Archive for the ‘宗教’ Category

Q.陰陽師や結界について教えてください。

A.陰陽師は、平安時代の超能力者であり政治顧問も兼ねていた存在です。結界とは悪霊の侵入を防ぐ磁場をつくることです。

陰陽師は平安時代の政治顧問でもあった

陰陽師というのは、平安時代に一種の超能力者として宮廷に出入りしていた人たちです。有名な陰陽師である安倍晴明は霊言のなかで次のように語っています。
「われわれの時代には、陰陽道、陰陽の学そのものが、学問としてあったわけでございますが、もちろん、天文学と言っても、今の天文学者が星を見ているようなものではありませんでした。天文によって、国の政のあり方や、政界の要職にある者の使命・運命・天命などについて判断していたわけです。次に頭角を現してくるのは、何者であるか、あるいは、事は秘密を要しますが、要職にある者の亡くなる時期や、政変の時期など、こういうものまで天文と絡めて読んでいたのです。
吉凶を判断し、「凶を避け、吉を取る」という考え方は、現代的に言えば、「幸・不幸は、人間の判断によって分かれていくものである」ということなので、超自然的現象を用いて吉凶をあらかじめ読むことができたならば、不幸を最小にし、幸福を最大にすることは可能なはずです」(『日本を救う陰陽師パワー』より)
政治に関して、「このようにすべきである」とアドバイスをしたり、人事について意見を述べたり、あるいは、政敵を打倒したり、そうしたことも行っていた陰陽師は、政治顧問的な役割をも担う、とても重要な存在だったのです。

結界は目に見えない「霊的な磁場」

映画やドラマで、陰陽師が結界を張って妖怪を封印する場面を見たことがある人も多いと思います。結界とは、悪霊の侵入を防ぐために宗教的空間や、霊的磁場をつくることで、“外界に対する砦”のようなものです。たとえば、神社には「しめ縄」を張って神を祀っていますが、あのようにして結界をつくって、邪霊が入れないようにしているのです。幸福の科学の支部、精舎にも一種の結界ができていて、霊的なオーラがそこを護っています。

『神秘の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『日本を救う陰陽師パワー』『神秘の法』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

Q.どうすれば健康になれますか?

A.「反省」「感謝」「精進」「祈り」がキーワードです。

明るい「想い」が健康を創る

健康になるためには、積極的で明るい想念を持って生きることが非常に大事なのです。全体的に、健康の復活のためのキーワードを考えてみると、それは「反省」「感謝」「精進」「祈り」の四つになると思います。

反省

まず、「反省」によって、健康を害し、病気を生み出すような「想い」を取り去っていくことが大事です。それは、必要以上に自分を責める心かもしれないし、病気を理由にして責任やプレッシャーから逃れたい心や、誰かを怒ったり恨んだりする心かもしれません。反省をして、そうしたマイナスの想いを除去すると、心に神仏の光が差すようになるのです。

感謝

次は「感謝」です。病人には、たいてい感謝の心がありません。不平不満や愚痴は出ますが、感謝の思いは出ないことが多いのです。したがって、病気になりたくなければ、いろいろな人に感謝をすることが大事です。現に病気になっている場合には、周りの看護師や家族などに対する感謝を心がけてください。そうすると病気は良くなります。他人を責める心があると病気は良くなりません。病気は、本人に、反省を促したり、家族のありがたみを教えたりする機会でもあります。反省や感謝を教えるための修行の機会でもあるわけです。

精進

それから、「精進」です。食事や運動など、体のコントロールも大切です。「医学知識も勉強しながら、自分の健康を維持していこう」という精進の心が不可欠です。

祈り

最後は「祈り」です。「良くなりたい」という気持ちを持ち、自分の人生全体を設計することです。「自分としては、こういう人生にしたい。このくらいの年齢までは、元気に現役で働きたい。その後も、このようにして家族と暮らしたい」という人生設計を、繰り返し繰り返し、心のなかに思い描くことです。毎日、自分の健康生活について設計し、祈ることによって、次第しだいに、生活や考え方、行動など、いろいろなものが、それに合致したものになっていきます。

参考文献:『超・絶対健康法』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

Q.幸福の科学が勧める「幸福」とはどんなものですか?

A.魂の向上につながる生き方を提唱しています。

あの世に還っても幸福が続くような生き方

幸福の科学が説いている「幸福」とは、どのようなものでしょうか。世の中の、いわゆる幸福論が、この世の話ばかりをするのに対して、幸福の科学の幸福論は、この世的に幸福であるだけではなく、あの世的視点から見ても幸福である生き方を説いているのです。そういう幸福を、「この世とあの世を貫く幸福」と呼んでいます。
つまり、みなさんに対して、この世で幸福感に満ちた生き方をしていただくことを願うだけではなく、死んで、あの世に還ってからも、幸福な生活が続くような生き方を提唱し、それを実践していただきたいと願っているのです。

この世では悲劇の人生でも、あの世で幸福になる人もいる

もちろん、これ以外の考え方もあります。この世に対して、まったく否定的な見解をとるならば、「この世で、いかに悲惨な生き方をしても、あの世において幸福であれば、それでよい」という考え方もあると思います。キリスト教徒には、この世では、悲惨なこと、悲しみの現実とぶつかり合って生きながら、あの世での幸福を目指す人が、かなり多くいます。そもそも、教え主であるイエス自身が、この世では悲劇の人であったと考えてよいと思います。教え主が悲劇の人であったがゆえに、あとに続いた人たちも、悲劇を通しながら、あの世での栄光、あの世での幸福を求める生き方をしました。しかし、幸福の科学では、そうした生き方がいちばん良いとは必ずしも思っていません。わずか数十年ではありますが、この地上生活のなかにも、一定の意味合いを認めています。

この世に生まれてくる意味がある

人間は、まったく無意味なことを繰り返すだけではありません。「この世に生まれてくるには、生まれてくるだけの理由がある。この世の数十年の人生のなかにも、それなりの役割や目的がある。人間は、何かを学ぶために、この世に生まれてきて、そこで学んだものを持って、実在の世界、本来の世界に還る存在なのである」これが根本的な考え方なのです。
したがって、この世を完全に否定しているわけではなく、「修行場、教育の場、魂を磨く場として、この世は非常に大切な場である」ということを認めています。「この世において、魂が数多くの糧を得て、喜びを感ずることは、非常に幸福な生き方である。そして、その生き方が、あの世での幸福にもつながる」と言っているのです。

人生わずか2万数千日

みなさんは、数十年の人生というものを、長いように感じるでしょうが、日数に直してみると、平均して2万数千日です。そして、砂時計の砂のように、毎日毎日が1日ずつ落ちていき、2万日から3万日たったときに、みなさんは、この世を去ることになるわけです。短いといえば、非常に短い人生です。この2万数千日の間に、この世において、どれだけのことを経験し、どれだけのことをつかみえるか。これが非常に大事です。その貴重な経験を得るために、人間は人生を送っているわけです。そのために、この世に赤ん坊として生まれ、学校で学び、大人になると、職業に就き、結婚をして家庭を営みます。そして、病になったりしながら年をとっていき、やがて、この世を去っていくのです。
わずか2万数千日――。この間を、どれだけ理想的なものにしていき、あの世に還ったときに、魂の向上になっているような生き方をするか。これが非常に大事なことなのです。

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

Q.信仰は、なぜ大切なのですか?

A.死後、あの世に持って還れるものは「信仰」しかないからです。

信仰は、最後にあなたに残るもの

信仰は、なぜ大切なのですか

この世には、素晴らしいものがたくさんありますが、「最後は信仰を取る」という姿勢を採らなければいけません。この世的なものは、この世を去るときに、全部、捨てていくものであり、最後にあなたに残るものは信仰しかないのです。死んで、あの世に持って還れるものは、心しかありません。しかし、確かに心は持って還れますが、その行き場所には天国もあれば地獄もあります。天国に行く心も地獄に行く心もあるのです。
したがって、「死んだあとは、家、財産、家族、友人、持ち物、名刺など、すべてを失うのであり、あの世に持って還れるものは心しかない」という事実は、さらに踏み込んで言うならば、「あの世に持って還れるものは信仰しかない」ということになります。
信仰を持っていれば、あの世において、あなたがたが行くべき所は、はっきりと固まります。信仰こそが、あなたがたが天国に入る鍵であり、天国の門であり、天国に住むための条件です。さらには、天使になるための条件なのです。

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU