Archive for the ‘法話・霊言’ Category

この記事は、隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第147号より転載し、編集を加えたものです。

「Cさん(30代・女性)」

 どうしても起き上がれない、生きていたくない・・・。ある朝、突然ウツになり、ひきこもるようになった私。7年にわたる泥沼の苦しみに沈んでいた私の心にある日、”奇跡”が起きました。

この世で一番不幸なのは私

私はこれまでの人生の大半を、「この世で一番不幸なのは私だ・・・」そう思って生きてきました。20代後半でウツ病になってからは特に、体は鉛を流しこまれたように重く、心は家族や周囲への恨みでいっぱい。死ぬことばかり考えていました。

そんな私を救ってくれたのは、幸福の科学の方々でした。皆さんの愛にふれて初めて、自分が今までたくさんの愛を与えられてきたことに気づき、ウツから立ち直ることができたのです。

雨漏りのする家

私が育った家は、雨が降るたびに何カ所も雨漏りがするような借家でした。私が生まれて間もない頃、父が営む金融会社が、知人にお金を持ち逃げされたことから借金を抱えて倒産。一家は、親戚の助けを得ながらやっと暮らしていたのです。

父は工場勤務に加え、早朝の新聞配達もしていました。幼な心に、私は父の体が心配で、「新聞配達やめればええのに」と言うと、父は笑って私の頭をなでてくれたものでした。

「心配せんでもええ。新聞配達は健康のためにしとるんや」

いつも優しいこの父が、私は大好きでした。

私はいらん子?

一方、母はいつも不機嫌でした。腎臓が悪かった母は、いつも眉間(みけん)にシワを寄せていました。私は母に優しくしてほしくて、母の気を引こうと必死でした。

「お母さん、抱っこして」

両手を伸ばす私に、母は決まってこう言います。

「甘えやんの(甘えないで)」

また、具合の悪い母のために皿洗いを手伝おうとしても、いつも冷たく追い払われました。

「さわらんといて!」

次第に私は、「お母さんは私が嫌いなんや。いらへんのや」と思うようになりました。

生きていたくない

中学生になると、わが家と友達の家を比べるようになりました。雨漏りもせずお風呂のある家、流行りの服やラジカセ、優しい母親―。

「なんで私だけ、こんな不幸なんやろ?」

しかし、そんな惨めな状態を、人には知られまいと私は必死でした。小中高と成績は常に上位を保ち、「優等生」で通したのです。ところがふとした時に、いつも同じ思いがこみあげてきます。

「生きていたくないなぁ・・・」

死んで灰になって、自分を消滅させたいということが、いつしか私の唯一の願いとなっていきました。

父の死・母の病

苦難は続きました。高校3年の時には、父がガンで他界。悲しみを心に抱えながら、私は高校卒業後、生命保険会社に就職。ほどなくして母がパーキンソン病を発病したのです。

当時、同居の兄は昼も夜も仕事を持っていたので、母の世話は私が引き受けるしかありませんでした。母は銭湯に行くにも病院に行くにも、私の助けを求めます。その度に子供の頃の辛かった思い出が甦(よみがえ)りました。

「抱っこもしてくれなかったくせに! なんであんたの世話なんかせなあかんの!」

そう思う反面、母を見ていると、放っておけません。頼まれる前に世話をし、「文句はないでしょ」とばかりに、夜は繁華街に出かけました。心にも体にも、やり場のない怒りと疲労を充満させながら― 。

体が動かない

あれは、27歳のある朝のことでした。体が重くて全く起き上がれなくなってしまったのです。家事は兄と母がやるようになりました。

「2人でできるんやんか。今まで私に押しつけとったんやな。お母さんの面倒は、私より可愛がられとった兄ちゃんが見るべきなんや!」

閉め切った暗い部屋で布団にくるまっていると、昔の嫌な思い出が頭を駆け巡ります。舌打ちをして私を見る母の冷たい視線。兄は新品の学習机を買ってもらったのに、私にはボロボロの事務机が与えられたこと・・・。体も心も、何倍もの重力で押しつぶされるようでした。

「死ぬな!」

「結局、こんな自分から逃れるには死ぬしかないんや」

とうとう私は、死を決意しました。自宅で餓死すれば、母と兄への復讐になるし、自分を消すこともできる。その一念で食べ物を断って一週間。簡単には起き上がれない状態になりました。そんな時、ふいに心の中に、ある考えが浮かんだのです。

「このまま死んではいけない」

どうしてそんなことを思ったのかは分かりません。でも、心に浮かんだその言葉は、「死ぬな、死ぬな」と訴えかけてきます。

「・・・救急車・・・」

私は何かにせっつかれるように、泥のように重たい体を引きずりながら受話器に辿り着くと、自分で救急車を呼びました。

そして、精神病院へ

私はウツ病と診断され、精神病院に収容されました。ベッドで点滴を受けていると、兄と、交際相手のMさんという女性が病室のドアを開けました。

Mさんは、まっすぐ駆け寄ってきて、初対面の私を、ぎゅうっと抱きしめたのです。私は何カ月もお風呂に入っておらず、垢(あか)と臭いにまみれた状態だったはずです。けれどもMさんは、そんなこと気にもせず、何も言わずに抱きしめ続けてくれました。

「こんな人がいるんや・・・」

それからもMさんは、通ってきてくれるようになりました。Mさんが来ると、病室がぱっと明るくなります。幸福の科学の会員であるMさんは、人生の意味や苦悩の意味を、少しずつ教えてくれました。

「Cちゃん、魂は永遠だから、自殺したって自分を消すことはできないのよ」

うそやろ? そんなん最悪や―。 魂は永遠と聞いて、当時の私は落胆しました。一方で、「自殺者は成仏できない」と教えられると、「あの時死ななんで良かった」と、心底ホッとしたのを覚えています。

心に響いた一言

2カ月後、私はたくさんの薬を持たされて退院しました。兄は私がひきこもらないようにと、サービスエリアでの販売の仕事を見つけてきました。しかし私はその仕事が合わず、半年後、またひきこもってしまったのです。

真っ暗な部屋で、過去の事をぐるぐる思い出しては、ブツブツと恨み言をつぶやく日々・・・。そのうち母は老人施設に入所していきました。

兄とMさんは、その後結婚。Mさんは度々家に来ては、 仏法真理の話をしてくれました。

「本当の『愛』はね、自分から与えるものなの。幸せになりたかったら、自分から人を愛することが大切なのよ」

ある時Mさんが言った言葉が心に響きました。私は時折、その意味を考えるようになりました。

外に出てみたものの・・・

「外に出る練習と思って、支部でボランティアさせてもらったら?」

ひきこもって6年。自分でもどうにかしなければ、と思い始めていた矢先、Mさんの勧めに従って、幸福の科学支部に通うことにしました。掃除や備品の整理をしながら、緊張してぎこちなくふるまう私に、皆さんが優しく接してくれます。

「Cちゃん、こんなんできたん? すぐにお嫁に行けるやんか」

しかし、褒められる度に、「私は褒められるような人間じゃない」と、強い違和感を覚えました。いたたまれなくなった私は、半年後、パタッと支部に行かなくなりました。仕事を投げ出してしまって、皆、怒っとるやろな―。心の中は罪悪感でいっぱいです。

こんな私でも、愛されていた

「Cちゃん、本当にこのままでいいの? 皆、あなたを待っとるよ」

ある日、いつになく強い口調のMさんに連れられて、2カ月ぶりに支部の門をくぐりました。すると―。

「あっCちゃん! 元気やったん?」

「よかったー、会いたかったんよー!」

 満面の笑みと歓声が、私を迎えてくれたのです。呆然としてしまいました。皆が次々と抱きしめてくれます。泣いておられる人もいました。皆の温かさが心にしみてきて、自然と涙がこぼれました。

「私、こんなに中途半端やのに、受け入れてくれるんやな・・・」

 私はそれまで、完璧にしないと嫌われると思いこんでいました。でも、支部の皆さんは、未熟な私を受け入れ、こんなにも愛してくれていたのだと分かったのです。

「私、アホやったわ」

急に心が軽くなりました。長年身に付けていた鎧を脱いだようなさっぱりとした気分です。たった今、これまでの自分と訣別できたのだと実感しました。すると、今まで一度も考えたことのない思いが、湧き上がってきたのです。

「生きていこう!」

新しい人生の出発

私はその日のうちに「いつかこれを飲んで死のう」とためていた大量の安定剤を捨てました。また、支部行事に参加しては仏法真理を学びました。

そうするうち、Hさんという会員の方と知り合いました。一緒にいると心が安らぎます。自然におつきあいが始まりました。やがて、私達は、たくさんの方の祝福の中、結婚式を挙げました。

辛かったんやね、お母さん

ある時私は、法友のIさんが母親との葛藤に苦しんでいることを知りました。私は、彼女が人生にどう向き合えばいいのかを、主人と考えていきました。人は魂修行のための人生計画を立てて生まれるといいます。

「彼女は何を学ぶために、その人を母に選んできたんだろう?」

「Iさんは、自分を愛してくれない母親を持つことで、かえって愛の大切さを知ったんや。そして、そんな母親を恨むんじゃなくて、本当は与えられていたことに気づいて、心から感謝できるようになることを、人生の問題集として設定してきたんやろなぁ」

自分でそう言った瞬間、ハッとしました。彼女への結論は、そのまま自分への解答でもあったのです。

「私は自分の気持ちを分かってほしいばかりで、お母さんの心なんて考えてなかった。それは『奪う愛』や。だからずっと苦しかったんや・・・」

私は母の生い立ちを辿っていきました。以前聞いた話では、幼い頃に実母を亡くし、父親の後妻に子供が生まれてからは邪魔者扱いされていたとか。母もまた、愛に飢えていたのです。やがて結婚してこれから幸せになれるという時の父の会社の倒産。どんなに辛かったか―。

母は私を毛嫌いしていたのではない、優しく抱きしめられた経験がないから、私にどう接していいのか分からなかったのでは。そう思い至った時、急に胸が熱くなり、母が不憫(ふびん)で涙がどっとあふれました。また、母との葛藤があったからこそ、信仰の道にいざなわれたのだと気づきました。 「私は不幸だったんじゃない。本当は全てを与えられてたんや・・・」

ウツは必ず治る

それからは、母の入所先の施設をよく訪ねるようになりました。認知症の症状が出始めた母は、私に気づかないこともありますが、母の手をとって感謝を伝えると、母は微笑んでくれます。

私がウツになったのは、自分がいかに不幸かということばかり考え、与えられているものから目をそらしていたことが原因でした。でも、生きている限り、本当はたくさんのものを与えられています。そのことに素直に感謝した時、憎しみや悲しみは消え、心に喜びが生まれるのだと、今は実感できます。

私は今、同じ苦しみの中にある人に、仏がいつも見守ってくださっていること、「奪う愛」をやめて「与える愛」を始めることで、必ず苦しみから解放されるのだという真理をお伝えしています。

それが、私を苦しみの泥沼から救いあげてくれた幸福の科学の友人や、どんな時も傍らにあって、愛と慈悲を注ぎ続けてくださった仏へのご恩返しになると思うからです。

義姉のMさんより

初めてCさんに会った時、「絶対にこの子を助けたい」と思いました。信仰に出会って心の持ち方が変わることで、ウツを克服できた人はたくさんいます。Cさんも必ず治ると信じていました。彼女の良さが見えてくると、「あなたには良いところがたくさんあるのよ。本来のあなたになろうね」と、よく語りかけていましたね。

ご主人のHさんより

妻は、支部の皆さんの温かさにふれて、ウツ病から立ち直ることができ、彼女本来の長所を発揮できるようになりました。妻の長所は、人の好き嫌いがなく、誰とでも仲良くなれること。今は苦しんでいる人の心の支えになりたいと頑張っているんです。

関連記事

男性恐怖症を克服―恋愛・結婚―【体験談】

男性恐怖症を克服―恋愛・結婚―【体験談】

両親の不仲を見て育ち、男性に不信感を持っていたというAさん。社会人になり、男性上司にも葛藤を持ってしまいます。しかし、幸福の科学で学んだことを生かしてみると、異性への恐怖心が解け、ついに優しいご主人と結婚することができました。
> 続きを読む

天国から地獄まで「あの世」を実体験、臨死体験で死ぬのが怖くなくなった【幸福の科学 信者体験記】

天国から地獄まで「あの世」を実体験、臨死体験で死ぬのが怖くなくなった【幸福の科学 信者体験記】

瀕死の状態のときに起こった不思議な体験。意識を失くした体から魂が抜け出し、「あの世」の世界を見て、再び「この世」に戻ってくる、「臨死体験」と呼ばれる出来事です。
> 続きを読む

乳がんの克服体験 余命5カ月、運命を変えた心の力【幸福の科学 信者体験記】

乳がんの克服体験 余命5カ月、運命を変えた心の力【幸福の科学 信者体験記】

ふとしたときに気づいた右胸の違和感。内科を受診した私に告げられた診断結果は、ステージ4の末期の乳がんでした。
> 続きを読む

関連リンク

幸福の科学 信仰体験 一覧
ネット入会のご案内

この記事は、隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第130号より転載し、編集を加えたものです。

結婚に消極的だった私

わが家は、夫と小学生の娘2人、私の4人家族。いつも子供たちの元気な声が響いています。

独身時代の私は、結婚に消極的でした。

しかし、仏法真理に出会ったことで、人生が180度変わったのです。

ショッピング三昧で青春を謳歌

私は高校を卒業すると、地元で公務員になりました。

平日は仕事をバリバリこなし、休日の一番の楽しみはショッピングです。月に数回は、銀座にまで出かけていました。

「いらっしゃいませ! 冬の新作が届いてますので、どうぞお試しください」

「まあ、いいデザインね」

お気に入りのブティックやデパートを回って、洋服、靴、バッグ、スカーフなどを買うのです。もちろん、すべて有名ブランド品でした。

ところが、どんなに気に入って買っても、新しいものが出たら、また欲しくなります。

家には服やバッグも山のようにありましたが、次から次へとショッピングする私に、「また買ってきたの」と母もあきれ顔。

「だって、ステキなんだもん」

一人娘の私。自分のお給料を全部、お小遣いに使って、青春を謳歌していました。

いまのまま独身でいたって十分幸せだわ

「Y、いいお見合いの話があるのよ」

母がしきりに縁談をすすめるようになりました。それにもかかわらず、気のない返事をくり返す私。

母はよく「もう、Yったら。お母さんは、あなたのことが心配で、夜も眠れないのよ」とこぼしていました。

「私は、別に結婚なんかしなくたっていい。仕事だって楽しいし、生活は困ってるわけじゃないし。いまのまま独身でいたって、十分に幸福だわ」

それに、「結婚して家庭におさまる」というのが、あまり魅力的に思えません。

「いつも家の掃除して、ご飯作るだけなんて・・・それより、ブランド品を身につけて、さっそうと仕事に出るほうが、ずっと私に合ってるわ」

大川隆法総裁の霊言書籍にドキッとした

そんなある日、以前、仲良くしてもらっていた職場の先輩と、久しぶりに食事をする機会がありました。

「最近、どう?」「おかげさまで。楽しくやってます」と、近況を伝えあっているうち、ポロッとグチが出ました。

「母が『結婚、結婚』って、うるさいんですよ。独りだっていいと思いません?」

先輩は笑いながら、カバンから本を取り出しました。

「これ、おもしろいから読んでみてね」

大川隆法総裁の霊言書籍でした。

帰宅後、なにげなく読んでみると、女性の幸福について書いてありました。

そこには「主婦業や子育ては、会社の仕事より勝るとも劣らない」とあります。

まるで自分のことを言われているように感じて、ドキッとしました。

私の今後のために、なにかヒントがあるかもしれないと思った私は、大川隆法総裁の本をかたっぱしから読みはじめ、半年後、幸福の科学入信したのです。

これからどう生きていくのが一番いいんだろう

「私はこれから、どうして生きていくのが一番いいんだろう・・・」

外側の華やかさばかりに目が向いていた私が、仏法真理に触れて、もっと内面の深いものに惹かれるようになりました。

それと共に、ブランド品を買いあさっていた自分が、薄っぺらい感じがしてきたのです。

仏法真理を学んで、いちばん新鮮だったのは、女性の生き方でした。

楽しく働いて、自分の買いたいものを買って、という生き方と比べて、専業主婦はつまらないと思っていたのですが、家庭を守る仕事は、値打ちのある尊い仕事なんだと思うようになりました。

「女性には、いろんな生き方があるけど・・・やっぱり私も“結婚”して、家庭ユートピアを創っていく生き方がいいかな」

しかし、なかなか思うようなチャンスはありませんでした。

30歳が目前にせまったとき、母が思いあまったように言いました。

「Y、30になって結婚が決まってなかったら、この家から出て自立しなさい」

私のために言ってくれていると分かってはいても、やっぱりショックでした。

「私も考えていないわけじゃないのよ。いい人がいたら、するわよ・・・」

私が25歳を過ぎたころから何度も縁談を持ちかけてきた母。いつもはぐらかしていた私に、ついに厳しく出てきたのです。

しかし、とうとう30歳の誕生日を迎えてしまった私。

母から「出て行くように」と言われた期限が過ぎてしまいます。

「このままじゃいけない。なんとかしなくては・・・」と思い、お正月を迎えたときに「今年、絶対に結婚する」と一大決心をしました。

「どなたか紹介してくださいませんか」

どうしてうまくいかないのか、改めて考えてみると、ひとつ、分かったことがありました。私は受け身だったのです。

「誰か、いい人いないかなぁ・・・」と、自分を幸せにしてくれる人が、いつか現れるのを期待して待っているだけでした。

仏法真理では、夫婦の魂は天上界で約束してくると説かれています。でも、それはあくまでも予定であって、今世の生き方によっては変わってくる可能性もあるといいます。

だから、100パーセント決まった運命のように思い込むと、なにも努力しないでも自然に出会えると誤解する場合があるようです。

「待っているだけではダメだわ。自分から動かないと。それに、大川隆法総裁も言っているように、『幸せにしてもらいたい』じゃなくて、『私が相手を幸福にしてあげたい』と思わなきゃ。これからは与える自分になっていくんだ」

清水の舞台から飛び降りる心境で、私は行動を開始しました。

「あのー、折り入ってお願いがあるんですが・・・。私、結婚したいんですけど、どなたか紹介してくださいませんか」

「そうだねぇ・・・いい人がいたら紹介するよ。ほかの人にも声かけてみるね」

職場の上司や親類、法友―いろんな方に頭を下げて回りました。

真剣にお願いすると、みなさん、ちゃんと話を聞いて、協力を約束してくださいました。

「やっぱり、行動してよかったわ」

さらに、天上界からのご指導をいただけるよう、幸福の科学で、「結婚祈願」をしました。

「縁あって出会った方と、家庭ユートピアを創ることを誓います・・・」

自分から行動を起こした努力のかいがあったのか、それから、縁談を紹介してくださる人が増えてきました。

ティー・パーティでの出会い

「Yさん、今度、うちでティー・パーティをやるんだけど、あなたにぜひ紹介したい人がいるの」

近くの法友から、お誘いがかかりました。

なんだか、ときめく感じがします。

その当日―。

「Yさん、こちら、Kさんよ」

「こんにちは。初めまして・・・」

その瞬間、さわやかな風がサァーと吹いてきたように感じました。

Kさんは落ち着いた、もの静かな感じの人でした。

「あっ、いいなぁ・・・」と、わけもなく思いました。

「転勤で、最近、近くに越してきたばかりなんです。どうぞよろしく」

彼も幸福の科学の信者でした。

初対面なのに、不思議と会話が途切れません。帰り際に、お互いの連絡先を交換しました。

そこから始まった私たちのお付き合い。一緒に海を見に行ったり、大川隆法総裁の御法話拝聴会に出かけたり―。

彼に対しては、以前、お見合いした人たちとは明らかに違うものを感じていました。彼といる時間は、自然体でいられます。話をしていても、分かりあえる気がするのです。

以前のときは、いくら「条件がいいから」といわれても、2、3回会うと気持ちが重くなってしまうことが多かったのですが、彼はその逆でした。

カレンダーを眺めては、次のデートを待ちこがれる日が続きました。

やがて、私は、彼との将来を思い浮かべるようになりました。

「結婚式、新婚旅行、子供が生まれて大きくなって、子供が巣立って、私たちがおじいさんと、おばあさんになって・・・」

想像していくと、どんどんストーリーが展開します。

大川隆法総裁も、「心のなかで結婚生活をイメージしてみよう。年をとっても、相手と一緒に暮らしている姿を想像できるか」と説かれています。

「彼となら、死ぬまで一緒に居られそう。結婚する相手って、こういう人のことをいうのかもしれない」

大晦日のプロポーズ

その年の大晦日でした。

お店で、Kさんと2人で年越しそばを食べていると、彼がひと言。

「2人なら、きっとうまくやっていけると思うよ」

プロポーズでした。喜びが込みあげてきます。もちろん、私はOKです。

「はい・・・よろしくお願いします」

その夜、除夜の鐘を聞きながら、父と母に報告しました。

「きょう、Kさんからプロポーズされたの。私も、結婚したいと思ってる」

両親は、とても喜んでくれました。

彼から自宅に何度か電話がかかっていたので、親も人柄を知っていたようです。

新年の誓いから、ぴったり1年。

「やっと、肩の荷が下りたわ」と笑顔の母。ひとつ親孝行ができた気がしました。

幸福の科学の支部で結婚式

私たちは、幸福の科学の地元の支部で結婚式を挙げました。

「おめでとう!」

「とってもキレイよ!」

法友のみなさんが、ウェディング・ドレスやベール、ブーケから、お料理も全部、用意してくださいました。

歌あり、笑いあり、お祝いのクス玉まで準備してあったのには、びっくりです。

アットホームなあたたかい祝宴で、みなさんの気持ちが胸にしみました。

「こんなにしていただいて、ありがたいね。幸せな家庭を築いて、ご恩返しをしよう」と彼。

私もまったく同じ気持ちでした。

“家庭”という幸福のなかで

結婚後、大らかな主人のおかげで、私たち夫婦は、ケンカもしないで暮らしてきました。

2人の娘に恵まれ、その子供たちも、はや小学6年生と4年生になりました。

夢中で子育てをしているうちに、13年の月日が過ぎていったというのが、正直な感想です。

育児で悩んだ時期もありましたが、そのたび、主人や母に相談したり、幸福の科学の研修を受けたりしながら、一つひとつ乗り越えてきました。

いつも信仰を支えに生きてきた私たち。いまは、家族そろって精舎に参拝するのが喜びになっています。

そして、主人―。

忙しくても、可能なかぎり家族と話す機会を作り、相談ごとにもキチンと応えてくれている主人を、私は心から尊敬しています。

最近、主人が言ってくれた言葉―。

「家庭は、僕のよりどころだよ。仕事でどんなに疲れていても、家に帰ると安らいで、回復するんだ。また頑張れると思う。家族がいたから、いままでやってこられた」

私はうれしさでジーンとなりました。

結婚してよかった。今ではしみじみと思います。

家庭生活には、いろんな宝物が埋まっていて、毎日が発見の喜びの連続です。今後、子供たちが成長していくと、もっと楽しみが増えることでしょう。

これからも、夫婦で力を合わせて、信仰心あふれる愛に満ちた家庭を築いてまいります。

そして、私たち家族の姿が地域を照らすまでになれたら、と願っています。

関連記事

男性恐怖症を克服―恋愛・結婚―【体験談】

男性恐怖症を克服―恋愛・結婚―【体験談】

両親の不仲を見て育ち、男性に不信感を持っていたというAさん。社会人になり、男性上司にも葛藤を持ってしまいます。しかし、幸福の科学で学んだことを生かしてみると、異性への恐怖心が解け、ついに優しいご主人と結婚することができました。
> 続きを読む

新メンバーの幸福の科学体験記【入会者インタビュー】


幸福の科学に入るとどうなる? 宗教に入るメリットって何?ネット入会したばかりのおふたりが体験した「幸福の科学」について、座談会形式で本音をうかがいました。入る前と入る後では、何か変わったことは・・・
> 続きを読む

姑との確執、夫婦の不和・・・心が通い合うまで【幸福の科学 信仰体験】

休日の午後、家族4人がそろうひととき—。
3歳になる娘のはしゃぐ姿に、日ごろ多忙な主人も目を細めています。高校生の長男も嬉しそう。
ありふれた家族の光景ですが、わが家にこの幸せがあるのは幸福の科学との出会いがあったからです。Mさん(40代・女性)
> 続きを読む

関連リンク

幸福の科学 信仰体験 一覧
ネット入会のご案内

この記事は、隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第125号より転載し、編集を加えたものです。

見えることのない目

私は、生まれた時から目が見えません。

生まれつき目に障害があって、右目にわずかな光を感じるだけで、左目は何も見えません。

出産当日、私は予定より2週間も遅れて生まれてきました。泣き声をあげず、体温も低い状態でしたが、医師からは「特に問題はありません」と言われたそうです。

しかし、4カ月が過ぎた頃。同じ時期に生まれた赤ちゃんと一緒に検診を受けた時、母は私の様子がおかしいことに気づきました。

よその子が、まわりの様子を見て瞳をキョロキョロさせるのに比べて、私の視線があまりにも無反応であったからです。

総合病院を紹介されて検査を受けると、「網膜形成不全」「小眼球」と診断されました。

「胎児の時に、へその緒が首や身体に巻きついて、圧迫されていたのが原因かもしれません」

医師はそう説明しましたが、はっきりした原因は分からないようでした。

ただ、一つだけ明らかなことがありました。それは私の目が見えるようになる可能性はほとんどないということでした。

バイオリン

4歳ぐらいになると、私は自分の状況が少しずつ分かってきました。

「ねぇ、お母さん。私ってなんで見えないの?」

何度も同じような質問をする私。自分の障害について、だんだん気にするようになっていきました。

ある日、母が言いました。

「Aちゃん、音楽が好きだよね。バイオリンをやってみない?」

母に勧められて、バイオリンのレッスンを受け始めることに。自分で自由に音が出せることがうれしくて、私は夢中になりました。そのせいか、目に対する不満を口にすることも少なくなりました。

そして、小学校に入学する時—。

私の状況からすれば、当然、盲学校に入学するところでした。

「Aちゃんが、ふつうの小学校に通いたいのなら、応援するよ」

「うん。みんなと同じがいい」

母は教育委員会と交渉して、地元の小学校で学べるようにしてくれました。

私は、週に2回、小学校に通い、残りの日は自宅で訪問教育を受けることになったのです。

現実の壁

私は、視覚障害に加えて、生まれた時から股関節がはずれている病気(先天性股関節脱臼)でもありました。治療して治りましたが、その後遺症で足が弱く、運動も苦手だったのです。

バイオリンのレッスン中にも、痛みで立っているのがつらくなり、その場に座り込んでしまうことがありました。

バイオリンは立って弾く楽器であり、レッスン中は1時間近くも立っていなければなりません。

「こんなんじゃ、とても続けられない」

途中であきらめざるを得ませんでした。

小学校のほうも、週2回では授業についていくのが困難でした。

結局、5年生からは盲学校に通うことになりました。

「なんで、みんなと同じようにできないの! こんなの嫌だよ!」

私は泣きながら母に訴えました。

「Aちゃんが見えるようになるなら、すぐにでも、お母さんの目をあげてもいいのに・・・」

母のすすり泣く声が聞こえてきました。余計に悲しくなって、大泣きする私・・・。

やがて、父が言いました。

「A、目が見えなくても、耳は聞こえるじゃないか。みんなと話だってできるじゃないか。お父さん、Aにはできることがたくさんあると思う。それを一緒に探してみようよ」

いつもやさしい父—。

幼い頃、私が「水車ってなあに?」と尋ねると、何日もかけて水車の模型を作って説明してくれたこともありました。

両親の気持ちが伝わってきて、もう一度、がんばってみようと思いました。ほどなくして、私は自宅を出て、盲学校の寮に入ることになりました。

心に響く教え

盲学校は、環境も整っていて、思っていた以上に生活のしやすいところでした。そのおかげで勉強にも集中でき、順調に学年を重ねていきました。

中学2年生の時のことです。夜、宿題をしていると、ふと誰かに話しかけられたような気がしました。

(あれ、誰だろう? お母さん?)

不思議に思った私は、実家に帰った時、そのことを母に伝えました。すると、母は少し驚いた様子で言いました。

「ちょうど、その日、その時間ぐらいに、お母さん、お祈りをしていたの。その思いが、Aちゃんに届いたのかもしれないね」

母は、最近、幸福の科学入会したこと、そして『正心法語』という経典でお祈りをしていたことを教えてくれました。

私が、幸福の科学について興味を示すと、母は「仏陀再誕」という講演会のカセットテープを貸してくれました。さっそく、私は自分の部屋で聴いてみました。

「この世において、さまざまなる出会いが、あなた方を待っているであろう。しかし、真理との出会いは最も尊いものであり、人間として生まれて現成の仏陀の声を聴くは、奇蹟以外の何ものでもないことを知らねばならない」(『悟りの極致とは何か』第3章所収)

一言一言が、直接心に響いてくるようで、激しく心を揺さぶられました。

(・・・仏陀って、お釈迦様のこと? 再誕って、また生まれてきているということだよね?)

びっくりしましたが、その確信に満ちた力強い言葉に、「ほんとうに違いない」と思いました。胸のあたりが熱くなりました。こんなことは生まれて初めてのことでした。

語り明かした夜

「お母さん、これってすごい!」

テープを聴き終わると、私は興奮して真っ先に母のところに行きました。

次から次へと質問をあびせる私。

母は、人間が永遠の生命を持っていることや、魂修行のために何度も生まれ変わっていることなど、幸福の科学で学んでいることを教えてくれました。

「Aちゃん、“人生は一冊の問題集”なんだって。今回のAちゃんの人生は目が見えないという厳しい状況だけど・・・でも、それはAちゃんの魂が、大きく成長するために、仏が与えてくれた問題集だと思う」

母の言葉にはっとしました。

「・・・私、何不自由なく学校に通っている人たちと比べて、ずっと不公平だと思ってた。なんで私ばっかり、こんな苦労しないといけないのって・・・。でも、そうじゃないんだね。・・・よかった」

涙があふれました。

すっかり夜がふけていましたが、私はうれしくて眠る気になれず、母と一晩中語り合いました。

進学

高校生になってから、私も幸福の科学入会しました。テープを聴いたり、母に仏法真理の書籍を読んでもらったりして少しずつ学びを深めていきました。

ある日、母が「ヘレン・ケラーの霊言」を読んでくれました。

「私はこちらの世界へ来て、目も見えますし、耳も聞こえます。口も利けます。本来、人間は自由です。ただ、三次元のなかにおいて、あのような厳しい環境に置かれたということです。ですから、私が世の人々に言いたいのは、『環境をよくするために奔走するよりも、環境のなかでみずからを輝かす、そのような努力をしていただきたい』ということです」(『大川隆法霊言全集第14巻』第4章所収)

私よりも重いハンディを背負いながら、多くの人々に生きる勇気と希望を与えたヘレン・ケラー。

その言葉は、まるで自分の苦しみをすべて分かってくれているようで、心に深くしみわたりました。

「私も輝いてみたい。私にできることっていったい何だろう?」

高校2年の3学期—。私は自分の願いを両親に伝えました。

「私、進学したい。そして福祉について学んでみたい」

同級生は、鍼灸や按摩などの資格を取って就職する人がほとんどでしたが、私は「もっと勉強したい」という気持ちが強くあったのです。両親は賛成してくれました。

しかし、現実の受験は厳しいものでした。現役では受からず、1年間、受験指導を行っている盲学校で勉強。翌年は何とか地元の短大に合格することができました。

「私でも、やればできるんだ!」。苦労はしましたが、私にとって受験の経験は小さな自信になりました。

手足のしびれ

短大の寮に入って、学生生活を送るには、ある程度、一人で何でもできる必要がありました。

今の自分では無理かもしれないと感じた私は、いったん短大を休学して、生活訓練や歩行訓練を受けることにしました。

訓練のおかげで、視覚障害というハンディを負いながらも、何とかふつうの学生と一緒に学ぶことができるようになりました。

しかし、無理を重ねたせいかもしれません。その頃から、時々、体調を崩すことがありました。そのうえ、以前から感じていた右の手足のしびれがひどくなっていきました。

「いったい、どうしたんだろう・・・」。病院で検査をすると、軽い脳性麻痺であることが分かりました。

がんばろうとはするものの、思い通りにならない現実・・・。

その後、短大は卒業できましたが、体調が思わしくなく、進路を決めることができませんでした。これからどうすればいいのだろうと、不安な気持ちでいっぱいになりました。

ボランティア

「Aちゃん、一緒に支部に行こうよ」

短大卒業後、特にやることもなく、家のなかにこもりがちの私を心配して、母は幸福の科学支部に誘ってくれました。

支部に行くと、みなさん、まるで家族のように親しくしてくれました。

法話のビデオを拝聴したり、お茶を飲みながら歓談したり—みなさんと触れ合ううちに暗い気持ちが晴れていくのを感じました。

私は、頻繁に支部に顔を出すようになりました。

「私も何か手伝いましょうか? 電話番ぐらいならできますので」

「それは助かります。ありがとう」

支部で簡単なボランティアをするようになった私。

地域の方々にお配りする布教誌にチラシを挟んだりもしました。

そんな私の姿を見ていた知り合いの方が話しかけてきました。

「Aちゃんも、一緒に配らない?」

「ちゃんとできるかな・・・」。思いがけない誘いにびっくりしましたが、母からも勧められて、参加してみることに。

最初は緊張しましたが、母や支部の方に助けられながら、一軒一軒心を込めてポスティングをすると、とてもさわやかな気持ちになりました。

(どんな人が読んでくれるかな? 喜んでくれるといいなあ)。想像するのが楽しくて、私は、布教誌の配布が大好きになりました。

私、愛されてる

支部でのボランティアや、布教誌の配布を通して、私は自分が明るく前向きになっていくのを感じました。

「人のために何かをすることって、とても気持ちがいいなあ」

幸福の科学で、「与える愛」の大切さについて学んでいましたが、そのことが少し実感できたような気がしました。

そんなある日、母と一緒に総本山・正心館に参拝しました。

「障害に負けず、人生を輝かせたい」

そんな願いを込めて、私は「起死回生の秘法」という特別な祈願を受けることにしたのです。

祈願室に足を一歩踏み入れると、何とも言えないあたたかい光に包まれるのを感じました。

目の前に大きな仏がおられるような気がしました。

—がんばるんだよ。

そう、仏がやさしく声をかけてくれた気がして、涙が止まりませんでした。

終了後、いつになく心がとても軽くなっているのを感じました。

「仏は、いつどんな時も見守ってくださっているんだ・・・。私って、仏からも、家族からも、幸福の科学のみなさんからも、ほんとうにたくさん愛されてる。いまの自分が生きていられるのは、その愛のおかげだ。それなのに、進路が決まらなくて、なんで自分ばっかりこんなに苦労しないといけないのって嘆いてた。もう、そんな思いを捨てよう。自分の人生としっかり向き合ってがんばってみよう」

感謝の気持ちに満たされながら、私は心に決めました。

希望への一歩

幸福の科学支部精舎のおかげで、私はやる気を取り戻していきました。その結果、体調もよくなり、地元の視覚障害者協会でボランティアを始めることができました。

そこでの私の仕事は、様々な原稿を読みあげること。視覚障害者向けに音声を録音する仕事です。

「Aさんの声は、とてもはっきりしていて、聞きやすいですね」

ある時、広報担当の責任者の方が話しかけてきました。

「—私は、中途失明してから、30年近くこの仕事をしてきたけど、後を継いでくれそうな人が出てきてよかったよ」

「ありがとうございます。私、がんばります」

期待されて、うれしくなりました。

その後、内容や編集も任されるようになり、私はますますやりがいを感じるようになりました。

さらに、思いがけないことが起きました。ある大学から、「非常勤講師をしてくれないか」と依頼されたのです。

内容は、福祉を学んでいる学生に点字を教えるというもの。

(私にできるかな・・・でも、こんなチャンスはめったにない。やってみよう)

私は、年に7回、学生たちに点字の読み書きなど、具体的な実践について教えるようになりました。自分が苦労して学んだことや体験したことを、人のために生かせることに喜びを感じています。

自分の人生と向き合い、努力することの喜び

私は、目が見えない現実に何度も押し潰されそうになりました。

しかし、仏法真理との出会いが、自分の人生と向き合い、努力することの喜びを教えてくれたのです。

いま私は、与えられた環境のなかで、自分にできることを精一杯やっていきたいと思っています。

暗く手探り状態だった私の人生に、希望の灯をともしてくれた仏に心から感謝します。

関連記事

体の障害(中途失明)を乗り越える【体験談】

体の障害(中途失明)を乗り越える【体験談】

高校生の頃に視力を失ってしまったSさん。それまでの夢がついえるも、盲学校での新しい生活をスタートさせました。幸福の科学との不思議な縁に支えられながら、前向きな努力によって明るい人生を開いていったSさんの軌跡をお伝えします。
> 続きを読む

ダウン症という体で一生懸命に生きたあなたと【体験談】

ダウン症という体で一生懸命に生きたあなたと【体験談】

ダウン症の障害があり、20歳で亡くなったわが子。その生涯は、優しさとは何か、人として大切なことは何かを教えてくれました。ある女性の体験とともに、人生のヒントをお届けします。
> 続きを読む

乳がんの克服体験 余命5カ月、運命を変えた心の力【幸福の科学 信者体験記】

乳がんの克服体験 余命5カ月、運命を変えた心の力【幸福の科学 信者体験記】

ふとしたときに気づいた右胸の違和感。内科を受診した私に告げられた診断結果は、ステージ4の末期の乳がんでした。
> 続きを読む

関連リンク

幸福の科学 信仰体験 一覧
ネット入会のご案内

ご参加ありがとうございました

2017年8月2日(水)、大川隆法総裁の特別大講演会「大川隆法 IN 東京ドーム」が開催されました。

本会場・東京ドームには約5万人以上の方が参加し、さらに全国・全世界3,500カ所に衛星中継されました。会員信者のみならず、たくさんの一般参加者の皆さまにご参加いただけましたことを感謝申し上げます。

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU