Archive for the ‘悩み相談’ Category

TOP_image

Q

私はスポーツが好きなので、息子も外遊び好きにしたいのですが……。

私はスポーツが好きなので、息子も外遊び好きにしたいのですが……。【子育て相談】

うちの子は、外遊びよりも、家の中で本を読んだり絵を描いたりするほうが好きです。私はスポーツ好きのアウトドア派なので、子供にもどんどん外で運動してほしいと思っています。どうすればいいでしょうか。
(6才男の子のママ)

A

子供には子供の個性があります。まずそれを認めてあげましょう。

回答者 上田 隆 さん

回答者 上田 隆 さん
小児科専門医。徳島県の阿南共栄病院診療部長、小児科部長。徳島大学医学部臨床教授。診療の傍ら、全国での講演や医学専門雑誌への連載執筆などで活躍。著書に『生まれる前からハッピー育児!』『機嫌のいい子に育つママのくちぐせ』(幸福の科学出版)がある。

インドア派で調和型の子にどう接する?

(1)得意なものを認めてあげる

(1)得意なものを認めてあげる

(2)時には体を動かす楽しさも

(2)時には体を動かす楽しさも

上田 親に個性があるように、子供にも生まれたときからさまざまな個性があります。よく観察すれば、子供の個性は3歳頃までに分かるんですね。

ママ そんなに早い時期にどうやって個性を見抜くんですか。

上田 たとえば、ハイハイにも個性の差は現れます。お母さんが目を離すと、どこまでもはっていくのは進歩的な魂の傾向性を持ったお子さんでしょう。反対に、少し離れただけですぐにお母さんの所に戻ってくる子は、調和を重んじる傾向性があるでしょうね。
こんなふうに子供を観察して、その子なりの個性を発見しながら育てると、お母さんも楽しくなりますよ。

ママ じゃあ、うちの子は調和型の子かしら。親としてどのように接したらいいですか。

上田 お子さんが読書が好きでお絵かきが得意ということなら、まずその得意なところを認め、伸ばしてあげましょう。親に自分の個性を認めてもらえると、子供はとても幸福で、伸び伸びと力を発揮するものです。
時には「公園に遊びに行ってみない?」とうながし、体を動かす楽しさも体験させてあげるといいですね。ただし、無理強いはしないようにしましょう。

(この記事は月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載しました)


オススメ書籍

『じょうずな個性の伸ばし方―お母さんの子育てバイブル―』(大川隆法 著)

『じょうずな個性の伸ばし方―お母さんの子育てバイブル―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

子供の個性を、もっと愛してあげよう。

幼児期の教育法、体罰としつけの違い、正しい胎教から、反抗期の乗りこえ方、病気や障害についてまで――。霊的な真実と5人の子育て経験から導き出された数々のヒントがここに。子育てに悩んだり、疲れてしまったときにお読みいただきたい一書です。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する


「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。


TOP_image

Q

よその子にかみついたり、ひっかいたりして困ります。

よその子に噛みついてしまう子供

子どもが、幼稚園でよその子にかみついて、けがをさせてしまいました。公園で遊んでいた子とケンカして、相手の子の顔をひっかいたこともあります。乱暴な性格なのでしょうか。どうすればよその子に手を出さなくなるか悩んでいます。
(6才男の子のママ)

A

子どもの言うことをゆっくりと聞いてあげることが大切です。

回答者 上田 隆 さん

回答者 上田 隆 さん
小児科専門医。徳島県の阿南共栄病院診療部長、小児科部長。徳島大学医学部臨床教授。診療の傍ら、全国での講演や医学専門雑誌への連載執筆などで活躍。著書に『生まれる前からハッピー育児!』『機嫌のいい子に育つママのくちぐせ』(幸福の科学出版)がある。

子どもが欲求不満にならないために

(1) 落ち着いて話を聞きましょう

(1) 落ち着いて話を聞きましょう

(2) 優しく注意しましょう

(2) 優しく注意しましょう

上田 幼稚園に行く頃になると、子どもの欲求不満の程度が大きくなった時に、イライラして他の子に乱暴になることがあります。これは大人の場合と同じです。

ママ どういう時に、欲求不満になるのですか。

上田 たとえば、お母さんに甘えたいのに、夕飯の仕度で忙しくてかまってくれないなど、自分の希望や願いが叶えられない時ですね。また弟や妹ができて、周りからお兄ちゃんとしてあれこれ要求をされた時も、子どもは欲求不満になります。

ママ 子どもが何をして欲しいのかとか、どんなことが嫌なのかわからない時は、どうしたらいいですか。

上田 まず、子どもの言うことをゆっくり聞いてあげることが大切です。そのためにはお母さんに心のゆとりが必要ですね。子どもが、お母さんやお友だちに、自分の気持ちを言葉でうまく伝えることができないことも、乱暴な行為の原因になりますね。お母さんが、子どもの気持ちを理解できるまで、お子さんと根気よく話し合ってみましょう。「これが欲しかったのね、わからなくてごめんね。」と言ってあげれば納得しますよ。子どもに恐れや不安がなくなってから、乱暴な行為に対して優しく注意してあげることも、お母さんの大切な仕事ですね。

(この記事は月刊「ヘルメス・エンゼルズ」より転載しました)


オススメ書籍

『じょうずな個性の伸ばし方―お母さんの子育てバイブル―』(大川隆法 著)

『じょうずな個性の伸ばし方―お母さんの子育てバイブル―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

子供の個性を、もっと愛してあげよう。

幼児期の教育法、体罰としつけの違い、正しい胎教から、反抗期の乗りこえ方、病気や障害についてまで――。霊的な真実と5人の子育て経験から導き出された数々のヒントがここに。子育てに悩んだり、疲れてしまったときにお読みいただきたい一書です。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する


「人生の問題集」を見つけ、解決しませんか?

人生相談を行っています

幸福の科学では悩み解決や人生の好転をサポートしています。悩みや相談ごとのある方はぜひ支部にお越しください。幸福の科学で修行を積んだ実績ある支部長・講師がお話をうかがいます。プライベート・秘密はお守りしますので、安心してお話しください。


幸福の科学の供養で、故人を癒すという奇跡が起きた

横正天使

(写真は横浜正心館エントランスの「愛の天使」像)

若くして亡くなった弟を思い、心を痛めていたマイケルさん。幸福の科学に出合い、あの世があることを知って、供養を重ねていくと、大きな奇跡が訪れました。
(マイケルさん/ニュージーランド/男性/月刊「幸福の科学」第354号より転載・編集)

体験談弟の魂が、笑顔になって天国へ


20歳で亡くなった弟

弟02

私はオーストラリアのブリスベンに生まれました。家族は母と私と3人の弟妹、そして母の再婚相手(パートナー)である義父と、2人の連れ子。やがて母と義父に2人の子どもが生まれ、我が家は大家族でした。義父は体が大きく、乱暴で、私が10歳ぐらいのときから、私たち兄弟に肉体的な暴力や言葉の暴力を浴びせるようになりました。私は暴力やケンカが嫌いで、皆を笑顔にしたいと思っていましたが、そうできないことが苦痛でした。ただ、優しい母の存在だけが、私にとっての安らぎだったのです。17歳になると、私は調理師の職を得て学校を辞め、18歳で家を出ました。それは私の天職ではないと感じていましたが、まずは10年働いて自立しようと考えていたのです。
悲劇が起きたのは、私が23歳のとき。3歳年下の弟・カオが、ドラッグに手を出すようになり、薬物過剰摂取で亡くなってしまったのです。カオは、賢くユーモアのある青年でした。カオを失ったことは、家族にとって大きな悲しみとなりました。
「カオはどこへ行ったんだろう。天国へ召されたのか、それとも……」
弟の死を機に、私は「人生の意味」や「真理」を強く求めるようになっていったのです。

やっぱりあの世はある

その後、私は、実父を頼ってニュージーランドに引っ越しました。27歳のとき、周囲の勧めで大学に入学。宗教学を学び始めました。そんなある日、父の友人の日本人男性が、私にハッピー・サイエンス(幸福の科学)を紹介してくれたのです。興味が湧き、早速、大川隆法総裁の著書を読みました。『太陽の法』『黄金の法』『永遠の法』、そして『仏陀再誕』。それらの書籍には、人間には永遠の生命があり、死後も霊界で生き続け、魂修行のために再び地上に生まれ変わってくると説かれていました。また、究極の神仏が宇宙や人間を創られた理由も整然と語られており、すべて納得できたのです。もっと学んでみたいと思った私は、幸福の科学のリトリート(研修)に参加しました。そこで出会った人々は、皆ハッピーで、他の人の幸福を心から願っている方ばかり。その姿に感銘を受けた私は、自分も他の人々を助けられる人間になりたいと決意し、幸福の科学に入信することを決めたのです。

「ネバー・マインド」で宝物に出会えた

ネバー

小学校・中学校でいじめを受けたTくんは、高校入学直後、ついに不登校に。絶望の淵から彼を救ったのは、幸福の科学の不登校児支援スクール「ネバー・マインド」でした。ネバー・マインドを通して、人生に希望を見出すまでの体験をお伝えします。
(T.Mさん/東京都/男性/隔月刊「ザ・伝道」第191号より転載・編集)

体験談真っ暗だった世界が、光り輝くとき


誰にも言えない

体が弱く内気な性格だった僕は、幼稚園のころからいじめにあっていました。いじめが本格化したのは、小学校4年生のころ。不良グループのリーダー・Sくんに目をつけられた僕は、むりやり彼のグループに入れられました。
「あいつ気に入らないから、殴ってこい!」
S君は、いつも僕に理不尽な命令をしてきます。もちろん、人を殴ったりはしませんでしたが、彼の命令に背くと、暴力をふるわれることもあったので、僕はいつもビクビクしていました。そんな僕を見て、他のみんなも、「あいつは弱い」と思ったのか、僕は、いじめのターゲットにされるようになったのです。ひどいあだ名で呼ばれ、「近寄るな」「臭い」などと言葉によるいじめはほとんど毎日。ときには数人に取り押さえられて殴られたり、ランドセルをトイレに投げ込まれたりもしました。でも、学校でいじめられていることは、両親にも先生にも言えませんでした。母を悲しませたくなかったのです。学校で殴られて怪我をして帰ると、「○○くんと遊んでて、転んじゃったよ」などと嘘を言い、家ではいつも弟とふざけ合い、「明るいキャラ」を演じ続けていました。

前髪で顔を隠して

いじめを隠し通していたために、僕は、いやでも学校に行くしかありませんでした。勉強は大の苦手。いじめによるストレスもあって、授業中はいつもボーッとしていました。当然、成績はオール1に近い最悪の状態でした。Sくんや他の何人かからのいじめは、6年生までずっと続き、僕は、ますます内にこもるようになってしまったのです。人と目を合わせるのが怖くて、前髪を長く伸ばし、顔を隠して、見た目もどんどん暗くなっていきました。そんな僕にとっての唯一の楽しみは、大好きなガンダムのゲームをすること。家族と過ごす時間と、家でゲームをする時間だけは、誰からも害されない心安らぐ時間でした。こうして僕の灰色の小学校時代は、ただ、ただ、虚しく過ぎ去っていったのです。

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU