Archive for the ‘年3回発行「夢人間」’ Category

「三途の川」はこの世とあの世の境界線

「三途の川」の話、あなたは聞いたことがありますか?

亡くなった方があの世に行くときに渡ると言われている川のことです。この川は、この世とあの世の境界線のようなもので、渡りきると、霊界の入口に入ります。

世の中には、あの世を信じられず、自分が死んでも、その「死」を信じない人がたくさんいます。
三途の川を渡る行為は、そうした人たちに死んだことを教える儀式でもあるのです。

今回は、その渡り方を見ていきます。
(※本記事は小冊子「夢人間」3号より転載・編集)

さまざまな川の渡り方がある

「この世を去り、川を目の前にした霊人は、「とにかく渡らなければいけない 」 という内なる声に導かれて、川を渡ろうとします。その渡り方一つをとっても、服を濡らしてザブザブと歩いて渡る場合、水に濡れずにスムーズに渡る場合、溺れそうになりながら 大変苦労して渡る場合など、人によってさまざまなのです。
では、いくつかの渡り方を紹介しましょう。



・水面(みなも)を浮くように渡る
川の水にぬれることなく、川の水面を飛んでいきます。




・橋で渡る
川に橋がかかって、その上を歩いて渡ります。




・舟に乗って渡る
渡し舟が出てきて、それに乗って渡ります。




・溺(おぼ)れかけながら渡る
溺れなくても、川につかって服を濡らしながら歩いたり、ジャブジャブと激流にのまれたりして渡ります。

解説
あの世では、この世で生きていたときのお金や地位や名誉などは、まったく通じません。
川を渡るときに、川の中に沈んでいる名刺や預金通帳などを見ながら、この世での執着を捨てなければならないことを学んでいきます。
大事なことは、仏神を信じ、人に優しく思いやり深い人であったかかどうかという、心の美しさです。
こうした心のでき、ふできによって、渡り方に差があるわけです。

あの世での生活にも反映される、この世での心の在り方

老いて、この世にさよならをすることは、悲しいことですが、それは新たな「あの世」という世界での生活が始まること。人間は、霊的存在であり、あの世での生活が本来の世界なのです。

この世は、魂の学びのための学校です。死とは、この世での学びを終えて、あの世に還っていくことであり、本来悲しむべきことではないのです。

この世の生き方、心の在り方によって、「三途の川の渡り方」が決まります。そして、その渡り方の様子は、あの世での行き先や生活を予感させるものでもあるのです。

死後、あなたは、どんな渡り方をしたいですか?
三途の川を前にして、「しまった!」と後悔しないように、普段から、心の執着を取り去り、明るく元気な気持ちで、幸福な毎日を送ることが大切です。

この世で、人に対して優しい思いを持ち、 いつもよいことをしようと考えることが天国に還る条件です。

参考書籍:大川隆法著『霊的世界のほんとうの話。』『永遠の生命の世界』『悟りに到る道』


『霊的世界のほんとうの話。』

スピリチュアル入門決定版!
さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『永遠の生命の世界』

死は、永遠の別れではない。
それは、あの世への旅立ちであり、本来の世界に還ること──。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『悟りに到る道』

心の発見から発展へ
宗教の目的そのものといってもよい「悟り」の手がかりをわかりやすく解説。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連記事

あなたの「生き方」は天国?それとも地獄?【霊的世界のほんとうの話】


「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。…
> 続きを読む

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)

あの世は100%存在する

死んでなくなるのは、肉体だけです。
身体は灰になっても、意識は残ります。
その意識こそ、霊であり、魂であり、心です。

私たちは死後も、生きていたときと同じ「心」を持って生きているのです。

あの世の存在を信じることで、あなたの生き方は、より充実した日々に変わるでしょう。
(※本記事は小冊子「夢人間」2号より転載・編集)

1 人間はもともと霊的な生き物です

「なんとなく感じる」「なにかいる」などの感覚は程度の差こそあれ、誰しも経験があるのではないでしょうか。
目に見えず、手に触れないものを感じられる…。

それは、人間が本当は霊的な存在だからなのです。

【霊的感覚チェック】

あなたも、こちらをチェックしてみてください

霊的感覚チェック

*クリックすると拡大できます

みなさんは、ご自身の霊的感覚に気がつきましたか?
当てはまる項目が多いほど、霊的なものを身近に感じていることになります。

2 人は死ぬとこんな経験をします

それでは、「幸福の科学」だけが教えられる、あの世への旅立ちをお伝えしましょう。

肉体と魂が離れるまで

通夜

心臓の機能が止まっても、約24時間は魂が肉体から、出たり入ったりしている状態が続く。

葬儀

霊子線が切れると本当の死になる。自分の葬儀を見るなどして、「死んだらしい」と分かる。

3 地上を去り、あの世へと旅立つ魂

導きの霊

死者の霊は、四十九日ぐらいまでには、この世を去らなければなりません。各人の守護霊や、自分より先に亡くなっている両親などが、「導きの霊」として迎えにきて、魂は地上を去ることになります。

※魂と肉体は、後頭部から出ている銀色の細い線「霊子線」というもので結びついています。「魂の緒」とも言い、この線が切れるとこの世に戻ることができなくなり、本当の死が訪れることになります。

この世だけがすべての世界ではありません。霊的な世界は確実に存在します。

あの世の存在を断固として否定している人は、自分があの世にいることを理解できません。

いくら、この世に生きていたときに、「あの世などない」と考え、「死ねば一切が終わりだ。真っ暗で、何もなく、何も感じることはない」と思っていた人でも、すべての人に魂はあるので、死ぬと魂が肉体から離れてあの世に行くわけです。

人間は、霊的な存在が肉体に宿ることによって、新しい名前と個性を持ち、人生経験をするために転生輪廻を繰り返しています。

今、徹底的な霊界の証明のために、大川隆法総裁は、地上を去った世界に生きている、かつての偉人や政治家、宗教家などの言葉を、霊言として降ろしているのです。

あの世は確かに存在します。
誰もが例外なく
あの世へと還っていくことになるのです。

参考書籍:大川隆法著『霊界散歩』『真実への目覚め』

『霊界散歩』

気軽で、身近な、霊界案内決定版!
休日のひととき、心を霊界に遊ばせて。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『真実への目覚め』

いま、あなたはエル・カンターレと出逢う。
国境を超え、人種を超え、人びとの魂を揺さぶった「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」の基本思想が、ここに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『霊的世界のほんとうの話。』

スピリチュアル入門の決定版!
さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。霊的知識がわかりやすく網羅された一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連記事

あなたの「生き方」は天国?それとも地獄?【霊的世界のほんとうの話】


「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。…
> 続きを読む

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)

あの世は100%存在する

死んでなくなるのは、肉体だけです。
身体は灰になっても、意識は残ります。
その意識こそ、霊であり、魂であり、心です。

私たちは死後も、生きていたときと同じ「心」を持って生きているのです。

あの世の存在を信じることで、あなたの生き方は、より充実した日々に変わるでしょう。
(※本記事は小冊子「夢人間」2号より転載・編集)

1 人間はもともと霊的な生き物です

「なんとなく感じる」「なにかいる」などの感覚は程度の差こそあれ、誰しも経験があるのではないでしょうか。
目に見えず、手に触れないものを感じられる…。

それは、人間が本当は霊的な存在だからなのです。

あなたも、こちらをチェックしてみてください


*クリックすると拡大できます

みなさんは、ご自身の霊的感覚に気がつきましたか? 
当てはまる項目が多いほど、霊的なものを身近に感じていることになります。

2 人は死ぬとこんな経験をします

それでは、「幸福の科学」だけが教えられる、あの世への旅立ちをお伝えしましょう。

肉体と魂が離れるまで

心臓の機能が止まっても、約24時間は魂が肉体から、出たり入ったりしている状態が続く。

霊子線が切れると本当の死になる。自分の葬儀を見るなどして、「死んだらしい」と分かる。

3 地上を去り、あの世へと旅立つ魂

死者の霊は、四十九日ぐらいまでには、この世を去らなければなりません。各人の守護霊や、自分より先に亡くなっている両親などが、「導きの霊」として迎えにきて、魂は地上を去ることになります。

※魂と肉体は、後頭部から出ている銀色の細い線「霊子線」というもので結びついています。「魂の緒」とも言い、この線が切れるとこの世に戻ることができなくなり、本当の死が訪れることになります。

この世だけがすべての世界ではありません。霊的な世界は確実に存在します。

あの世の存在を断固として否定している人は、自分があの世にいることを理解できません。

いくら、この世に生きていたときに、「あの世などない」と考え、「死ねば一切が終わりだ。真っ暗で、何もなく、何も感じることはない」と思っていた人でも、すべての人に魂はあるので、死ぬと魂が肉体から離れてあの世に行くわけです。

人間は、霊的な存在が肉体に宿ることによって、新しい名前と個性を持ち、人生経験をするために転生輪廻を繰り返しています。

今、徹底的な霊界の証明のために、大川隆法総裁は、地上を去った世界に生きている、かつての偉人や政治家、宗教家などの言葉を、霊言として降ろしているのです。

あの世は確かに存在します。
誰もが例外なく
あの世へと還っていくことになるのです。

参考書籍:大川隆法著『霊界散歩』『真実への目覚め』

『霊界散歩』

気軽で、身近な、霊界案内決定版!
休日のひととき、心を霊界に遊ばせて。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『真実への目覚め』

いま、あなたはエル・カンターレと出逢う。
国境を超え、人種を超え、人びとの魂を揺さぶった「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」の基本思想が、ここに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『霊的世界のほんとうの話。』

スピリチュアル入門の決定版!
さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。霊的知識がわかりやすく網羅された一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連記事

あなたの「生き方」は天国?それとも地獄?【信仰のすすめシリーズ第1回】


「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」
そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。…
> 続きを読む

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)

誰があの世での行き先を決めるのか

「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」
そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。

天国・地獄は実際に存在します。
あなたにとっても、決して絵空事ではありません。

今回は、亡くなった後の行き先は、いったい誰がどのようにして決めているのか、その霊的真実をお伝えいたしましょう。
(※本記事は小冊子「夢人間」創刊号より転載・編集)

1 最初の衝撃しょうげきは、自分の人生を見せられること!

さて、死んで肉体から抜け出し、あの世へと旅立った魂は、次々と衝撃の出来事に出合うことに……。
先に亡くなった多くの霊人たちに見守られ、自分自身の地上の人生全てをスクリーンのようなもので見せられるのです。
不思議なことに、数十年の人生が短時間で映り、本人が忘れていることや、心の中で思ったことなども公開されていきます。

この上映会では、実際の行動だけでなく、相手の感情や思いまでもが手に取るように感じられ、深い深い幸福感や悲しみ、つらさ、悔悟かいごの念など、人生のさまざまな面を振り返ることになります。

2 生前の反省をする

スクリーンを見ながら、自分自身の反省と共に、観客となって見ている人たちが、善いことや善い思いの場面では拍手をし、悪いことや悪い思いの場面ではシビアに反応します。

※反省とは、本来あるべき仏の子としての光り輝いている自分に照らして、悪しき自分を一つ一つ捨て去り、二度とそうした思いを持ったり、行いをしたりしないように心がけることです。

あなたもチェックしよう


□ 仏や神を敬い、尊んでいる
□ 家族を大切にしていた
□ 病気になっても、笑顔だけは
欠かさないように努力した
□ 困難に対して決してくじけない


□ 悪いことも心で思う分には構わない
□ 愚痴・不平不満が多い
□ いけないと分かっていてもつい周りに流される
□ 他人に対する嫉妬心が強い

3 自分自身で行き先を決定する

この世では他人の目をごまかすことができますが、あの世は、心が透明なガラス張りの世界なので、それはできません。
良心に照らして、自分を許せなくなると、自分自身の行き先を理解し、自らの選択で、地獄世界でのさらなる魂の修行を選ぶ人もいるのです。

この世での生き方によって、
あの世の行き先が決まります。

人は、仏に与えられた自由の代償として、間違いを反省し、悔い改めることが必要です。ですから、生前からの反省が大切であり、日頃から心を正すことがとても大事なのです。

皆さまは、「反省をしない罪」というものがあることをご存じでしょうか。

反省は、この世でするか、あの世でするかのどちらかです。
今回学んだように、この世でやらなければ、あの世でやることになります。この世でやっておけばあの世でやらなくてすむのです。

そこで、必ず知っておくべきことが、思いと行いの正しさを知るための基準となる「仏法真理」です。
だからこそ、信仰生活のなかには、「反省の習慣」が含まれているのです。

よく自己反省をして、「残りの人生において、全部は無理かもしれないが、立て直しのできるところは立て直してから、あの世に還ろう」と思わなくてはなりません。

『神秘の法』より


『神秘の法』

スピリチュアリズムのすべてが、この一冊でわかる!
「守護霊の秘密」「霊界通信の原理」「UFOと霊界科学」など、現代文明が封印してきた不思議現象の秘密を明らかにした大ベストセラー。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU