Archive for the ‘あの世(天国・地獄)’ Category

ラジオ番組「天使のモーニングコール」は、1991年10月の放送開始以来、数多くのリスナーに愛されてきました。毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる心の教えをお届けしています。

今回は、人気の放送回をまとめた”ベストセレクション”より、「あの世ってどんなところ?」をご紹介します。

1 霊界を知って、人生を生きる(0:00~)

1193回 2014.8.9、10放送

幸福の科学の仏法真理では、「人生はこの世限りではない」と説かれています。
この世というのは、人間が自らの魂を磨くために生まれてくる修行の舞台。
私達は、この世とあの世を何度も生まれ変わりながら行き来して、魂の進化を目指しています。

今のあなたの人生が、実はその1回に限らず、永遠に続いていく物語の中の1ページなのだとしたら…人生を見つめる目は、きっと大きく変わることでしょう。

あの世とは一体、どんな世界なのでしょうか―。
私たちの魂のふるさとについて、学んでみませんか?

 

ポイント

02:26 あの世の世界は、人間の「心の段階」によって何層もの「次元」に分かれている
05:03 四次元「幽界」…霊的世界の入り口。地獄界や精霊界がある
08:00 五次元「善人界」…仏神に対する素朴な信仰心や他の人への愛の心を持っている人々がいる世界
11:36 六次元「光明界」…世の中の役に立つ仕事をした、徳ある人々がいる世界
15:43 死後に後悔しない人生を生きよう
(大川隆法総裁 法話「人生修行の道」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍

『永遠の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の法』
人はどこから来て、どこへ去っていくのか。誰も知らなかった「霊界」のすべてが、いま明かされる。人類の永遠の疑問に答えきった霊界案内の決定版。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『霊的世界のほんとうの話。』
「あの世」の素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版!霊的知識がわかりやすく網羅され、見えない世界の真実を知る最適なテキスト。 
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『悟りに到る道』
「悟り」は宗教の目的そのものといってもよい。そこにどのような内容を盛り込み、いかなる方法論を打ちたてるか。正しい宗教の見分け方、日常生活における悟りなど「悟り」への手がかりをわかりやすく解説。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

2 色とりどりの、あの世の世界(19:38~)

1194回 2014.8.16、17放送

「人はどこから来て、どこへ還っていくのだろう?」そんなことを、考えたことはありませんか?

死後の世界は、単純に天国と地獄の2つの世界に分かれているだけではなく、地獄にも様々な地獄があり、天上界も、いくつもの次元に分かれているといいます。
そして、同じ次元でも「表側」と「裏側」がある…ということも、幸福の科学の仏法真理では明かされています。

霊界での暮らしとは、一体どのようなものなのか?
おとぎ話で説かれるような、竜宮界や魔法界は存在するのか?

広大無辺な霊界のようすを、ご紹介します。

 

ポイント

21:45 霊界は「心境・精神レベルの高さ」という縦軸と、「興味・関心の違い」という横軸があり、非常に細かく住み分けがなされている
24:44 地獄界とは別に、天上界には「裏側」と呼ばれる世界があり、そこには妖怪や魔女など「人を驚かす」ことに興味・関心を持っている存在がいる
26:47 美しい竜宮界のようす、仙人界・天狗界について
30:30 霊界には様々な宗教の世界が展開しており、それぞれに仏や神、高級霊が大勢存在し、死者の魂の救済や指導などを行っている
34:05 あの世からこの世へ生まれてくるのは、新しい経験や学び、個性を得るため
(大川隆法総裁 法話「憑依の原理」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍


『繁栄の法』
人生の成功論から教育論、そして経営危機からの脱出論まで。混迷を極める現代社会でいかに生きていくべきか。日本と世界の真の繁栄は、この一冊からはじまる。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『永遠の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の法』
人はどこから来て、どこへ去っていくのか。誰も知らなかった「霊界」のすべてが、いま明かされる。人類の永遠の疑問に答えきった霊界案内の決定版。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『霊界散歩』
これまでの霊界イメージを明るく一新!「あの世」での生活が、驚くほどリアルに描写される。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『神秘の法』
人類の常識をくつがえす「霊界科学」の真実。「守護霊の秘密」「霊界通信の原理」「UFOと霊界科学」など、現代文明が封印してきた不思議現象の秘密を明らかにした大ベストセラー。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

3 人は死んだらどうなるの?~スピリチュアル・ツアー☆霊界編~(37:22~)

1328回 2017.3.11、12放送

すべての人にいつか必ず訪れる、「死」の瞬間。
「嫌だな。怖いな」と思っている方も多いと思います。

「人は死んだらどうなるの?」という問いは、誰もが抱いたことがあるのではないでしょうか。

幸福の科学の仏法真理では、死後の世界についての教えもたくさん説かれています。
肉体がなくなっても、魂は生き続け、「霊界」において、新しい経験が待っている…。

今回は広大無辺な「霊界」の、入口までの様子をご紹介します。
ぜひ、心を開いて、神秘の世界を体験してみてください。

 

ポイント

39:00 死後、肉体から魂から抜け出す。しかしこの時点ではまだ、自分の「死」を自覚できない人が多い。
40:53 通夜や葬式を見ることで、自らの死を悟ると、守護霊や先に亡くなった両親の霊などが迎えに来る。
42:42 三途の川を渡る時に、この世への執着を捨てていく。川を渡ると美しい花畑が広がっているが、ここはまだ天国ではなく、天国・地獄をふり分ける前の世界。
46:30 生前の様子をスクリーンに映し出され、人生を振り返る。そこには「心の声」も記録されており、「人に与える人生を生きたか。それとも奪う人生を生きたか」が判定され、この後の行き先が決まっていく。
49:32 自助努力のなかに、大いなる他力がのぞむ
(大川隆法総裁 法話「この世とあの世の真実を知る」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍


『正しい供養、まちがった供養』
亡くなった人が天国に導かれる供養の「心がけ」と「注意点」とは。故人と子孫が幸せになる供養を、わかりやすく解説。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『永遠の生命の世界―人は死んだらどうなるか―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の生命の世界』
死は、永遠の別れではない。それは、あの世への旅立ちであり、本来の世界に還ること。脳死移植の問題点から、自殺や先祖供養の真実まで、「死」への疑問が霊的視点から明らかに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『信仰のすすめ』
どのような環境にあっても一輪の花を咲かせよ。幸福の科学の教えと方向性が手ごろなかたちでまとめられた宗教書。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『死んでから困らない生き方』
「この世」と「あの世」、神と悪魔、地獄からの脱出法…宗教家・大川隆法が、30年におよぶ霊的体験によって解明してきた目に見えない世界の真実。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

天使のモーニングコールとは


幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」は、幸福の科学・大川隆法総裁の「仏法ぶっぽう真理しんり」という心の教えを中心に、毎週、前向きになるためのヒントや心の癒し方、逆境の乗り越え方などをお届けしています。
全国36局で放送されているほか、公式サイトやYouTube、radiko(ネットでラジオを聴くことができるサービス)でも番組をお聴きいただけます。
「天使のモーニングコール」公式サイト
YouTubeチャンネル「天使のモーニングコール」
radiko※アプリ、サイト内で「天使のモーニングコール」を検索してください。

関連記事

幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」の魅力


おかげさまで放送回数1400回突破!ラジオ番組「天使のモーニングコール」では、毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる教えを…
続きを読む

人は死んだらどうなる?驚きの真実 【霊的世界のほんとうの話】《動画あり》

>

誰もがいつかは迎える死の瞬間。 そのとき、人はどんな体験をするのでしょうか…
続きを読む

くも膜下出血で倒れ、死後の世界を見た【臨死体験者が「あの世」をリアルに語る】動画インタビュー


「人は死んだらどうなるのか?」という問いは、誰しも抱いたことがあるのではないでしょうか。その問いに答えを与えてくれるのが、「死後の世界を見た」という数多くの臨死体験者たちの証言です。そうした体験者の1人…
続きを読む

あの世ってどんな世界?【霊的世界のほんとうの話】


Q.あの世はどんな世界ですか? A.住む人の「心」に合わせて、いろいろな世界があります…
続きを読む

ラジオ番組「天使のモーニングコール」は、1991年10月の放送開始以来、数多くのリスナーに愛されてきました。毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる心の教えをお届けしています。

今回は、人気の放送回をまとめた”ベストセレクション”より、「あの世ってどんなところ?」をご紹介します。

1 霊界を知って、人生を生きる(0:00~)

1193回 2014.8.9、10放送

幸福の科学の仏法真理では、「人生はこの世限りではない」と説かれています。
この世というのは、人間が自らの魂を磨くために生まれてくる修行の舞台。
私達は、この世とあの世を何度も生まれ変わりながら行き来して、魂の進化を目指しています。

今のあなたの人生が、実はその1回に限らず、永遠に続いていく物語の中の1ページなのだとしたら…人生を見つめる目は、きっと大きく変わることでしょう。

あの世とは一体、どんな世界なのでしょうか―。
私たちの魂のふるさとについて、学んでみませんか?

 

ポイント

02:26 あの世の世界は、人間の「心の段階」によって何層もの「次元」に分かれている
05:03 四次元「幽界」…霊的世界の入り口。地獄界や精霊界がある
08:00 五次元「善人界」…仏神に対する素朴な信仰心や他の人への愛の心を持っている人々がいる世界
11:36 六次元「光明界」…世の中の役に立つ仕事をした、徳ある人々がいる世界
15:43 死後に後悔しない人生を生きよう
(大川隆法総裁 法話「人生修行の道」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍

『永遠の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の法』
人はどこから来て、どこへ去っていくのか。誰も知らなかった「霊界」のすべてが、いま明かされる。人類の永遠の疑問に答えきった霊界案内の決定版。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『霊的世界のほんとうの話。』
「あの世」の素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版!霊的知識がわかりやすく網羅され、見えない世界の真実を知る最適なテキスト。 
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『悟りに到る道』
「悟り」は宗教の目的そのものといってもよい。そこにどのような内容を盛り込み、いかなる方法論を打ちたてるか。正しい宗教の見分け方、日常生活における悟りなど「悟り」への手がかりをわかりやすく解説。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

2 色とりどりの、あの世の世界(19:38~)

1194回 2014.8.16、17放送

「人はどこから来て、どこへ還っていくのだろう?」そんなことを、考えたことはありませんか?

死後の世界は、単純に天国と地獄の2つの世界に分かれているだけではなく、地獄にも様々な地獄があり、天上界も、いくつもの次元に分かれているといいます。
そして、同じ次元でも「表側」と「裏側」がある…ということも、幸福の科学の仏法真理では明かされています。

霊界での暮らしとは、一体どのようなものなのか?
おとぎ話で説かれるような、竜宮界や魔法界は存在するのか?

広大無辺な霊界のようすを、ご紹介します。

 

ポイント

21:45 霊界は「心境・精神レベルの高さ」という縦軸と、「興味・関心の違い」という横軸があり、非常に細かく住み分けがなされている
24:44 地獄界とは別に、天上界には「裏側」と呼ばれる世界があり、そこには妖怪や魔女など「人を驚かす」ことに興味・関心を持っている存在がいる
26:47 美しい竜宮界のようす、仙人界・天狗界について
30:30 霊界には様々な宗教の世界が展開しており、それぞれに仏や神、高級霊が大勢存在し、死者の魂の救済や指導などを行っている
34:05 あの世からこの世へ生まれてくるのは、新しい経験や学び、個性を得るため
(大川隆法総裁 法話「憑依の原理」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍


『繁栄の法』
人生の成功論から教育論、そして経営危機からの脱出論まで。混迷を極める現代社会でいかに生きていくべきか。日本と世界の真の繁栄は、この一冊からはじまる。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『永遠の法』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の法』
人はどこから来て、どこへ去っていくのか。誰も知らなかった「霊界」のすべてが、いま明かされる。人類の永遠の疑問に答えきった霊界案内の決定版。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『霊界散歩』
これまでの霊界イメージを明るく一新!「あの世」での生活が、驚くほどリアルに描写される。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『神秘の法』
人類の常識をくつがえす「霊界科学」の真実。「守護霊の秘密」「霊界通信の原理」「UFOと霊界科学」など、現代文明が封印してきた不思議現象の秘密を明らかにした大ベストセラー。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

3 人は死んだらどうなるの?~スピリチュアル・ツアー☆霊界編~(37:22~)

1328回 2017.3.11、12放送

すべての人にいつか必ず訪れる、「死」の瞬間。
「嫌だな。怖いな」と思っている方も多いと思います。

「人は死んだらどうなるの?」という問いは、誰もが抱いたことがあるのではないでしょうか。

幸福の科学の仏法真理では、死後の世界についての教えもたくさん説かれています。
肉体がなくなっても、魂は生き続け、「霊界」において、新しい経験が待っている…。

今回は広大無辺な「霊界」の、入口までの様子をご紹介します。
ぜひ、心を開いて、神秘の世界を体験してみてください。

 

ポイント

39:00 死後、肉体から魂から抜け出す。しかしこの時点ではまだ、自分の「死」を自覚できない人が多い。
40:53 通夜や葬式を見ることで、自らの死を悟ると、守護霊や先に亡くなった両親の霊などが迎えに来る。
42:42 三途の川を渡る時に、この世への執着を捨てていく。川を渡ると美しい花畑が広がっているが、ここはまだ天国ではなく、天国・地獄をふり分ける前の世界。
46:30 生前の様子をスクリーンに映し出され、人生を振り返る。そこには「心の声」も記録されており、「人に与える人生を生きたか。それとも奪う人生を生きたか」が判定され、この後の行き先が決まっていく。
49:32 自助努力のなかに、大いなる他力がのぞむ
(大川隆法総裁 法話「この世とあの世の真実を知る」より)
※数字部分をクリック(タップ)すると、該当部分の映像(音声)を視聴できます。

参考書籍


『正しい供養、まちがった供養』
亡くなった人が天国に導かれる供養の「心がけ」と「注意点」とは。故人と子孫が幸せになる供養を、わかりやすく解説。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『永遠の生命の世界―人は死んだらどうなるか―』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『永遠の生命の世界』
死は、永遠の別れではない。それは、あの世への旅立ちであり、本来の世界に還ること。脳死移植の問題点から、自殺や先祖供養の真実まで、「死」への疑問が霊的視点から明らかに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する


『信仰のすすめ』
どのような環境にあっても一輪の花を咲かせよ。幸福の科学の教えと方向性が手ごろなかたちでまとめられた宗教書。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『死んでから困らない生き方』
「この世」と「あの世」、神と悪魔、地獄からの脱出法…宗教家・大川隆法が、30年におよぶ霊的体験によって解明してきた目に見えない世界の真実。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

天使のモーニングコールとは


幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」は、幸福の科学・大川隆法総裁の「仏法ぶっぽう真理しんり」という心の教えを中心に、毎週、前向きになるためのヒントや心の癒し方、逆境の乗り越え方などをお届けしています。
全国36局で放送されているほか、公式サイトやYouTube、radiko(ネットでラジオを聴くことができるサービス)でも番組をお聴きいただけます。
「天使のモーニングコール」公式サイト
YouTubeチャンネル「天使のモーニングコール」
radiko※アプリ、サイト内で「天使のモーニングコール」を検索してください。

関連記事

幸福の科学のラジオ番組「天使のモーニングコール」の魅力


おかげさまで放送回数1400回突破!ラジオ番組「天使のモーニングコール」では、毎週、家庭や仕事、スピリチュアル等のさまざまなテーマで、幸福の科学で説かれる教えを…
続きを読む

人は死んだらどうなる?驚きの真実 【霊的世界のほんとうの話】《動画あり》

>

誰もがいつかは迎える死の瞬間。 そのとき、人はどんな体験をするのでしょうか…
続きを読む

くも膜下出血で倒れ、死後の世界を見た【臨死体験者が「あの世」をリアルに語る】動画インタビュー


「人は死んだらどうなるのか?」という問いは、誰しも抱いたことがあるのではないでしょうか。その問いに答えを与えてくれるのが、「死後の世界を見た」という数多くの臨死体験者たちの証言です。そうした体験者の1人…
続きを読む

あの世ってどんな世界?【霊的世界のほんとうの話】


Q.あの世はどんな世界ですか? A.住む人の「心」に合わせて、いろいろな世界があります…
続きを読む

あの世は100%存在する

死んでなくなるのは、肉体だけです。
身体は灰になっても、意識は残ります。
その意識こそ、霊であり、魂であり、心です。

私たちは死後も、生きていたときと同じ「心」を持って生きているのです。

あの世の存在を信じることで、あなたの生き方は、より充実した日々に変わるでしょう。
(※本記事は小冊子「夢人間」2号より転載・編集)

1 人間はもともと霊的な生き物です

「なんとなく感じる」「なにかいる」などの感覚は程度の差こそあれ、誰しも経験があるのではないでしょうか。
目に見えず、手に触れないものを感じられる…。

それは、人間が本当は霊的な存在だからなのです。

【霊的感覚チェック】

あなたも、こちらをチェックしてみてください

霊的感覚チェック

*クリックすると拡大できます

みなさんは、ご自身の霊的感覚に気がつきましたか?
当てはまる項目が多いほど、霊的なものを身近に感じていることになります。

2 人は死ぬとこんな経験をします

それでは、「幸福の科学」だけが教えられる、あの世への旅立ちをお伝えしましょう。

肉体と魂が離れるまで

通夜

心臓の機能が止まっても、約24時間は魂が肉体から、出たり入ったりしている状態が続く。

葬儀

霊子線が切れると本当の死になる。自分の葬儀を見るなどして、「死んだらしい」と分かる。

3 地上を去り、あの世へと旅立つ魂

導きの霊

死者の霊は、四十九日ぐらいまでには、この世を去らなければなりません。各人の守護霊や、自分より先に亡くなっている両親などが、「導きの霊」として迎えにきて、魂は地上を去ることになります。

※魂と肉体は、後頭部から出ている銀色の細い線「霊子線」というもので結びついています。「魂の緒」とも言い、この線が切れるとこの世に戻ることができなくなり、本当の死が訪れることになります。

この世だけがすべての世界ではありません。霊的な世界は確実に存在します。

あの世の存在を断固として否定している人は、自分があの世にいることを理解できません。

いくら、この世に生きていたときに、「あの世などない」と考え、「死ねば一切が終わりだ。真っ暗で、何もなく、何も感じることはない」と思っていた人でも、すべての人に魂はあるので、死ぬと魂が肉体から離れてあの世に行くわけです。

人間は、霊的な存在が肉体に宿ることによって、新しい名前と個性を持ち、人生経験をするために転生輪廻を繰り返しています。

今、徹底的な霊界の証明のために、大川隆法総裁は、地上を去った世界に生きている、かつての偉人や政治家、宗教家などの言葉を、霊言として降ろしているのです。

あの世は確かに存在します。
誰もが例外なく
あの世へと還っていくことになるのです。

参考書籍:大川隆法著『霊界散歩』『真実への目覚め』

『霊界散歩』

気軽で、身近な、霊界案内決定版!
休日のひととき、心を霊界に遊ばせて。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『真実への目覚め』

いま、あなたはエル・カンターレと出逢う。
国境を超え、人種を超え、人びとの魂を揺さぶった「幸福の科学(ハッピー・サイエンス)」の基本思想が、ここに。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

『霊的世界のほんとうの話。』

スピリチュアル入門の決定版!
さあ、あなたも精神世界というワンダーランドへ。霊的知識がわかりやすく網羅された一冊。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連記事

あなたの「生き方」は天国?それとも地獄?【霊的世界のほんとうの話】


「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。…
> 続きを読む

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)

Q.人はどのように生まれてくるのですか?

A.天国で暮らしていた魂が、自分で親や環境を選んで母親のおなかに宿ります。

親子は生まれる前に天国で約束してくる

子どもは偶然に生まれてくるわけではありません。人は、この世に生まれる前に、自分の親や子どもを誰にして、どのように生きていくかを計画します。子どもは自分とよく似た親を選ぶ傾向があり、親子の組み合わせには、親と子ども、お互いの魂の学びが盛り込まれています。なかには、生まれる場所と両親だけを決めて、「楽しければいいなあ」と思って、ポンと出てくる霊もいますが、高次元の霊であればあるほど、環境、両親、職業などについて、細かいところまで計画しています。この世的には、病気や事故など、悪い出来事に見えることも、魂の成長のために、あえて選択することもあります。

生まれてくる準備1――生まれる世界について学習する

人はこの世に生まれる前に、あの世と言われる世界で、霊として生活しています。本来、天国という世界で生きている「魂」が、この世に生まれて人間として生きることになるのです。
誕生予定の魂は、おなかに宿る数カ月前から、この世に生まれるための準備をします。まず、「地上世界の様子を事前学習する」という段階があり、自分が生まれる予定の地上の環境や、社会のしくみ、その他さまざまな注意事項などをレクチャーされます。

生まれてくる準備2――生まれ変わりのカプセルに入る

さまざまな予備知識を学んだ魂は、次に、意識を切りかえ、地上に生まれ変わる最終段階に入ります。みんなに見送られて、生まれ変わりのカプセルのようなものに入り、胎内に宿る準備が始まります。しだいに小さくなり、仮眠状態になっていき、霊界での意識を失っていきます。そして、胎児の魂のかたちに変化していき、地上に降りる日を待つことになります。

妊娠9週目あたりでママのおなかに魂が宿り、つわりが始まる

地上に生まれるための最終段階に入った魂は、一人ひとり地上に送り出され、妊娠9週目に入るころ母親のおなかに宿ります。魂が宿るのは、つわりが起きるころです。妊娠初期に、吐き気がしたり、においに敏感になったりと、体調が悪くなる方がいますが、実は、このとき母親の身体のなかに赤ちゃんの魂が入ってくるため、お互いの波長を合わせようとしているのです。うまくドッキングすると、つわりがなくなります。

妊娠4カ月――魂は出たり入ったりしている

魂が胎児に宿ったあとも、しばらくは、魂と胎児の結びつきが安定しません。そのため、妊娠4カ月くらいまでは、胎児の魂は、母親のおなかにずっといるわけではなく、何度も出たり入ったりしています。胎児に宿った魂は、大人の意識になったり、子どもの意識になったりしながら、しだいに子どもの意識にかたまっていきます。

妊娠5カ月~7カ月――「幼い子ども」ぐらいの意識がある

胎児の魂は、5カ月目くらいになると、幼い子どもの意識に落ち着いてきます。この状態が、妊娠7カ月くらいまで続きます。つまり、この時期なら、絵本の内容も分かるし、音楽も聞き分けることができるのです。つまり、胎教が最も有効なときだと言えます。両親が話しかけたことがおなかの赤ちゃんに伝わりますし、絵本の読み聞かせをすると、おなかの赤ちゃんもある程度、理解しています。胎教で最も大切なことは、夫婦が仲良くして、赤ちゃんの誕生をうれしく思う気持ちを持って生活することです。

妊娠8カ月以降――いつ生まれてもいい状態に

8カ月目に入ると、魂が胎児のなかにしっかりと入るかたちになり、いつ生まれてもよい状態になります。8カ月を過ぎると、胎児は、赤ちゃんの意識にかたまってきます。そのため、霊的に見ると、8カ月目以降は胎教の効果が少なくなるのです。出産までの間、体調に気をつけて、胎児が健やかに成長し、無事に生まれることを祈りましょう。

生まれてくるのは、もとは大人として暮らしていた立派な魂

精子と卵子の結合によって細胞分裂が始まり、赤ちゃんは、おなかのなかで大きくなっていくわけですが、実際はそれよりも前に、「あの世」と言われる世界で、魂が決定されています。人間は、決して単なる物質のかたまりではないのです。

『じょうずな個性の伸ばし方』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『人生の発見』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『じょうずな個性の伸ばし方』『人生の発見』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

カテゴリー
QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU