このアッラーの言葉を霊言のかたちで伝えているのです。そして、面白いことには、アッラーが自分のことを言うときに、「われは」と言うだけではなく、「われわれは」と複数形で言っているところが、何回も出てくるのです。「われは」と出たり、「われわれは」と出たりして、複数形が何度も何度も出てきます。それに対して、アラブの人たちは、よく分からないので、「われわれは」というのもアッラーの自称なのだと考えているのです。しかし、この「われわれは」というのは、指導霊団がいることを意味しているわけです。アッラーといっても、代表で出ているのがその霊人であり、それ以外にも指導霊がいて、交替でいろいろな指導をしていることを意味しているのです。それが真相です。したがって、一神教といっても、ほんとうの一神ではないのです。たとえ主たる担当者が一つの霊存在であるとしても、指導霊は、その霊だけではありません。

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU