Archive for the ‘あの世(天国・地獄)’ Category

Q.人はどのように生まれてくるのですか?

A.天国で暮らしていた魂が、自分で親や環境を選んで母親のおなかに宿ります。

親子は生まれる前に天国で約束してくる

子どもは偶然に生まれてくるわけではありません。人は、この世に生まれる前に、自分の親や子どもを誰にして、どのように生きていくかを計画します。子どもは自分とよく似た親を選ぶ傾向があり、親子の組み合わせには、親と子ども、お互いの魂の学びが盛り込まれています。なかには、生まれる場所と両親だけを決めて、「楽しければいいなあ」と思って、ポンと出てくる霊もいますが、高次元の霊であればあるほど、環境、両親、職業などについて、細かいところまで計画しています。この世的には、病気や事故など、悪い出来事に見えることも、魂の成長のために、あえて選択することもあります。

生まれてくる準備1――生まれる世界について学習する

人はこの世に生まれる前に、あの世と言われる世界で、霊として生活しています。本来、天国という世界で生きている「魂」が、この世に生まれて人間として生きることになるのです。
誕生予定の魂は、おなかに宿る数カ月前から、この世に生まれるための準備をします。まず、「地上世界の様子を事前学習する」という段階があり、自分が生まれる予定の地上の環境や、社会のしくみ、その他さまざまな注意事項などをレクチャーされます。

生まれてくる準備2――生まれ変わりのカプセルに入る

さまざまな予備知識を学んだ魂は、次に、意識を切りかえ、地上に生まれ変わる最終段階に入ります。みんなに見送られて、生まれ変わりのカプセルのようなものに入り、胎内に宿る準備が始まります。しだいに小さくなり、仮眠状態になっていき、霊界での意識を失っていきます。そして、胎児の魂のかたちに変化していき、地上に降りる日を待つことになります。

妊娠9週目あたりでママのおなかに魂が宿り、つわりが始まる

地上に生まれるための最終段階に入った魂は、一人ひとり地上に送り出され、妊娠9週目に入るころ母親のおなかに宿ります。魂が宿るのは、つわりが起きるころです。妊娠初期に、吐き気がしたり、においに敏感になったりと、体調が悪くなる方がいますが、実は、このとき母親の身体のなかに赤ちゃんの魂が入ってくるため、お互いの波長を合わせようとしているのです。うまくドッキングすると、つわりがなくなります。

妊娠4カ月――魂は出たり入ったりしている

魂が胎児に宿ったあとも、しばらくは、魂と胎児の結びつきが安定しません。そのため、妊娠4カ月くらいまでは、胎児の魂は、母親のおなかにずっといるわけではなく、何度も出たり入ったりしています。胎児に宿った魂は、大人の意識になったり、子どもの意識になったりしながら、しだいに子どもの意識にかたまっていきます。

妊娠5カ月~7カ月――「幼い子ども」ぐらいの意識がある

胎児の魂は、5カ月目くらいになると、幼い子どもの意識に落ち着いてきます。この状態が、妊娠7カ月くらいまで続きます。つまり、この時期なら、絵本の内容も分かるし、音楽も聞き分けることができるのです。つまり、胎教が最も有効なときだと言えます。両親が話しかけたことがおなかの赤ちゃんに伝わりますし、絵本の読み聞かせをすると、おなかの赤ちゃんもある程度、理解しています。胎教で最も大切なことは、夫婦が仲良くして、赤ちゃんの誕生をうれしく思う気持ちを持って生活することです。

妊娠8カ月以降――いつ生まれてもいい状態に

8カ月目に入ると、魂が胎児のなかにしっかりと入るかたちになり、いつ生まれてもよい状態になります。8カ月を過ぎると、胎児は、赤ちゃんの意識にかたまってきます。そのため、霊的に見ると、8カ月目以降は胎教の効果が少なくなるのです。出産までの間、体調に気をつけて、胎児が健やかに成長し、無事に生まれることを祈りましょう。

生まれてくるのは、もとは大人として暮らしていた立派な魂

精子と卵子の結合によって細胞分裂が始まり、赤ちゃんは、おなかのなかで大きくなっていくわけですが、実際はそれよりも前に、「あの世」と言われる世界で、魂が決定されています。人間は、決して単なる物質のかたまりではないのです。

『じょうずな個性の伸ばし方』(大川隆法著/幸福の科学出版)

『人生の発見』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『じょうずな個性の伸ばし方』『人生の発見』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

Q.自殺はなぜいけないのですか?

A.自殺しても苦しみは消えません。

自殺してもラクにならず、苦しみは消えない

人間は肉体がなくなっても、魂となって生き続けます。すべて消えると思って自殺をしても、苦しみは残ったまま。また、本来の寿命が来るまで天国にも地獄にも行けず、残された人たちが悲しむ姿を見続けることになります。だから、自殺は絶対にしないでください。

「自分の命だから、死ぬのは自由」は間違い

「自分は生まれたくなかった」「親が勝手に生んだ」と言う方がいます。でも実際は、私たちは皆、「地上に生まれたい」と神仏にお願いして、許されたからこそ生まれることができました。生まれる前には、両親や伴侶、友人となる人たちと地上で出会う約束をして「人生計画」を立ててきます。自殺は、この約束を一方的に放棄することになってしまいます。

生きる価値が見いだせない時、ほめられたことを思い出そう

人は皆、神仏に創られた大切な存在です。自分に自信が持てないときは、人からほめられたことを一つひとつ思い出してみましょう。今後の人生で、あなたと約束して生まれてきた人たちとの出会いが待っています。その人たちのためにも、自分を肯定する心を大切にしてください。

「どうしても生きることがつらい」ときは悪霊の影響を受けている

「どうしても死にたい」と思い詰めてしまうときは、悪霊の影響があります。自殺で亡くなった人が不成仏霊となって、自分と似た心境の人に憑依し、その人も自殺させようと働きかけているのです。こうした悪霊の影響を絶つために一番効果的なのは、幸福の科学の根本経典である『仏説・正心法語』(信者に授与される最も大切な経典)を読んだり、『仏説・正心法語』のCDをかけたりして、神仏の光で守っていただくことです。また、悪霊と同通しないよう、心を明るくしていくために、仏法真理を、毎日少しずつでもいいので学んでいきましょう。

参考文献:月刊「幸福の科学」第355号

関連リンク

自殺防止サイト

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。

Q.神はなぜ地獄を消してしまわないのですか?

A.地獄にいる霊も、もともとは天国に住んでいた健全な人々です。

地獄は、ある意味で病院である

35_神はなぜ地獄を消してしまわないのですか?

地獄というものは、ある意味では罰なのですが、別の意味においては病院なのです。地獄霊は、神仏の心に反する間違った思いと行いで生き、天国に還れなくなってしまった人々であり、まさしく病人と同じです。「地獄をなくせばよい」という考えは、例えば、「病人をなくせばよい」という考えと同じなのです。病人というものは、もともとはいないのです。もともとは健康な人間しかいないのですが、不養生をするなど、何か原因があって病気になっているのです。しかし、「病人であっても、やがて治れば健康人に戻る。本来の実相は健康人である」と神仏は考えているわけです。あなただって病気をするかもしれません。そのときに、すぐ抹殺されたら困るでしょう。本来は健康なのに、病人になったからといって、「おまえは病院行きになった。病院に入った人は、もう役に立たないから、殺してしまう」と言われたら、困るでしょう。誰しも地獄へ行く可能性はありますし、何百年かかろうとも反省すれば本来の姿に戻ることができるのです。「病人」になったときに、その人を消してしまってよいと言えるかどうか、その人は存在が許されないかどうか、それを考えれば、「仏は、そうとう長い間、待っている、慈悲深い方だ」ということが分かるのです。
*この記事は『霊的世界のほんとうの話。』を参考に作成しました。

参考文献: 『霊的世界のほんとうの話。』 Part4 Chapter1神はなぜ地獄を消してしまわないのですか?

QRコード
携帯QRコード
幸福の科学リンクバナー

幸福実現党公式ホームページ

幸福の科学学園

精舎サイト「精舎へ行こう」ポータルサイトへ

幸福の科学出版

幸福の科学のラジオ番組 天使のモーニングコール

WITH YOU