Archive for the ‘各種冊子(布教誌)’ Category

あの世は100%存在する

死んでなくなるのは、肉体だけです。
身体は灰になっても、意識は残ります。
その意識こそ、霊であり、魂であり、心です。

私たちは死後も、生きていたときと同じ「心」を持って生きているのです。

あの世の存在を信じることで、あなたの生き方は、より充実した日々に変わるでしょう。
(※本記事は小冊子「夢人間」2号より転載・編集)

1 人間はもともと霊的な生き物です

「なんとなく感じる」「なにかいる」などの感覚は程度の差こそあれ、誰しも経験があるのではないでしょうか。
目に見えず、手に触れないものを感じられる…。

それは、人間が本当は霊的な存在だからなのです。

【霊的感覚チェック】

あなたも、こちらをチェックしてみてください

霊的感覚チェック

*クリックすると拡大できます

みなさんは、ご自身の霊的感覚に気がつきましたか?
当てはまる項目が多いほど、霊的なものを身近に感じていることになります。

2 人は死ぬとこんな経験をします

それでは、「幸福の科学」だけが教えられる、あの世への旅立ちをお伝えしましょう。

肉体と魂が離れるまで

通夜

心臓の機能が止まっても、約24時間は魂が肉体から、出たり入ったりしている状態が続く。

葬儀

霊子線が切れると本当の死になる。自分の葬儀を見るなどして、「死んだらしい」と分かる。

3 地上を去り、あの世へと旅立つ魂

導きの霊

死者の霊は、四十九日ぐらいまでには、この世を去らなければなりません。各人の守護霊や、自分より先に亡くなっている両親などが、「導きの霊」として迎えにきて、魂は地上を去ることになります。

※魂と肉体は、後頭部から出ている銀色の細い線「霊子線」というもので結びついています。「魂の緒」とも言い、この線が切れるとこの世に戻ることができなくなり、本当の死が訪れることになります。

この世だけがすべての世界ではありません。霊的な世界は確実に存在します。

あの世の存在を断固として否定している人は、自分があの世にいることを理解できません。

いくら、この世に生きていたときに、「あの世などない」と考え、「死ねば一切が終わりだ。真っ暗で、何もなく、何も感じることはない」と思っていた人でも、すべての人に魂はあるので、死ぬと魂が肉体から離れてあの世に行くわけです。

人間は、霊的な存在が肉体に宿ることによって、新しい名前と個性を持ち、人生経験をするために転生輪廻を繰り返しています。

今、徹底的な霊界の証明のために、大川隆法総裁は、地上を去った世界に生きている、かつての偉人や政治家、宗教家などの言葉を、霊言として降ろしているのです。

あの世は確かに存在します。
誰もが例外なく
あの世へと還っていくことになるのです。

参考書籍:大川隆法著『霊界散歩』『真実への目覚め』

『霊界散歩』

気軽で、身近な、霊界案内決定版!
休日のひととき、心を霊界に遊ばせて。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『真実への目覚め』

いま、あなたはエル・カンターレと出逢う。
国境を超え、人種を超え、人びとの魂を揺さぶった「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」の基本思想が、ここに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『霊的世界のほんとうの話。』

スピリチュアル入門の決定版!
さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。霊的知識がわかりやすく網羅された一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連記事

あなたの「生き方」は天国?それとも地獄?【霊的世界のほんとうの話】


「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。…
> 続きを読む

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)

あの世は100%存在する

死んでなくなるのは、肉体だけです。
身体は灰になっても、意識は残ります。
その意識こそ、霊であり、魂であり、心です。

私たちは死後も、生きていたときと同じ「心」を持って生きているのです。

あの世の存在を信じることで、あなたの生き方は、より充実した日々に変わるでしょう。
(※本記事は小冊子「夢人間」2号より転載・編集)

1 人間はもともと霊的な生き物です

「なんとなく感じる」「なにかいる」などの感覚は程度の差こそあれ、誰しも経験があるのではないでしょうか。
目に見えず、手に触れないものを感じられる…。

それは、人間が本当は霊的な存在だからなのです。

あなたも、こちらをチェックしてみてください


*クリックすると拡大できます

みなさんは、ご自身の霊的感覚に気がつきましたか? 
当てはまる項目が多いほど、霊的なものを身近に感じていることになります。

2 人は死ぬとこんな経験をします

それでは、「幸福の科学」だけが教えられる、あの世への旅立ちをお伝えしましょう。

肉体と魂が離れるまで

心臓の機能が止まっても、約24時間は魂が肉体から、出たり入ったりしている状態が続く。

霊子線が切れると本当の死になる。自分の葬儀を見るなどして、「死んだらしい」と分かる。

3 地上を去り、あの世へと旅立つ魂

死者の霊は、四十九日ぐらいまでには、この世を去らなければなりません。各人の守護霊や、自分より先に亡くなっている両親などが、「導きの霊」として迎えにきて、魂は地上を去ることになります。

※魂と肉体は、後頭部から出ている銀色の細い線「霊子線」というもので結びついています。「魂の緒」とも言い、この線が切れるとこの世に戻ることができなくなり、本当の死が訪れることになります。

この世だけがすべての世界ではありません。霊的な世界は確実に存在します。

あの世の存在を断固として否定している人は、自分があの世にいることを理解できません。

いくら、この世に生きていたときに、「あの世などない」と考え、「死ねば一切が終わりだ。真っ暗で、何もなく、何も感じることはない」と思っていた人でも、すべての人に魂はあるので、死ぬと魂が肉体から離れてあの世に行くわけです。

人間は、霊的な存在が肉体に宿ることによって、新しい名前と個性を持ち、人生経験をするために転生輪廻を繰り返しています。

今、徹底的な霊界の証明のために、大川隆法総裁は、地上を去った世界に生きている、かつての偉人や政治家、宗教家などの言葉を、霊言として降ろしているのです。

あの世は確かに存在します。
誰もが例外なく
あの世へと還っていくことになるのです。

参考書籍:大川隆法著『霊界散歩』『真実への目覚め』

『霊界散歩』

気軽で、身近な、霊界案内決定版!
休日のひととき、心を霊界に遊ばせて。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『真実への目覚め』

いま、あなたはエル・カンターレと出逢う。
国境を超え、人種を超え、人びとの魂を揺さぶった「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」の基本思想が、ここに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『霊的世界のほんとうの話。』

スピリチュアル入門の決定版!
さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。霊的知識がわかりやすく網羅された一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連記事

あなたの「生き方」は天国?それとも地獄?【信仰のすすめシリーズ第1回】


「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」
そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。…
> 続きを読む

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)

映画「宇宙の法―黎明編―」に関連する宇宙情報を紹介します。
解説は、幸福の科学の準本部講師であり、JAXA宇宙教育指導者でもある山本和荘さん。
宗教と科学の両方から、宇宙の謎に迫ります。


プロフィール

山本和荘(やまもとかずたか)
(総本山・那須精舎部長代理 兼 精舎活動推進局来世幸福部部長代理)
鳥取県出身。近畿大学商経学部卒業後、幸福の科学に奉職。準本部講師。子供時代、「宇宙人との仲介役にならなければいけない」という使命感に目覚め、宇宙について勉強するようになった。JAXA宇宙教育指導者。

「ヤング・ブッダ」178号(2018年10月号)より転載・編集

宇宙は無数に存在する

宇宙は広大無辺で、『太陽の法』では、400億年前に誕生したと説かれています。さらに、宇宙は水玉状に無数に存在し、その一つひとつが細胞のように神の体を形づくっていると大川総裁は明かされています。

実際、科学の世界では、マルチ(多重)にユニバース(宇宙)は存在するという「マルチバース理論(多元宇宙論)」があり、研究が進んでいるんです。

多次元宇宙の秘密を知るには認識力を上げることが必要で、宗教的に言えば、経典学習や心の修行を通して悟りを高めることがそれに当たります。

宇宙は広大なため、移動には霊界のワームホール(※1)を通る必要がありますが、利用するには5次元以上の世界について認識していることが必要だと言われているんです。

宇宙時代を拓くに当たっては、宗教の担う使命は大きいと感じています。

※1:2つの離れた領域を直接結びつけるトンネルのような時空構造。このトンネルを通過すると、理論上、光よりも速く時空の2点間を移動できると考えられているが、その存在は確認されていない。


マルチバースのイメージ図。大川総裁は、私たちが住む3次元宇宙は、人体で言えば「神の右目」に当たると説く。宇宙の縮図とも言えるほど、神様が理想とされる要素が集められており、この宇宙を通して他の全ての世界が垣間見えるようになっているという。

宇宙人は100%いる!

2016年、NASAは観測可能な範囲の宇宙には、銀河が2兆個あると発表しました。私たちが住む天の川銀河だけでも恒星が2千億個以上あると考えられていて、惑星の数も合わせると、とんでもない数になります。

さらに、「ハビタブルゾーン」(生命の生存に適した領域)に位置する惑星も数多くあり、「ドレイクの方程式」(地球と交信できるような宇宙文明の数を推算する方程式)でも、文明が存在する可能性は多分にあると出ています。
 
このように、広い宇宙で地球にしか生命が存在しないというのは、それこそ科学で証明できないという考えが主流になってきているんです。
 
幸福の科学でも2010年から「宇宙人リーディング」(※2)が始まり、多種多様な宇宙人の存在が明らかになっています。

姿は地球人に似ていて、美を大切にするプレアデス星人、相手の心を読み、自由自在に自分の姿を変えるベガ星人、姿は爬虫類型が主流で、進化と競争を重んじるレプタリアンなどが、その一例です。
 
また、近年は日本でも「UFOの目撃情報」が増えていて、大川総裁が霊的に調べたところ、国の数よりも多い500種類以上の宇宙人がすでに地球に来ていることが判明しました。

地球は科学技術において遅れを取っていますが、文科・芸術系においては、宇宙標準よりもはるかに高いレベルを持っているため、宇宙人は「愛の概念」や「自己犠牲の精神」を学びに来ているそうです。
 
とは言え、科学技術を上げる努力は必要です。宇宙人リーディングでは、未来において「地球人はベガ星に招待される」と語る宇宙人もいます。ただし、地球人自身の力で太陽系の他の惑星に行くだけの技術力を持ち、居住キャンプ基地をつくって生活できるレベルに到達することが条件となるそうです。
 
幸福の科学の支部や精舎では、200体以上の宇宙人情報を網羅した『特別版 宇宙人リーディング』(会内経典)が拝受できるので、未来の学問として、宇宙や宇宙人について学ぶことをお勧めします。


2018年7月に聖地エル・カンターレ生誕館上空に現れたUFO。大川総裁が滞在中に出現したもので、リーディングの結果、ベガ星人の準母船と判明。他にも5つの星からUFOが来ていた。

映画「宇宙の法―黎明編―」は常識を変える

10月12日に映画「宇宙の法―黎明編―」が公開されましたが、改めて本シリーズのすごさを実感する出来事がありました。
 
ある日、ケンタウルス座を研究している高名な学者の方に会う機会がありまして。その方は、大気の状態などからみてケンタウルス座には生命がいると考え、50年間研究していると聞きました。
 
帰宅後、映画「宇宙の法―黎明編―」の前作である、「UFO学園の秘密」のDVDがデッキに入っていたので、何気なく再生したんです。そうしたら、ケンタウルス座について語っている場面が流れたんです。2分程の説明でしたが、その間にケンタウルス座星人の歴史、宗教、科学など、先ほどの学者の方が一生のテーマとしている答えが、さらっと説明されていて驚きました。

幸福の科学の映画で描かれている宇宙情報は、リーディング等で得た最先端の一次情報です。私たち信者はいつでも学べる環境にあるため、ともすれば、このすごさを忘れがちですが、宇宙を研究する方からしたら、とんでもない情報が詰まった映画だと言えます。
 
今作はスケールアップして、3億3千万年前の地球の姿、宇宙とのかかわり、至高神降臨の真実まで明かされています。人生観のスケールが変わり、小さなことでは悩まなくなる映画ではないでしょうか。

宇宙について学ぶことは、人生を深める意味でも重要です。この秋、映画を通して思いっきり宇宙を体感してください。人生が実り多きものに変わると思います。

※2:地球人の魂の記憶から宇宙時代の過去世を呼び出し、対話で再現したもの。

関連リンク

大川隆法総裁 公開法話・霊言一覧
幸福の科学出版
幸福の科学の研修施設(精舎)
幸福の科学 機関誌 月刊「ヤング・ブッダ」一覧

幸福の科学では、毎日を素晴らしいものに変え、その幸福を広げていくための布教誌を毎月発行しています。
最新の2018年11月号は、10月20日(土)頃より各精舎・支部に届いています。お近くの幸福の科学へ、気軽にお立ち寄りください。

最新号のラインナップをご紹介!

月刊「幸福の科学」11月号 
―一日一生

月刊「幸福の科学」381号

大川隆法総裁 心の指針167「一日一生」
【特集】なぜ、今「宇宙の法」なのか?
AIの進歩に伴い、変わりつつある暮らしや仕事~法話「高貴なる義務を果たすために」(1)~(会員ページ)
※リンク先の会員ページは、ネット入会された方がご覧いただけます
9月の法話&霊言一覧

月刊「What’s 幸福の科学」11月号
―人生を変えるお祈りの話。

ワッツ2018年11月

〈COLUMN〉祈りの不思議
お祈りの話1 悪霊に通じてしまうのはこんなお祈り
お祈りの話2 神様に通じる「お祈りのしかた」
お祈りの話3 『祈願文』で起こった奇跡体験

月刊「ヤング・ブッダ」11月号
―大切なことは名文学が教えてくれた

YB2018年11月

特集 大切なことは名文学が教えてくれた
人生に効くコトバ「読書は人生を左右する」
What’s Happy Science?
Seeds of Politicians vol.23「幸福実現党 東京都本部江東地区代表 おもてなつこ」

月刊「ヘルメス・エンゼルズ」11月号
―【幸福の科学学園 文化祭 特集】新しいものをつくるのって楽しい!

月刊「ヘルメスエンゼルズ」2018年11月号

【幸福の科学学園 文化祭 特集】新しいものをつくるのって楽しい!
親子で学べる光のことば「新しいものをつくり出す『創造力』を学ぼう」
連載マンガ「Uchi Tomo」(27)
映画「宇宙の法—黎明編—」特別版しゃべる〜む
お仕事調査隊「内科医(ないかい)」

隔月「ザ・伝道」11月号
―豊かさを引き寄せる心の法則

隔月「ザ・伝道」2018年11月号

希望のことば 富を引き寄せる人の秘密
The体験 豊かさを引き寄せる心の法則「一文無しの『どん底』から始まった餃子屋の挑戦」
幸福の科学の信仰と活動について

関連リンク

布教誌をお読みになりたい方へ

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU