Archive for the ‘憑依・お祓い’ Category

Q.生霊とは何ですか?<

A.本人の守護霊に、本人自身の強い「念(おも)い」が合体したものです。

生霊が取り憑いて不幸や病気が起きることもある

「生霊(いきりょう)」といわれるものの正体は何かというと、本人の守護霊に、地上に生きている本人自身の念(おも)いが合体したものです。特定の相手に執着し、心のなかで相手を攻撃したり嫌ったりして、「クビにしたい」「どこかに飛ばしてしまいたい」「死んでしまえ」などというような念いを持っていると、その念いが相手のところに行き、ペタッとへばりつきます。これが生霊です。
平安時代の文献などには「生霊が来て、取り憑いている」という話がよく出てきますが、現在においても、生霊はやはり存在し、生霊現象は実際にあるのです。生きている人間から、悪意を放射される。あるいは恨まれる。あるいは失脚を願われる。こういうことをされると、生霊が取り憑いて、心がとても悲観的になり、実際に(不幸を願っている)相手を喜ばせるような現象が起きてくることがありますし、病気になってしまうこともあります。

生霊を祓うには

生霊とは何ですか? 生霊の原因と祓い方

生霊が発生してしまう原因として、人間関係のトラブルが理由であることも多いのです。生霊になってしまっている本人が表面意識では気づいていなくても、潜在意識で思っていることや、苦しんでいる本心の部分が前面に出て、相手に憑いてしまうのです。
そのため、生霊を祓う、あるいは生霊を跳ね返すには、現実の人間関係や仕事などで発生した問題をすみやかに解決することも大切ですし、また、自分の心を清くし、美しくし、鏡のようなきれいな心でもって、その「悪意」や「呪い」をかわしてしまうことも大事です。

参考文献:『奇跡のガン克服法』『女性のための「幸せマインド」のつくり方』

Q.「憑依(ひょうい)」とは何ですか?

A.憑依とは、「霊が地上の人に影響を及ぼしている状態」のことです。

霊が人間に影響を及ぼす霊現象

熱帯や亜熱帯のほうのジャングルでは、シャーマンという、神降ろしをする祈祷師たちが、恍惚状態になり、別人格のようになって、踊ったり、歌ったり、突如、語りはじめたりして、一時間、二時間と、延々と神降ろしをやっていることがあります。そのうちに、先祖の霊が入ったり、神が降りたりして、まったく異常な状態になります。それは周りから見ていても分かります。一般的には、このように、霊現象を起こすスタイルのもの、すなわち、多くの人の目で見て、「これは、何かが降りてきて、動いているな」と感じるものを、憑依状態とすることが多いと思います。

日常生活でも憑依現象は起きている

ただ、幸福の科学では、もう少し広い意味で憑依を捉えています。誰の目で見ても分かるような憑依状態でなくても、「霊界の、ある存在が、ある人に、コンスタントに(ときには一時期のみのこともあるが)憑いて、影響を及ぼしているような状態」のことを、憑依と呼んでいます。憑依という言葉自体は、「悪い霊が憑く。悪霊、悪霊が憑く」というイメージが強いのですが、憑依そのもののなかには、もちろん、「神降ろし」「神がかり」というものがあるので、憑依は、霊の善悪に関係なく、「霊が憑く」という状態ではあります。霊能者が起こす憑霊状態ではなくても、日常において正常に活動している人に、特定の霊などがコンスタントに影響を与えているような状況のときには、憑依現象は起きているのだと言えます。

「取り憑かれるもの」と「取り憑くもの」とは思いが通じている

憑依とはなんですか+

霊界には「波長同通の法則」というものがあって、「取り憑かれるもの」と「取り憑くもの」とは思いが通じているのです。例えば、この世に生きている人が、誰かを強く恨んだり憎んだりする気持ちを持っているとします。その場合、あの世の地獄界に堕ち、人を恨んだり憎んだり怒ったりしている霊と、心が通じてしまいます。すると、その思いを持ち続けるかぎり、霊は、いつまででも憑依することができ、憑依された人の運命を悪くしていきます。その人を病気にしたり、事業を成功させなかったり、間違った判断をさせたりできるのです。

憑依した霊は生きている人間と同じような気分を味わえる

地獄界にいる悪霊は、「何かを破壊しようとしても破壊することができない。肉体がないために実質的な行動ができない」という状態にあります。しかし、地上界に行って、生きている人間に取り憑くと、その人と同じような気持ちが味わえるのです。あの世の食べ物は、食べても食べても、おなかがいっぱいになりません。しかし、この世に出てきて飲食街などへ行くと、酒を飲んだり食べ物を食べたりしている人がたくさんいます。そのなかで、自分が入れそうな手ごろな人、自分によく似た人を探して、その人に取り憑けば、その人が酒を飲んだり食べ物を食べたりすると、自分も、同じようなことを感じるのです。肉体のなかに入ると、酒や食べ物の感じ、舌触りが分かり、「ああ、感じる。これは、やめられないな」と思うのです。

参考文献:『神秘の法』 『真実への目覚め』 『霊的世界のほんとうの話。』

Q.どうすれば憑依霊を祓えますか?

A.反省によって、自分に憑いていた悪霊を取ることができます。

憑依霊をはずし、憑依されない方法

悪霊と心が通じなくなれば、憑依した霊は憑いていられなくなります。「憑依霊をはずすのは、実は、自分自身の心のあり方次第なのだ」ということを忘れてはなりません。
お祓いを行う人に霊的な力がある場合には、お祓いをすると、確かに、その光の影響で悪霊たちが一時期その人から離れることもありますが、神社の境内を抜けたとき、あるいは、お寺を出たときに、その影響はすぐになくなって、元の曇りのところにまた悪霊が呼び寄せられることになります。

反省で過去の「悪」は消せる

心のあり方を変えるのが、「反省」という方法です。この世のものには、取り返しのつかないことはたくさんあります。しかし、「心のなかの事実」については取り返しがつくのです。生まれてから今までに犯してきた、さまざまな悪は、きちんと反省をすることによって、まるで修正液で消すように、消していくことができます。たとえ、あなたが、悪いことを数多くしてきて、「自分は、もう、どうしようもない人間だ」と思っていたとしても、その「どうしようもない」と思ったところが出発点です。そこから反省修行をして自分自身を改めていき、それが十分なレベルまで行ったならば、その過去が帳消しになります。人間には、仏神から、そのような偉大な力が与えられているのです。
そして、自分自身に光が出るような状態になり、自分自身の守護霊、あるいは、守護霊よりも格の高い天使の光が入ってくるようになると、それは非常に温かい光で、それまでの重い感覚、苦しい感覚、疲れた感覚などが、一気に取り去られるような気持ちになるのです。

憑依霊が取れると、身体がふっと軽くなる

【確定】憑依お祓い

反省をしていくと、なかには、長年、自分に憑依していた悪霊がパリッと取れるのを感じる人もいるでしょう。悪霊は霊体なので、重さがないように思うかもしれませんが、悪霊はやはり重いものです。霊体は重みがないといっても、霊的感覚としては重さがあります。それが、五年、十年、二十年と、自分に憑いているのです。なかには、両親が持っていた悪霊を引き継いで、幼少時代から背負っている場合もあります。
ところが、反省をすると、自分にいつも憑いていた悪霊が取れるのです。取れたときに、肩や腰や背中が、ふっと軽くなります。急にスーッと軽くなって、「重荷を下ろした」という感じがします。悪霊が取れると、本当に軽くなり、頬に赤みが射し、温かい光が胸にサーッと入ってきます。これは、みなさんも味わうことのできる霊体験です。
悪霊が取れたときの爽快感。湯上がりのような、さっぱりとした感じ。顔に赤みが差し、心臓が軽くなり、体全体が軽くなる感じ。この感覚を味わっていただきたいのです。それは、十年もお風呂に入っていなかった人が、お風呂に入って垢を落としたような、そういうポカポカとした気分です。これは害のない霊体験なので、ぜひ味わっていただきたいと思います。

参考文献:『真実への目覚め』『霊的世界のほんとうの話。』『超・絶対健康法』

あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は『霊的世界のほんとうの話。』を参考に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

Q.どうすれば憑依霊を祓えますか?

A.反省によって、自分に憑いていた悪霊を取ることができます。

憑依霊をはずし、憑依されない方法

悪霊と心が通じなくなれば、憑依した霊は憑いていられなくなります。「憑依霊をはずすのは、実は、自分自身の心のあり方次第なのだ」ということを忘れてはなりません。
お祓いを行う人に霊的な力がある場合には、お祓いをすると、確かに、その光の影響で悪霊たちが一時期その人から離れることもありますが、神社の境内を抜けたとき、あるいは、お寺を出たときに、その影響はすぐになくなって、元の曇りのところにまた悪霊が呼び寄せられることになります。

反省で過去の「悪」は消せる

心のあり方を変えるのが、「反省」という方法です。この世のものには、取り返しのつかないことはたくさんあります。しかし、「心のなかの事実」については取り返しがつくのです。生まれてから今までに犯してきた、さまざまな悪は、きちんと反省をすることによって、まるで修正液で消すように、消していくことができます。たとえ、あなたが、悪いことを数多くしてきて、「自分は、もう、どうしようもない人間だ」と思っていたとしても、その「どうしようもない」と思ったところが出発点です。そこから反省修行をして自分自身を改めていき、それが十分なレベルまで行ったならば、その過去が帳消しになります。人間には、仏神から、そのような偉大な力が与えられているのです。
そして、自分自身に光が出るような状態になり、自分自身の守護霊、あるいは、守護霊よりも格の高い天使の光が入ってくるようになると、それは非常に温かい光で、それまでの重い感覚、苦しい感覚、疲れた感覚などが、一気に取り去られるような気持ちになるのです。

憑依霊が取れると、身体がふっと軽くなる

【確定】憑依お祓い

反省をしていくと、なかには、長年、自分に憑依していた悪霊がパリッと取れるのを感じる人もいるでしょう。悪霊は霊体なので、重さがないように思うかもしれませんが、悪霊はやはり重いものです。霊体は重みがないといっても、霊的感覚としては重さがあります。それが、五年、十年、二十年と、自分に憑いているのです。なかには、両親が持っていた悪霊を引き継いで、幼少時代から背負っている場合もあります。
ところが、反省をすると、自分にいつも憑いていた悪霊が取れるのです。取れたときに、肩や腰や背中が、ふっと軽くなります。急にスーッと軽くなって、「重荷を下ろした」という感じがします。悪霊が取れると、本当に軽くなり、頬に赤みが射し、温かい光が胸にサーッと入ってきます。これは、みなさんも味わうことのできる霊体験です。
悪霊が取れたときの爽快感。湯上がりのような、さっぱりとした感じ。顔に赤みが差し、心臓が軽くなり、体全体が軽くなる感じ。この感覚を味わっていただきたいのです。それは、十年もお風呂に入っていなかった人が、お風呂に入って垢を落としたような、そういうポカポカとした気分です。これは害のない霊体験なので、ぜひ味わっていただきたいと思います。

参考文献:『真実への目覚め』『霊的世界のほんとうの話。』『超・絶対健康法』

あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は『霊的世界のほんとうの話。』を参考に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU