Archive for the ‘成仏・供養’ Category

Q.死んだペットにも供養が必要ですか?

A.長期間の供養は必要ありません。

動物はすぐ生まれ変わるので、長い期間の供養は意味がない

たいていの場合、ペットは、死んだあと、すぐに生まれ変わることが多く、あの世にいる期間は長くて10年です。普通は1年以内に生まれ変わることが多く、あの世には短い間しかいません。ペットの供養をすること自体はかまわないのですが、あまり長い間、供養をすることには、意味がないのです。さらに言えば、あまり長く祀(まつ)って供養をすると、ペットの魂は、そこにいなければいけないものだと勘違いして、ずっと居ついたりすることがあります。そのため、彼らの転生輪廻の妨げになる場合もあるのです。
わが家で飼っていたウサギは、死んでから1カ月ぐらいで生まれ変わっていきました。ウサギの魂は霊界で一つの集団となり、そこから生まれ変わってきます。地上の母ウサギのおなかに入って、ポンポンと生まれてくるのです。
そのようなことを考えると、長期間ペットを供養することには疑問があります。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part3-Chapter1「あの世の諸霊が救われる、ほんとうの供養とは」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

Q.死んだペットにも供養が必要ですか?

A.長期間の供養は必要ありません。

動物はすぐ生まれ変わるので、長い期間の供養は意味がない

たいていの場合、ペットは、死んだあと、すぐに生まれ変わることが多く、あの世にいる期間は長くて10年です。普通は1年以内に生まれ変わることが多く、あの世には短い間しかいません。ペットの供養をすること自体はかまわないのですが、あまり長い間、供養をすることには、意味がないのです。さらに言えば、あまり長く祀(まつ)って供養をすると、ペットの魂は、そこにいなければいけないものだと勘違いして、ずっと居ついたりすることがあります。そのため、彼らの転生輪廻の妨げになる場合もあるのです。
わが家で飼っていたウサギは、死んでから1カ月ぐらいで生まれ変わっていきました。ウサギの魂は霊界で一つの集団となり、そこから生まれ変わってきます。地上の母ウサギのおなかに入って、ポンポンと生まれてくるのです。
そのようなことを考えると、長期間ペットを供養することには疑問があります。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part3-Chapter1「あの世の諸霊が救われる、ほんとうの供養とは」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

Q.正しい供養とはどのようなものですか?

A.供養する側が修行することが前提です。

先祖供養には「悟りの力」が必要

先祖を供養するには、その前提として、供養する側に修行が必要です。まず、仏法真理(正しい心の教え)を学習すること、真理の書籍を読み、幸福の科学の各種行事に参加して、学習を深めること、そして、仏の光の感覚を身につけることが大事です。その結果、その光の一部を手向けることが可能になるのです。
自分自身が、光を発する灯台とならずして、闇夜の海を照らすことは不可能です。自分も手探り状態のままで、「何とか救いたい」と一生懸命に言っているよりも、まず、光をともすことです。そうでなければ導けないのです。
光をともすために、この世の人間にとっては、仏法真理を勉強して、修行をする必要があります。それをせずに、「ただただ救われたい」という一念で、毎日、先祖供養ばかりするのは考えものです。それよりは、まず、修行をして、悟りを高めなければなりません。悟りの力によって先祖は供養されるのです。これが原点です。

霊人の救済は、基本的には、あの世の高級霊に任せる

幸福の科学では、大きくは年に二回、供養大祭を行っています。きちんと修行した導師※1のもと、他の参加者たちの光にも護られますので、先祖供養は、できるだけ、幸福の科学の供養大祭の会場で行うことをおすすめします。幸福の科学の供養大祭の会場には、当然、参加者の守護・指導霊や当会の支援霊たちが来ているので、家に取り憑いて子孫に悪さをしている先祖は、そういう霊に見つけられます。そして、「なんだ、おまえは。何年も悪さをしているようだな」などと言われ、先生の前に出された生徒のように恐縮するのです。要するに、子孫の力だけでは救済できない場合でも、幸福の科学の行事に参加することによって、間違ったことをしている先祖を高級霊が叱ってくれるのです。あの世のことには、あの世の人が最も精通しているので、基本的には、霊人の間違いは、あの世の高級霊に任せるのがよく、それが近道なのです。
もちろん、家庭でも、年に何回か、命日などに家族全員で供養するのは、悪いことではないと思います。しかし、やりすぎないことです。毎日、朝昼晩と供養したり、毎晩、寝る前に供養したりするよりも、きちんと自分が修行をすることです。当会の根本経典である『仏説・正心法語』※2を読誦(どくじゅ)したり、仏法真理の書籍を読んだりして、まず、自分自身の悟りを高めることに重点を置き、先祖供養は、できるだけ、導師がいる所で行うほうが、危険が少なく、効果も大きいのです。
※1 導師…幸福の科学で宗教修行を重ねた講師。
※2「正心法語」…幸福の科学の会員信者に授与される経文。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part3-Chapter1「あの世の諸霊が救われる、ほんとうの供養とは」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

Q.不幸続きなのは先祖が迷っているせいですか?

A.不幸の原因は先祖ではなく、不幸を呼び込む心の状態にあります。

不幸の原因は、迷った先祖霊にあるわけではない

「あなたが、現在、不幸なのは、あなたの先祖が救われていないからだ」という論理があります。「あなたの何代前の先祖が救われていないから、今あなたは不幸なのだ」「あなたが不幸なのは、その原因をあなたがつくったからではなく、先祖に原因がある」という言い方をする宗教が数多くあります。たしかに、亡くなった両親あるいは祖父母、それより先の人が迷っていて、生きている人にすがってきていることは、現実にあります。そうした霊障による不幸も、ないわけではありません。 しかし、根本的には、地上に生きている人間の心にこそ責任があるのであり、それによって本人の幸・不幸は現れてくるのです。たとえ迷っている先祖霊がいたとしても、本人が地獄に堕ちる理由は本人の生き方にあるのであり、迷った先祖霊にあるわけではないのです。

まず、自分自身の心を自分で救う

不幸続きなのは~

本人が地獄的な生き方をしているからこそ、波長同通の法則※で、迷った先祖霊が取り憑いているのです。そして、同じく苦しみを分かち合っているというか、同病相苦しんでいるわけです。すなわち、そのようなものが憑いているから自分が不幸なのではなく、自分がそういう不幸な心を持っているからこそ、そのようなものを呼び込んでいるのです。 先祖供養も非常に大事なものですが、あくまでも、その出発点は自己責任の原則であり、死者を救う前に、まず、生者、生きている者を救わないといけません。要するに、自分自身の心を自分で救わないと、救ってくれる人はいないのです。まず自分が幸福な明るい光を出してこそ、迷っている先祖をも救うことができるのです。 ところが、自分も真っ逆さまに地獄に堕ちるような人であって、自分の不幸の責任を家族や先代のせいにしていては、決して幸福になれるものではないのです。この辺を間違ってはなりません。このように、「あくまでも自己責任が原則である」ということを知ってください。

※波長同通の法則:「心の波長、心の状態が似ていると、お互いに引きつけ合う」という法則。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part3-Chapter1「あの世の諸霊が救われる、ほんとうの供養とは」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU