Archive for the ‘守護霊・導き’ Category

Q.守護霊の導きを得るには、どうすればよいのですか?

A.明確にお願いしましょう。祈りは必ず守護霊に通じます。

守護霊には、あの世での生活がある

地上の人間は傲慢になりやすく、「私に守護霊がいるのならば、私が危機にあるときには、すぐ助けに来てくれるはずだ」「指導霊は愛と慈悲のかたまりなのだから、悪霊を追い払いに来てくれるはずだ」などと考えがちです。しかし、過去、三十年近くの間、私がいろいろと体験したところによると、守護霊や指導霊は、普段はあの世で仕事をしていて、この世には要所要所を締めに来ているのです。彼らにはあの世での生活があることを、みなさんは知っていなければいけません。例えば、みなさんが日々の仕事で計算機のキーを押しているときに、守護霊がみなさんと一緒に押しているということはありません。また、指導霊が一日中みなさんを見ているわけでもありません。守護・指導霊は、公園で子供が走っているのを見ている親のように、みなさんを大まかな範囲で見てはいますが、細かなことについて、「右だ」「左だ」というように、いちいち指示を出しているわけではなく、ある程度、地上の人間の裁量に任せているのです。

祈りは必ず守護霊に通じる

したがって、みなさんが「今の自分には守護霊や指導霊による護りが必要だ」と思う場合には、その内容を明確にお願いすればよいと思います。例えば、公園の砂場で遊んでいる子供が、「パパ」「ママ」と呼べば、親はすぐに寄ってきます。それと同じで、守護霊や指導霊は、自分が必要とされていると思えばサッと寄ってくるのです。「今、悪霊から護ってほしいのです」「反省をするにあたって、霊域の浄化をしたいのです」など、こうした場合には、守護・指導霊に、きちんとお願いしてください。幸福の科学の会員であれば、「守護・指導霊への祈り」を使うとよいでしょう。心で念じたことは、あの世の世界にほとんど一瞬で通じます。この祈りは、ほんの三十秒か一分ほどで終わる祈りですが、祈っていると、自分の守護霊や指導霊が近くに来てくれます。反省や祈りをするときの作法として、まず、「守護・指導霊への祈り」を読誦するとよいでしょう。この祈りは毎日読誦してもかまいません。そうすれば、守護霊や指導霊との一体感がさらに強化されていきます。ただし、守護霊や指導霊に祈るときには、少なくとも、「威儀を正して自分を見つめよう」という気持ちがなければいけません。
※「守護・指導霊への祈り」は、幸福の科学に入会すると授与される経文『入会版・正心法語』に収められています。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part2-Chapter3「一人ぼっちで生きているわけではない」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

Q.守護霊の導きを得るには、どうすればよいのですか?

A.明確にお願いしましょう。祈りは必ず守護霊に通じます。

守護霊には、あの世での生活がある

地上の人間は傲慢になりやすく、「私に守護霊がいるのならば、私が危機にあるときには、すぐ助けに来てくれるはずだ」「指導霊は愛と慈悲のかたまりなのだから、悪霊を追い払いに来てくれるはずだ」などと考えがちです。しかし、過去、三十年近くの間、私がいろいろと体験したところによると、守護霊や指導霊は、普段はあの世で仕事をしていて、この世には要所要所を締めに来ているのです。彼らにはあの世での生活があることを、みなさんは知っていなければいけません。例えば、みなさんが日々の仕事で計算機のキーを押しているときに、守護霊がみなさんと一緒に押しているということはありません。また、指導霊が一日中みなさんを見ているわけでもありません。守護・指導霊は、公園で子供が走っているのを見ている親のように、みなさんを大まかな範囲で見てはいますが、細かなことについて、「右だ」「左だ」というように、いちいち指示を出しているわけではなく、ある程度、地上の人間の裁量に任せているのです。

祈りは必ず守護霊に通じる

したがって、みなさんが「今の自分には守護霊や指導霊による護りが必要だ」と思う場合には、その内容を明確にお願いすればよいと思います。例えば、公園の砂場で遊んでいる子供が、「パパ」「ママ」と呼べば、親はすぐに寄ってきます。それと同じで、守護霊や指導霊は、自分が必要とされていると思えばサッと寄ってくるのです。「今、悪霊から護ってほしいのです」「反省をするにあたって、霊域の浄化をしたいのです」など、こうした場合には、守護・指導霊に、きちんとお願いしてください。幸福の科学の会員であれば、「守護・指導霊への祈り」を使うとよいでしょう。心で念じたことは、あの世の世界にほとんど一瞬で通じます。この祈りは、ほんの三十秒か一分ほどで終わる祈りですが、祈っていると、自分の守護霊や指導霊が近くに来てくれます。反省や祈りをするときの作法として、まず、「守護・指導霊への祈り」を読誦するとよいでしょう。この祈りは毎日読誦してもかまいません。そうすれば、守護霊や指導霊との一体感がさらに強化されていきます。ただし、守護霊や指導霊に祈るときには、少なくとも、「威儀を正して自分を見つめよう」という気持ちがなければいけません。
※「守護・指導霊への祈り」は、幸福の科学に入会すると授与される経文『正心法語』に収められています。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part2-Chapter3「一人ぼっちで生きているわけではない」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

Q.守護霊がいるのに、うまくいかないのはなぜですか?

A.守護霊は「教官役」。選んで、決めて、人生を生きる主体は私たち自身です。

守護霊は日々あなたを見守っている

あの世の話をして、「みなさん一人ひとりには、守護霊という存在がついていて、彼らがみなさんを見守っているのですよ」と話したら、信仰心のない人はすぐに言い返してきます。「守護霊がついているのに、どうして俺はこんなに不幸なんだ」「どうして事業に失敗するのだ」「どうしてお金が儲からないのだ」「どうして家族が病気で死んだのだ。おかしいではないか」と言います。「守護霊がいるなら、ちゃんと護ってくれるはずなのに、護ってくれないではないか。だから信じられない」と言う人がいるのです。しかし、私はずっと見てきましたが、守護霊は、ほんとうに、みなさんの生き方を、毎日毎日、見守っていて、一緒に喜んだり悲しんだりしているのです。

守護霊は、あくまでも指導教官役。ハンドルを握るのはあなた

ただ、原則というものがあって、この世に肉体を持って生活している魂には、その人の今世の魂修行がありますから、あくまでも主体性は地上の人にあるのです。ほんとうに、バックシート・ドライバーのように後ろに乗っていて、「あっちに行きなさい。こっちに行きなさい」と指図はしているのだけれども、自分がハンドルを握って運転してはいけないのです。それは、例えば自動車教習所では、教官が横に座っていて、危ないときにはブレーキを踏んだりするけれども、教官が自らハンドルをとって運転するわけにはいかないのと同じです。それでは指導にならないわけです。そういうところがあります。これは、この世とあの世では修行場所が違っている以上、やむをえない原則なのです。したがって、これは受け入れざるをえません。ただ、みなさんには、「危機のときには、それを知らせて、いい方向に善導しよう」といつも思っている人(守護霊)がいることは、信じていただきたいと思います。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part2-Chapter3「一人ぼっちで生きているわけではない」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU