Archive for the ‘宗教’ Category

Q.幸福の科学が勧める「幸福」とはどんなものですか?

A.魂の向上につながる生き方を提唱しています。

あの世に還っても幸福が続くような生き方

幸福の科学が説いている「幸福」とは、どのようなものでしょうか。世の中の、いわゆる幸福論が、この世の話ばかりをするのに対して、幸福の科学の幸福論は、この世的に幸福であるだけではなく、あの世的視点から見ても幸福である生き方を説いているのです。そういう幸福を、「この世とあの世を貫く幸福」と呼んでいます。
つまり、みなさんに対して、この世で幸福感に満ちた生き方をしていただくことを願うだけではなく、死んで、あの世に還ってからも、幸福な生活が続くような生き方を提唱し、それを実践していただきたいと願っているのです。

この世では悲劇の人生でも、あの世で幸福になる人もいる

もちろん、これ以外の考え方もあります。この世に対して、まったく否定的な見解をとるならば、「この世で、いかに悲惨な生き方をしても、あの世において幸福であれば、それでよい」という考え方もあると思います。キリスト教徒には、この世では、悲惨なこと、悲しみの現実とぶつかり合って生きながら、あの世での幸福を目指す人が、かなり多くいます。そもそも、教え主であるイエス自身が、この世では悲劇の人であったと考えてよいと思います。教え主が悲劇の人であったがゆえに、あとに続いた人たちも、悲劇を通しながら、あの世での栄光、あの世での幸福を求める生き方をしました。しかし、幸福の科学では、そうした生き方がいちばん良いとは必ずしも思っていません。わずか数十年ではありますが、この地上生活のなかにも、一定の意味合いを認めています。

この世に生まれてくる意味がある

人間は、まったく無意味なことを繰り返すだけではありません。「この世に生まれてくるには、生まれてくるだけの理由がある。この世の数十年の人生のなかにも、それなりの役割や目的がある。人間は、何かを学ぶために、この世に生まれてきて、そこで学んだものを持って、実在の世界、本来の世界に還る存在なのである」これが根本的な考え方なのです。
したがって、この世を完全に否定しているわけではなく、「修行場、教育の場、魂を磨く場として、この世は非常に大切な場である」ということを認めています。「この世において、魂が数多くの糧を得て、喜びを感ずることは、非常に幸福な生き方である。そして、その生き方が、あの世での幸福にもつながる」と言っているのです。

人生わずか2万数千日

みなさんは、数十年の人生というものを、長いように感じるでしょうが、日数に直してみると、平均して2万数千日です。そして、砂時計の砂のように、毎日毎日が1日ずつ落ちていき、2万日から3万日たったときに、みなさんは、この世を去ることになるわけです。短いといえば、非常に短い人生です。この2万数千日の間に、この世において、どれだけのことを経験し、どれだけのことをつかみえるか。これが非常に大事です。その貴重な経験を得るために、人間は人生を送っているわけです。そのために、この世に赤ん坊として生まれ、学校で学び、大人になると、職業に就き、結婚をして家庭を営みます。そして、病になったりしながら年をとっていき、やがて、この世を去っていくのです。
わずか2万数千日――。この間を、どれだけ理想的なものにしていき、あの世に還ったときに、魂の向上になっているような生き方をするか。これが非常に大事なことなのです。

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

Q.信仰は、なぜ大切なのですか?

A.死後、あの世に持って還れるものは「信仰」しかないからです。

信仰は、最後にあなたに残るもの

信仰は、なぜ大切なのですか

この世には、素晴らしいものがたくさんありますが、「最後は信仰を取る」という姿勢を採らなければいけません。この世的なものは、この世を去るときに、全部、捨てていくものであり、最後にあなたに残るものは信仰しかないのです。死んで、あの世に持って還れるものは、心しかありません。しかし、確かに心は持って還れますが、その行き場所には天国もあれば地獄もあります。天国に行く心も地獄に行く心もあるのです。
したがって、「死んだあとは、家、財産、家族、友人、持ち物、名刺など、すべてを失うのであり、あの世に持って還れるものは心しかない」という事実は、さらに踏み込んで言うならば、「あの世に持って還れるものは信仰しかない」ということになります。
信仰を持っていれば、あの世において、あなたがたが行くべき所は、はっきりと固まります。信仰こそが、あなたがたが天国に入る鍵であり、天国の門であり、天国に住むための条件です。さらには、天使になるための条件なのです。

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

Q.霊言とは何ですか?

A.霊の言葉を霊能者が語り下ろす現象です。

なぜ外国人の霊が日本語を話すの?

「霊言(れいげん)」とは、「あの世」にいる霊を呼び出し、その霊の言葉を霊能者が語り下ろす現象です。霊言ではチャネリングする人(チャネラー)の言語中枢を使用するため、外国の霊であっても、その思いを受けとって日本語に翻訳して語ることもできます。 例を挙げると、大川総裁が行った霊言のうち、ケネディナイチンゲールなど、比較的最近亡くなった外国人の霊は、英語で話していましたし、インドの神・ヴィシュヌ神は古代インド語で語っていました。また、最初は外国語を話していながらも、だんだん大川総裁や霊媒(チャネラー)の言語中枢を通じて日本語を話せるようになる場合もあります。さらには、「通訳」の霊が間に入って、日本語に同時通訳する形で行う霊言もあります。肉体ではなく「霊」なので、「おもい」を通じて言葉を変換できるのです。

生きている人の「守護霊」霊言(守護霊インタビュー)とは?

人間には、一人にひとりずつ「守護霊」がいます。「守護霊」は、地上に生きている人の「潜在意識」であり、生きている人の「本心」「本音」そのものです。守護霊と守護されている人間は同じ「魂の兄弟」(人間の魂は、通常6人で1つのグループを組んでいる)なので、その意識や記憶は一体感を持って共有されています。また、守護霊は生きている人にいつも付き添うようにしているため、ほとんど本人と同じような考え方、行動をしています。そのため、生きている人の守護霊霊言を行うと、まるで本人そのもののような立場で語ることが多く、守護霊でありながら、自分が守護霊であると分からず、「本人」だと思い込んでいる場合もあるほど、本人とほとんど一体化しているのです。

昔の人の霊が現代のことを話すのはなぜ?

【確定】宗教

幸福の科学の霊言では、昔の人の霊であっても、現代のことを語っていることがあります。これは、亡くなってからも、その霊がこの世に関心を持っているからです。人間は死んでも、その意識体は天上界に還って生き続けています。愛の心で生きた魂が、地上に無関心ということはありませんし、現代の様子を興味深く見て、情報収集する霊もいます。 また、生前のその人と違うことを言っている人もいますが、霊も成長し、進化するのです。生前と同じ考え方のまま何百年も変わらないほうが珍しいのです。「死んだ時のままで思考が止まっている霊」としては、例えば、連合艦隊司令長官の山本五十六は、ニューギニアで墜落した時の状態のままで、死後70年近く経って行われた霊言で、「今、私はジャングルの中にいる」と言っていました(『マッカーサー 戦後65年目の証言』に収録)。また、マルクスは死後120年以上、無意識状態のままでした(『マルクス・毛沢東のスピリチュアル・メッセージ』に収録)。

霊言が本物であるという確証は?

霊言は、その霊でなければ言えないことを語ります。例えば、坂本龍馬霊は自分が最期、どのように暗殺されたかを克明に語りました(『龍馬降臨』参照)。特に、今生きている人の守護霊を呼び出して話を聞くと、本人そっくりの話し方、考え方をしていて、その本人しか知らない情報や本音を語るところを見れば、これが「本物である」と分かるでしょう。それぞれの霊の個性の違いを見れば、とても創作で「霊言」ができるものではありません。たとえば、先の大戦時に、ナチスから六千人ものユダヤ難民を救った日本人外交官・杉原千畝氏や、台湾の元総統である李登輝氏の霊言に関しては、本人を直接知る人物から、推薦の言葉まで出ています(※参照 「ご子息が霊言書籍を推薦!『杉原千畝に聞く 日本外交の正義論』」『日本よ国家たれ!元台湾総統 李登輝 魂のメッセージ』)。これらの霊言の収録は公開の場で行われ、当然、原稿は一切ありません。大川総裁は幸福の科学の関係者だけではなく、一般の人もいる前で、何度も「公開霊言」を行っています。さらに、1回2~3時間の霊言の多くは、録音から起こしてそのまま1冊の本になっています。霊言の収録から書籍の発刊に至るまで、ごまかしは一切ありません。

ふつうの霊媒師やイタコ現象と霊言との違いは?

巫女や霊媒師の場合、意識がトランス状態(喪失状態)になって、「霊に乗っ取られる」形で言葉を語ります。これは、本人の魂に代わって、霊がすっぽりと入って話しているからです。しかし、大川総裁の場合は、意識ははっきりしたままで、同時通訳をするように霊の言葉を伝えることができるのです。これは、大川総裁の霊格と霊能力が非常に高く、霊が総裁を支配できず、逆に総裁のほうがコントロールできるという、力の差が歴然とあるためです。

関連記事

守護霊とはどんな存在?【霊的世界のほんとうの話】

守護霊とは何ですか

Q.守護霊とは何ですか? A.守護霊とは、あの世にいる「あなたの分身」です。 一人一名、誰にでも守護霊がついている 人間には一人ひとりに、それぞれ「守護霊」という存在がついています。守護霊とは、先祖の霊などではなく…
> 続きを読む

守護霊がいるのに、うまくいかないのはなぜ?【霊的世界のほんとうの話】

守護霊がいるのにうまくいかないのは〜

Q.守護霊がいるのに、うまくいかないのはなぜですか? A.守護霊は「教官役」。選んで、決めて、人生を生きる主体は私たち自身です。 守護霊は日々あなたを見守っている あの世の話をして、「みなさん一人ひとりには、守護霊という…
> 続きを読む

守護霊の導きを得るには?【霊的世界のほんとうの話】

守護霊の導きを得るにはか〜

Q.守護霊の導きを得るには、どうすればよいのですか? A.明確にお願いしましょう。祈りは必ず守護霊に通じます。 守護霊には、あの世での生活がある 地上の人間は傲慢になりやすく、「私に守護霊がいるのならば、私が危機にあると…
> 続きを読む

Q.正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか?

A.死後、必ず、あの世での導きや救いが得られます。「来世保険」であるといえます。

死後、あの世での導きを得られる

「とりあえず」というかたちであったとしても、何かの宗教、宗派に縁があったほうがよいのです。死後、お父さんやお母さん、親類縁者が迎えに来てくれることが多いのですが、必ず来てくれるとは限りません。自分も修行中であるために出てこられない人もいます。そういう場合には、少し救いが遠のいてしまい、苦労することがあるので、やはり、何かの宗教に縁があったほうがよいのです。自分自身は信仰を持っていなくても、友達や身近な人のなかに信仰を持っている人がいれば、ありがたいことに、それでも縁ができます。信仰心のある人は、友達が死んだときには、その人の死後のことを心配して、一生懸命に弔ったり、「成仏するように」と冥福を祈ったりします。そうすると、死んだ友達は、その信仰心のある人の守護霊や、その人の宗教の指導霊団とつながりができ、「あの人の友達だから、導きに行かなければならない」と思われ、手配をしてもらえるのです。それで、あの世での行き場所が決まります。

最大のメリットは「来世保険」

37正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか?

あの世へ行ったときに、全然、案内人がつかないというのは厳しいものです。死後、魂は体から離れ、トンネルを抜けて光の世界に入り、お花畑を通って三途の川に出ます。日本では川の場合が多いのですが、湖の場合もありますし、山の峠を越えることが三途の川を渡る代わりになっていることもあります。そのように、いろいろな場面が出てくるのですが、そのときに何らかの導きは必要なのです。そのために、宗教者たちは、この世において真理の伝道をし、この世で伝道し損ねた場合には、あの世へ行ってから、また導きの仕事をしています。
正しい宗教に入ると、必ず、その宗教を縁とした導きをいただくことができます。宗教の最大のメリットは「来世保険」であるといえるでしょう。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は『霊的世界のほんとうの話。』を参考に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU