Archive for the ‘動画配信’ Category

「ヤング・ブッダ」179号(2018年11月号)には『Think Big!』の抜粋が掲載されています。
YB channelでは、誌面に掲載された書籍抜粋の朗読動画がお楽しみいただけます。
癒しの音楽とともに、読書の効用について学んでみてはいかがでしょうか。

月刊「ヤング・ブッダ」11月号
―大切なことは名文学が教えてくれた

YB2018年11月

特集 大切なことは名文学が教えてくれた
人生に効くコトバ「読書は人生を左右する」
What’s Happy Science?
Seeds of Politicians vol.23「幸福実現党 東京都本部江東地区代表 おもてなつこ」

YB channel紹介

学生と青年のための幸福の科学の小冊子「ヤング・ブッダ」編集部によるYouTubeチャンネル。誌面の特集やインタビューが動画でもお楽しみいただけます。

関連リンク

月刊「ヤング・ブッダ」

ラジオ番組「天使のモーニングコール」は、1991年10月の放送開始以来、数多くのリスナーに愛されてきました。毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる心の教えをお届けしています。

今回は、初めて幸福の科学の教えに触れる方向けのコンテンツ”幸福への第一歩シリーズ”より、「祈り」についての番組をまとめた「祈りは必ず聴き届けられる」をご紹介します。

1 「信仰生活」で幸福な日々を(0:00~)

1380回 2018.3.10、11放送

最近、疲れている。
退屈で、ふとした時に不安や寂しさ、虚しさを感じているという方。
毎日を、もっと安らぎと潤いに満ちたものに変えたいと思っている方。

そんな方にはぜひ、「信仰生活」を始めてみることをおすすめします。
「特に信心深いわけでもない」「信仰なんて敷居が高い」と思われるかもしれませんが、信仰は本来、どんな人の心の中にも備わっている神仏を求める気持ちで、人間が動物と明らかに違うということの根拠でもあります。

誰かのために祈ったり、手を合わせて誓いを立てたりしたことが、きっとあるのではないでしょうか。
そんな、「日常に溶け込む信仰」というイメージで、この番組を聴いていただければと思います。

 

ポイント

01:55 信仰とは、魂の親である仏に愛されていることを信じ、仏を愛して生きていくこと
05:42 信仰生活のポイント1:
「反省」によって心を浄化することで、仏の子としての自分を取り戻す
08:20 信仰生活のポイント2:
天上界とつながる「瞑想」を通して、心を調和させていく
11:45 信仰生活のポイント3:
「祈り」によって、神仏と一体となる幸福感を得る
15:00 穏やかで平和な、湖面のように澄んだ心を維持しよう
(大川隆法総裁 法話「常に仏陀と共に歩め」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍

信仰のすすめ

『信仰のすすめ』

泥中の花・透明な風の如く。どのような環境にあっても一輪の花を咲かせよ。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

瞑想の極意

『瞑想の極意』

これほど克明に、瞑想の本質を、奇跡の神秘体験を通して語った本はかつてなく、真実の瞑想とは何かが、初めて開示された書。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

限りなく優しくあれ

『限りなく優しくあれ』

家庭ユートピアとは何か。霊性の時代を担う女性像のひとつのあり方を示した書。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

大悟の法

『大悟の法』

限りなく奥深く、慈悲深く。仏陀の「悟り」とは何か。仏教の根本命題である「悟り」と「救い」。その本質を現代人にわかりやすく説き明かした一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

2 心を潤す、祈りの力(19:40~)

1233回 2015.5.16、17放送

「祈り」と聞くと、居住まいを正して、神社やお寺・教会などで神様にお願いごとをする、というイメージが強いでしょうか。
世界の平和や、家族の健康、将来の自己実現など…。

今回ご紹介するのは、それとは少し違う、日常生活の中で取り入れてみてほしい「祈り」のスタイルです。

心が疲れている時や、孤独を感じている時。今弱っている自分のために、神仏に心を向けて祈る、ということ。仏法真理の書籍をひもときながら、その方法を学んでみましょう。

 

ポイント

21:24 心の中を天上界からの光で満たす、「エネルギーを充電するための祈り」
26:30 心の穏やかさは幸福感へとつながり、自然と感謝の気持ちが湧いてくる
29:15 祈りの言葉~「復活の祈り」~(書籍『愛から祈りへ』より)
32:21 目には見えなくても、数多くの天使たちが私たちを見守っている
(大川隆法総裁 法話「愛は風の如く—”Love Blows Like the Wind”」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍

心と体のほんとうの関係

『心と体のほんとうの関係。』

≪主な症例≫健康の秘訣、疲労の予防法、ガンの予防、臓器移植、ウツの原因と対策、ダイエット、金縛り、性同一性障害、中絶、エイズ、インフルエンザ、アトピー性皮膚炎、自閉症、子供の障害、どもり、リウマチ、失明、看護・介護の心がけ、心臓病予防…
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

悟りに到る道

『悟りに到る道』

心の発見から発展へ。あなたの行き先は天国ですか?三途の川の渡り方。老壮年期の過ごし方。正しい宗教の見分け方。日常生活における悟り。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

愛から祈りへ

『愛から祈りへ』

エーゲの風のように、透きとおる愛。ギリシャの「繁栄と芸術の神」ヘルメス――その気高く美しい愛のすべてが、いま祈りの詩編(ことば)になった。こころが呼吸しはじめる一冊!
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

信仰のすすめ

『信仰のすすめ』

泥中の花・透明な風の如く。どのような環境にあっても一輪の花を咲かせよ。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

3 信仰と共に歩む人生(34:44~)

1367回 2017.12.9、10放送

どんな人も心の中に、神様や仏様を信じる心を宿していると思います。
神社やお寺、教会で手を合わせ、祈りを捧げる人々の姿は、とても美しいものです。

「信仰ってなんだろう?」その素朴な問いに、仏法真理の書籍をひもときながらお答えします。

どんなに科学が発達しても、社会が豊かになっても、ずっとずっと私たちを見守ってくれている存在がある―。
信仰と共に歩む人生のすばらしさを、たくさんの方に知っていただけますように。

 

ポイント

36:30 「信仰の原点」には、来世の存在、神仏の存在がある
40:48 信仰心とは、無限の愛を与えてくださる仏に「感謝」する心
44:18 「信じる」ことは美しい。信仰は、人間を高貴な存在へと変えていく
48:37 便利な物質文明のなかにおいて、決して忘れてはならないものが「信仰」
(大川隆法総裁 法話「太陽の時代の到来を信じて」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍

幸福のつかみ方

『幸福のつかみ方』

女性のための幸福論。幸福になるきっかけを、見つけてください。恋愛、結婚、家庭、仕事…。あなたの悩みに答える30の指針。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

幸福の法

『幸福の法』

あなたの心に届けたい。幸福になる四つのポイント。あなたを幸福にする心の原理、「愛」「知」「反省」「発展」の四正道をやさしくわかりやすく説き明かします。せっかく生まれたのだから幸福になりたい。そんな人類の願いを叶える宝物のような一冊です。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

天使のモーニングコールとは


幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」は、幸福の科学・大川隆法総裁の「仏法ぶっぽう真理しんり」という心の教えを中心に、毎週、前向きになるためのヒントや心の癒し方、逆境の乗り越え方などをお届けしています。
全国36局で放送されているほか、公式サイトやYouTube、radiko(ネットでラジオを聴くことができるサービス)でも番組をお聴きいただけます。
「天使のモーニングコール」公式サイト
YouTubeチャンネル「天使のモーニングコール」
radiko※アプリ、サイト内で「天使のモーニングコール」を検索してください。

関連記事

守護霊の導きを得るには?【霊的世界のほんとうの話】

守護霊の導きを得るには?

Q.守護霊の導きを得るには、どうすればよいのですか? A.明確にお願いしましょう。祈りは必ず守護霊に通じます… 続きを読む

インスピレーションの本質は守護霊による導き 夢をかなえる潜在意識のコントロールとは?【天使のモーニングコール】

インスピレーションの本質は守護霊による導き 夢をかなえる潜在意識のコントロールとは?

「インスピレーション」と言われる直観・ひらめきによって、人生を好転させる発見や気づきを得られ… 続きを読む

信仰は、なぜ大切なのですか?【霊的世界のほんとうの話】

信仰は、なぜ大切なのですか?

この世には、素晴らしいものがたくさんありますが、「最後は信仰を取る」という姿勢を… 続きを読む

正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか?【霊的世界のほんとうの話】

正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか?

Q.正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか? A.死後、必ず、あの世での導きや救いが得られます。「来世保険」であるといえます… 続きを読む

信じる心が救ってくれた私の命―壊死した足の指が再生した奇跡―【体験談】

信じる心が救ってくれた私の命―壊死した足の指が再生した奇跡―

重度の糖尿病にかかり、左足の薬指が壊死(えし)してしまったAさん。合併症を併発し、一時は危険な状態に… 続きを読む

幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」の魅力

おかげさまで放送回数1400回突破!ラジオ番組「天使のモーニングコール」では、毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる教えを… 続きを読む

月刊「ヤング・ブッダ」2018年11月号_特集「大切なことは名文学が教えてくれた」

人間関係や仕事のことなど、人生では何度も壁にぶつかる瞬間があります。その時どうすればいいのか、その答えを知る一つに、人間学の宝庫である名文学を読む方法があります。時間のない現代人にとって、いま読むべき名著とは何か―。人生の真理を説き続けている幸福の科学大川隆法総裁法話で触れられている名文学から、カテゴリー別に厳選してお届けします。

MEIBUNGAKU
エゴイストの死後をリアルに描写

『蜘蛛の糸』芥川龍之介

蜘蛛の糸

あらすじ:
お釈迦様は犍陀多(かんだた)という大泥棒が生前、一匹の蜘蛛(くも)を助けた善行(ぜんこう)に報いて地獄から救おうと思われた。そして、蜘蛛の糸を一筋垂らしたが・・・犍陀多が糸に群がる亡者に「俺のものだ、下りろ」と喚(わめ)いた瞬間、糸が切れ、彼は再び地獄に堕(お)ちていった。

者が26歳の時に発表した、初の短編童話です。地獄に堕ちる人の特徴をリアルな霊界描写と共に表現。「他人は不幸でいいが、自分は幸せになりたい」という、自己中心的に生きる人を戒(いまし)めた作品といえます。芥川龍之介氏は霊言(霊の言葉を語り下ろす現象)で、「書いている世界と同通することがある」と語っていて、作品のリアルさは、彼が霊界と繋(つな)がって書いたところに秘密が・・・。愛の心で生きた人は天国に、欲深い心で生きた人は地獄に行きます。反省すれば地獄から上がれますが、天国の住人と同じ「善人の心境」に達することが救いの条件であることを本物語は教えてくれます。

著者紹介

芥川龍之介が語る「文藝春秋」論評

あくたがわりゅうすけ(1892-1927)
東京都生まれ。東大時代、短編「鼻」を夏目漱石に激賞(げきしょう)され卒業後、作家になる。一高時代からキリスト教文献に親しみ、大川総裁は彼を「『神への愛』を知り尽くした人」と評す。


MEIBUNGAKU
英雄は、こうして生まれた

『竜馬がゆく』[1〜8]司馬遼太郎

竜馬がゆく

あらすじ:
今でこそ英雄と称(たた)えられる坂本竜馬も、昔は泣き虫な少年だった。しかし、剣術で頭角(とうかく)を現し、黒船来航を機に政治改革を決意する。そして、不可能と思えた薩長同盟、大政奉還の立役者となった。新政府樹立を目前に竜馬は暗殺され、役目を終える。

1963年、自虐史観が今よりも根強かった頃、『竜馬がゆく』(1)が発刊され、累計2千万部以上を売り上げてきました。本作について司馬遼太郎氏は霊言で、「『一人の人間に何ができるか』という公案に対して、一つの答えを与えていると思う」と語り、平凡な主人公が努力して志を貫き、大事を成す姿が描かれています。バカにされても「徳力」で人々を結びつけ、時代を変革していくさまは、人間に宿る“可能性の幅”を教えてくれます。また、藩ごとのセクショナリズムを排し、日本を一つにしようとした竜馬の大局観からは、公(おおやけ)に生きる美しさを学べるでしょう。

著者紹介

司馬遼太郎 愛国心を語る

りょうろう(1923-1996)
大阪府生まれ。新聞記者を経て作家となり、『梟(ふくろう)の城』で直木賞を受賞。本作や『坂の上の雲』等の歴史小説で立派な日本人を描き、敗戦後の国民に勇気と自信を与えた。


MEIBUNGAKU
淡々と歩む者が達人になる

『宮本武蔵』[1〜8]吉川英治

宮本武蔵

あらすじ:
剣豪(けんごう)・宮本武蔵(むさし)は誰もが恐る暴れん坊だったが、関ヶ原の戦いで敗北し、お尋ね者になる。しかし、僧の沢庵(たくあん)に捕まって反省し、3年後、剣術と精神性を磨く旅に出る。そして最後には、佐々木小次郎との決闘で勝利し、真の強さを手に入れたのだった。

川英治氏は、戦争の続く日本を勇気づけることを志した作家で、『宮本武蔵』はその代表作です。本作には努力論や成功論など、吉川氏が伝えたい「人生哲学」が数多く入っていて、武蔵を通して人間完成の道が描かれています。成功論について吉川氏は霊言で、「簡単に出来上がってしまわないことが大事。最大の敵は天狗(になること)」と語り、作中でも、無知ゆえに世界を知らず、慢心する人間の愚かさを沢庵に語らせています。自分の力に驕(おご)っていた武蔵が、書や人の言葉に学び、改心する姿は、読者に感動と勇気を与えてくれます。

著者紹介

吉川英治(1892-1962)
神奈川県生まれ。小学校中退後、苦境のなか作家になる。大川総裁が「常勝思考の人」と評した氏の座右の銘は、「我以外皆我師(われいがいみなわがし)」。


MEIBUNGAKU
経営に欠かせない「人間学」の宝庫

『三国志』[1〜8]吉川英治

三国志

あらすじ:
乱れた世を正すため、劉備(りゅうび)は義弟の関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)と27歳の頃に立ち上がった。その後、20数年の雌伏(しふく)の時を過ごし、孔明(こうめい)を得て、天下分け目の戦いに参戦。それが、「赤壁(せきへき)の戦い」である。見事、曹操(そうそう)を破った劉備は、一介のむしろ売りから一国の皇帝となった。

3000人を超える登場人物が織りなす『三国志』は、「人間学」「リーダー学」の宝庫です。吉川英治氏は『三国志』について霊言で、「(作品を通して)人情、智慧(ちえ)、頭の良さの使い分けを、いろいろなサンプル(登場人物)で勉強してほしい」と語っていて、特に、人間通である劉備からはリーダーに必要な能力が数多く学べます。彼が持つ「徳の力」は、人の上に立つ者の絶対条件です。徳とは自らの利益に関係なく、心から人を愛し、幸福にしようと行動するところに生まれます。現在、組織運営で悩んでいる人は、劉備の生き方に学んでみてはいかがでしょうか。

オススメ

吉川英治の霊言
『宮本武蔵』『三国志』に込めた思い、現代の英雄豪傑(えいゆうごうけつ)の見分け方など、人生哲学が満載です。全国の支部、精舎、拠点で公開中。


MEIBUNGAKU
人生の不幸にどう向き合うべきか

『青年の思索のために』下村湖人

青年の思索のために

あらすじ(「悲運に処する道」より):
あるとき下村湖人は、林檎(りんご)園の経営に成功した青年を訪ねた。そして、「一番つらかったことは」と聞いた。すると青年は、「仕事を始めた年初に台風に襲われたこと」と語った。だが彼は悲運の中に天意を見いだしたところ、「二度とつらいとは思わなくなった」と語った。

者の体験談をもとに、生きるとは何か、自分とは何かなど、青年が人生について考える際に必要な指針が集められた訓話集です。「悲運に処する道」では、林檎園の若手経営者が台風被害に遭(あ)うも、「台風は毎年来るもので、それを想定せずに経営するのは甘えだ。台風でも落ちない、天意にかなった林檎を育てよう」と考えたことで成功した体験が語られています。不幸を天の戒めとして反省し、感謝、努力すること、それが苦難の中で自分を支える最大の力になると作者は語ります。考え方や心境を変えることで道は拓けることを、実例で示した作品といえるでしょう。

著者紹介

しもむらじん(1884-1955)
佐賀県生まれ。17歳の頃から『新声』『明星』等に詩歌を投稿。東京帝大卒業後、教育界で活躍する。台北高校校長として名声を博した。

ラジオ番組「天使のモーニングコール」は、1991年10月の放送開始以来、数多くのリスナーに愛されてきました。毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる心の教えをお届けしています。

今回は、人気の放送回をまとめた”ベストセレクション”より、「あの世ってどんなところ?」をご紹介します。

1 霊界を知って、人生を生きる(0:00~)

1193回 2014.8.9、10放送

幸福の科学の仏法真理では、「人生はこの世限りではない」と説かれています。
この世というのは、人間が自らの魂を磨くために生まれてくる修行の舞台。
私達は、この世とあの世を何度も生まれ変わりながら行き来して、魂の進化を目指しています。

今のあなたの人生が、実はその1回に限らず、永遠に続いていく物語の中の1ページなのだとしたら…人生を見つめる目は、きっと大きく変わることでしょう。

あの世とは一体、どんな世界なのでしょうか―。
私たちの魂のふるさとについて、学んでみませんか?

 

ポイント

02:26 あの世の世界は、人間の「心の段階」によって何層もの「次元」に分かれている
05:03 四次元「幽界」…霊的世界の入り口。地獄界や精霊界がある
08:00 五次元「善人界」…仏神に対する素朴な信仰心や他の人への愛の心を持っている人々がいる世界
11:36 六次元「光明界」…世の中の役に立つ仕事をした、徳ある人々がいる世界
15:43 死後に後悔しない人生を生きよう
(大川隆法総裁 法話「人生修行の道」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍

『永遠の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の法』
人はどこから来て、どこへ去っていくのか。誰も知らなかった「霊界」のすべてが、いま明かされる。人類の永遠の疑問に答えきった霊界案内の決定版。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『霊的世界のほんとうの話。』
「あの世」の素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版!霊的知識がわかりやすく網羅され、見えない世界の真実を知る最適なテキスト。 
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『悟りに到る道』
「悟り」は宗教の目的そのものといってもよい。そこにどのような内容を盛り込み、いかなる方法論を打ちたてるか。正しい宗教の見分け方、日常生活における悟りなど「悟り」への手がかりをわかりやすく解説。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

2 色とりどりの、あの世の世界(19:38~)

1194回 2014.8.16、17放送

「人はどこから来て、どこへ還っていくのだろう?」そんなことを、考えたことはありませんか?

死後の世界は、単純に天国と地獄の2つの世界に分かれているだけではなく、地獄にも様々な地獄があり、天上界も、いくつもの次元に分かれているといいます。
そして、同じ次元でも「表側」と「裏側」がある…ということも、幸福の科学の仏法真理では明かされています。

霊界での暮らしとは、一体どのようなものなのか?
おとぎ話で説かれるような、竜宮界や魔法界は存在するのか?

広大無辺な霊界のようすを、ご紹介します。

 

ポイント

21:45 霊界は「心境・精神レベルの高さ」という縦軸と、「興味・関心の違い」という横軸があり、非常に細かく住み分けがなされている
24:44 地獄界とは別に、天上界には「裏側」と呼ばれる世界があり、そこには妖怪や魔女など「人を驚かす」ことに興味・関心を持っている存在がいる
26:47 美しい竜宮界のようす、仙人界・天狗界について
30:30 霊界には様々な宗教の世界が展開しており、それぞれに仏や神、高級霊が大勢存在し、死者の魂の救済や指導などを行っている
34:05 あの世からこの世へ生まれてくるのは、新しい経験や学び、個性を得るため
(大川隆法総裁 法話「憑依の原理」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍


『繁栄の法』
人生の成功論から教育論、そして経営危機からの脱出論まで。混迷を極める現代社会でいかに生きていくべきか。日本と世界の真の繁栄は、この一冊からはじまる。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『永遠の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の法』
人はどこから来て、どこへ去っていくのか。誰も知らなかった「霊界」のすべてが、いま明かされる。人類の永遠の疑問に答えきった霊界案内の決定版。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『霊界散歩』
これまでの霊界イメージを明るく一新!「あの世」での生活が、驚くほどリアルに描写される。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『神秘の法』
人類の常識をくつがえす「霊界科学」の真実。「守護霊の秘密」「霊界通信の原理」「UFOと霊界科学」など、現代文明が封印してきた不思議現象の秘密を明らかにした大ベストセラー。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

3 人は死んだらどうなるの?~スピリチュアル・ツアー☆霊界編~(37:22~)

1328回 2017.3.11、12放送

すべての人にいつか必ず訪れる、「死」の瞬間。
「嫌だな。怖いな」と思っている方も多いと思います。

「人は死んだらどうなるの?」という問いは、誰もが抱いたことがあるのではないでしょうか。

幸福の科学の仏法真理では、死後の世界についての教えもたくさん説かれています。
肉体がなくなっても、魂は生き続け、「霊界」において、新しい経験が待っている…。

今回は広大無辺な「霊界」の、入口までの様子をご紹介します。
ぜひ、心を開いて、神秘の世界を体験してみてください。

 

ポイント

39:00 死後、肉体から魂から抜け出す。しかしこの時点ではまだ、自分の「死」を自覚できない人が多い。
40:53 通夜や葬式を見ることで、自らの死を悟ると、守護霊や先に亡くなった両親の霊などが迎えに来る。
42:42 三途の川を渡る時に、この世への執着を捨てていく。川を渡ると美しい花畑が広がっているが、ここはまだ天国ではなく、天国・地獄をふり分ける前の世界。
46:30 生前の様子をスクリーンに映し出され、人生を振り返る。そこには「心の声」も記録されており、「人に与える人生を生きたか。それとも奪う人生を生きたか」が判定され、この後の行き先が決まっていく。
49:32 自助努力のなかに、大いなる他力がのぞむ
(大川隆法総裁 法話「この世とあの世の真実を知る」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍


『正しい供養、まちがった供養』
亡くなった人が天国に導かれる供養の「心がけ」と「注意点」とは。故人と子孫が幸せになる供養を、わかりやすく解説。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『永遠の生命の世界―人は死んだらどうなるか―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の生命の世界』
死は、永遠の別れではない。それは、あの世への旅立ちであり、本来の世界に還ること。脳死移植の問題点から、自殺や先祖供養の真実まで、「死」への疑問が霊的視点から明らかに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『信仰のすすめ』
どのような環境にあっても一輪の花を咲かせよ。幸福の科学の教えと方向性が手ごろなかたちでまとめられた宗教書。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『死んでから困らない生き方』
「この世」と「あの世」、神と悪魔、地獄からの脱出法…宗教家・大川隆法が、30年におよぶ霊的体験によって解明してきた目に見えない世界の真実。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

天使のモーニングコールとは


幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」は、幸福の科学・大川隆法総裁の「仏法ぶっぽう真理しんり」という心の教えを中心に、毎週、前向きになるためのヒントや心の癒し方、逆境の乗り越え方などをお届けしています。
全国36局で放送されているほか、公式サイトやYouTube、radiko(ネットでラジオを聴くことができるサービス)でも番組をお聴きいただけます。
「天使のモーニングコール」公式サイト
YouTubeチャンネル「天使のモーニングコール」
radiko※アプリ、サイト内で「天使のモーニングコール」を検索してください。

関連記事

幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」の魅力


おかげさまで放送回数1400回突破!ラジオ番組「天使のモーニングコール」では、毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる教えを…
続きを読む

人は死んだらどうなる?驚きの真実 【霊的世界のほんとうの話】《動画あり》

>

誰もがいつかは迎える死の瞬間。 そのとき、人はどんな体験をするのでしょうか…
続きを読む

くも膜下出血で倒れ、死後の世界を見た【臨死体験者が「あの世」をリアルに語る】動画インタビュー


「人は死んだらどうなるのか?」という問いは、誰しも抱いたことがあるのではないでしょうか。その問いに答えを与えてくれるのが、「死後の世界を見た」という数多くの臨死体験者たちの証言です。そうした体験者の1人…
続きを読む

あの世ってどんな世界?【霊的世界のほんとうの話】


Q.あの世はどんな世界ですか? A.住む人の「心」に合わせて、いろいろな世界があります…
続きを読む

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU